現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

.NET Framework の 4.5 では、Windows 7、Windows 7 SP1、Windows 2008 R2、Windows 2008 R2 SP1、Windows 2008 SP2、および Windows Vista の SP2 の修正プログラム ロールアップ 2783808

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2783808
はじめに
Windows 7、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) Windows 2008 R2、Windows 2008 R2 SP1、Windows 2008 SP2 は、Windows Vista SP2 でこの資料 Microsoft.NET Framework 4.5 のサービス パック 2 (SP2) の修正プログラム プログラムのロールアップ 2783808 について説明します。この修正プログラム ロールアップ the.NET フレームワーク 4.5 にいくつかの問題を修正することができます。修正プログラムで解決される問題の詳細については、「この修正プログラム プログラム ロールアップ解決の問題」のセクションを参照してください。
詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、これはこの資料で説明する問題のみを修正するものです。この特殊な問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

この問題を解決するには、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号一覧とサポートの費用に関する情報については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 特例として、Microsoft のサポート担当者が特定の更新プログラムにより問題が解決されると判断した場合、電話サポートに対して通常は発生する料金をいただかない場合があります。問題となっている特定の更新プログラムに関する内容とは見なせない、他の質問や問題についてのサポートに対しては、通常のサポート料金が適用されます。

前提条件

この修正プログラムを適用するのには、the.NET フレームワーク 4.5 SP1 が Windows 7、Windows 7 SP1、Windows 2008 R2、Windows 2008 R2 SP1、Windows 2008 SP2、または Windows Vista SP2 のインストールが必要です。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。この修正プログラムを適用する前に、.NET Framework のすべてのアプリケーションを終了することをお勧めします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム パッケージには、以前にリリースされた修正プログラム パッケージは置き換えられるありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表に一覧表示されます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示するはローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するのを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7、Windows 7 SP1、Windows 2008 SP2 および Windows Vista の SP2 の
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Clr.dll4.0.30319.190476,876,60828-11 月-201201:28x86
Mscordacwks.dll4.0.30319.190471,299,44028-11 月-201201:28x86
デバッガー4.0.30319.190471,096,65628-11 月-201201:28x86
Mscorlib.dll4.0.30319.190475,171,15228-11 月-201202:39x86
Presentationcore.dll4.0.30319.190473,224,56028-11 月-201202:39x86
Presentationframework.dll4.0.30319.190476,187,01628-11 月-201202:39x86
Sos.dll4.0.30319.19047746,94428-11 月-201201:28x86
System.dll4.0.30319.190473,449,28828-11 月-201202:39x86
System.identitymodel.dll4.0.30319.190471,084,92828-11 月-201202:39x86
System.printing.dll4.0.30319.19047342,00028-11 月-201202:39x86
System.runtime.serialization.dll4.0.30319.190471,051,69628-11 月-201202:39x86
System.servicemodel.channels.dll4.0.30319.19047158,76828-11 月-201202:39x86
System.servicemodel.discovery.dll4.0.30319.19047312,36028-11 月-201202:39x86
System.servicemodel.dll4.0.30319.190476,368,78428-11 月-201202:39x86
Windowsbase.dll4.0.30319.190471,237,48828-11 月-201202:39x86
すべての x64 ベース バージョンの Windows 7、Windows 7 SP1、Windows 2008 R2、Windows 2008 R2 SP1、Windows 2008 SP2 および Windows Vista の SP2
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Clr.dll4.0.30319.190479,804,22428-11 月-201200:33x64
Clr.dll4.0.30319.190476,876,60828-11 月-201201:28x86
Mscordacwks.dll4.0.30319.190471,742,81628-11 月-201200:33x64
Mscordacwks.dll4.0.30319.190471,299,44028-11 月-201201:28x86
デバッガー4.0.30319.190471,497,04028-11 月-201200:33x64
デバッガー4.0.30319.190471,096,65628-11 月-201201:28x86
Mscorlib.dll4.0.30319.190475,120,46428-11 月-201200:33x64
Mscorlib.dll4.0.30319.190475,171,15228-11 月-201202:39x86
Presentationcore.dll4.0.30319.190473,207,68028-11 月-201200:33x64
Presentationcore.dll4.0.30319.190473,224,56028-11 月-201202:39x86
Presentationframework.dll4.0.30319.190476,187,01628-11 月-201202:39x86
Sos.dll4.0.30319.19047785,34428-11 月-201200:33x64
Sos.dll4.0.30319.19047746,94428-11 月-201201:28x86
System.dll4.0.30319.190473,449,28828-11 月-201202:39x86
System.identitymodel.dll4.0.30319.190471,084,92828-11 月-201202:39x86
System.printing.dll4.0.30319.19047342,01628-11 月-201200:33x64
System.printing.dll4.0.30319.19047342,00028-11 月-201202:39x86
System.runtime.serialization.dll4.0.30319.190471,051,69628-11 月-201202:39x86
System.servicemodel.channels.dll4.0.30319.19047158,76828-11 月-201202:39x86
System.servicemodel.discovery.dll4.0.30319.19047312,36028-11 月-201202:39x86
System.servicemodel.dll4.0.30319.190476,368,78428-11 月-201202:39x86
Windowsbase.dll4.0.30319.190471,237,48828-11 月-201202:39x86

この修正プログラム プログラムのロールアップの解決の問題

共通言語ランタイム(CLR) の問題

問題 1

4.5 の.NET Framework のアプリケーションがメモリを持つコンピューターでバック グラウンドのガベージ コレクションを実行しようとすると、デッドロックが発生します。

問題 2

PerformanceCounterCategory.GetCategoriesメソッドのパフォーマンスの英語以外のロケールを使用しているオペレーティング システムによってカウンターのカテゴリを返すことはできません。さらに、パフォーマンス カウンターのカテゴリを列挙するのには、次のようなコードは、.NET Framework アプリケーションを実行すると、値は返されません。
PerformanceCounterCategory[] categories;categories = PerformanceCounterCategory.GetCategories();Console.WriteLine(categories.Length + " categories are registered on this computer");
修正プログラムを適用した後、.NET Framework アプリケーションは、アプリケーション構成ファイルに次の新しい LocalizedPerfCounter の構成キーを追加します。
<configuration>    <appSettings>        <add key="LocalizedPerfCounter" value="true" />    </appSettings></configuration>

Windows 通信基盤 (WCF) の問題

問題 1

System.Xml.XmlDictionaryReader WCF クラスを使用して UTF-8 を参照するのには、アプリケーションの Unicode 文字をエンコードすることを前提としています。アプリケーションは、特定の範囲内にある特定の Unicode 文字を読み取るときに、読み込み処理は時間がかかります。

メモSystem.Xml.XmlDictionaryReader クラスの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

問題 2

HttpsTransportBindingElement.RequireClientCertificate プロパティをFALSEに設定されている場合は、.NET Framework の 4.5 または以前のバージョンを実行しているコンピューターでは、WCF アプリケーションは、クライアント証明書にアクセスできません。アプリケーションを使用してクライアント証明書にアクセスしようとすると、WCF は、次のモードのいずれかで動作します。
  • 必要とする、または元に戻す
  • 必要としないし、検証しません。
このような状況では、どの証明書をチェックで寛容なアプリケーションを作成することはできません (たとえば、証明書を必要としないが、用意されている場合は、検証のモードを使用するアプリケーションを作成できません)。この修正プログラムには、クライアント証明書を提供する場合は、クライアント証明書を WCF アプリケーションのエンドポイントごとに設定を追加すると、アプリケーションことができます。ただし、証明書は省略可能です。証明書が提供されていない場合は、接続は拒否されません。たとえば、web サイト、サーバー上のアクセス操作を検証するのには、サーバーにクライアント証明書の存在を示しているかどうか、アクセス権を付与するのには、フォーム認証を使用しようとします。

アプリケーションを開発するのには、EndpointBehavior の動作を作成して、動作は、エンドポイントのバインディングに追加します。たとえばを作成し、動作を追加するのには、次のコードを実行します。
class ValidateOptionalClientCertificateBehavior : IEndpointBehavior        {            private const string ValidateOptionalClientCertificates = "wcf:HttpTransport:ValidateOptionalClientCertificates";             public void AddBindingParameters(ServiceEndpoint endpoint, BindingParameterCollection bindingParameters)            {                IDictionary<string, object> endpointSettings = bindingParameters.Find<IDictionary<string, object>>();                 if (endpointSettings == null)                {                    endpointSettings = new Dictionary<string, object>(StringComparer.OrdinalIgnoreCase);                    bindingParameters.Add(endpointSettings);                }                 if (endpointSettings.ContainsKey(ValidateOptionalClientCertificates))                {                    endpointSettings[ValidateOptionalClientCertificates] = true;                }                else                {                    endpointSettings.Add(ValidateOptionalClientCertificates, true);                }            }             public void ApplyClientBehavior(ServiceEndpoint endpoint, ClientRuntime clientRuntime)            {            }             public void ApplyDispatchBehavior(ServiceEndpoint endpoint, EndpointDispatcher endpointDispatcher)            {            }             public void Validate(ServiceEndpoint endpoint)            {                if (endpoint.ListenUri.Scheme != "https")                {                    throw new InvalidOperationException();                }            }        }    }
代わりに、次のエンドポイントの設定を bindingParameters コレクションに追加できます。
string ValidateOptionalClientCertificatesString = "wcf:HttpTransport:ValidateOptionalClientCertificates";            Dictionary<string, object> endpointSettings = new Dictionary<string, object>();            endpointSettings.Add(ValidateOptionalClientCertificatesString, true);            bindingParameters.Add(endpointSettings);


問題 3

ユーザー データグラム プロトコル (UDP) 経由でサーバーに WS 探索をサポートする WCF サービスを実行すると、1 つまたは複数次の問題が発生する可能性があります。
  • CPU の使用率はサーバー上が予期せず増加します。
  • マルチキャスト トラフィックは、予想よりも大きいです。
  • SOAP 違反メッセージの多くに従っていない.NET Framework 4.5 です配置場所すべてでは、ネットワーク上またはコンピューターのサブセット。
この修正プログラム、SOAP 違反メッセージは WS 探索用に構成されていないエンドポイントに WS 探索マルチキャスト メッセージを受信したかどうかは、UDP のエンドポイントの返信を防止します。

注: サービスは.NET Framework の 4.5 をターゲットにコンパイルされてない場合でも、この問題が発生する可能性があります。環境または.NET Framework の 4.5 1 つまたは複数のエンドポイントがネットワークでは、これらの問題が発生します。

Windows Presentation Foundation (WPF) の問題


問題 1

A.NET WPF フレームワーク 4.5 ベースのサービスを使用してオペレーティング システム上のグラフィック デバイス インターフェイス (GDI) プリンターに印刷するのには、印刷パフォーマンスの低下が発生します。次の条件に該当する場合この問題が発生します。
  • サービスをホスト オペレーティング システムが英語以外のロケールを使用します。
  • オペレーティング システムがインストールされて、次の製品のいずれかがあります。
    • WPF 4.0
    • WPF バージョン 4.5
    • WPF バージョン 3.5 と、以下の「サポート技術情報資料に記載されている修正プログラム (この修正プログラムが含まれています、アップグレード修正プログラム)。
      980294 バーコード フォントの文字が、Wingdings フォントでは、.NET Framework 3.0 を使用して、作成された XPS ドキュメントの印刷します。
  • 多数のテキスト ブロックがドキュメントを印刷します。
この問題は、テキスト ブロックのテキストの表示に使用される GDI フォントを検索するのには、印刷プロセスを呼び出すたびに、検索操作が発生したために発生します。KB980294、バージョン 4.0 は、WPF および WPF バージョン 4.5 で配布されている修正プログラムを適用することによって、検索操作のリソースの使用率が向上します。さらに、リソースの使用率、検索操作の印刷プロセスの全体的なリソース使用を支配します。この修正プログラムは、検索操作の結果をキャッシュするロジックの既知の問題を解決します。この修正プログラムを適用した後、リソースの使用率、検索操作の回あたり 1 回ごとのテキストのブロックが発生するのではなく GDI フォントが発生します。

問題 2

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • 編集可能な WPF コントロールを含む、4.5 の.NET Framework ベースのアプリケーションがあります。コントロールは、入力方式エディター (IME) を使用します。
  • コントロールにテキストを入力します。
  • コントロールに入力されるテキストを変更できます。この動作の例を次に示します。
    • テキスト ボックスがあること前提としています。 コントロールがデータ バインド テキスト プロパティがあります。更新元のトリガー TextBox.Text プロパティのバインディングのPropertyChangedを設定されています。テキストを入力すると、バインディングのパスに記載されている、基になるデータ項目のプロパティに送信されます。さらに、テキスト データ項目、またはバインディングに関連するコンバーターを別の文字列を置き換えることができます。
    • テキスト検索設定を有効にする編集可能なコンボ ボックス コントロールがあることを前提としています。テキストを入力すると、コンボ ボックス コントロールは使用可能なオプションの一覧と一致しようとします。コントロールでテキストを開始するオプションが見つかった場合、対応するオプションの完全なテキストでテキストが置き換えられます。
  • コントロールを「テキストは、コントロールが変更されている」状態にあるときを WPF アプリケーションに、WM_IME_CHAR メッセージを送信するのには、IME を有効にします。

    注: このメッセージが表示されます文字の正確なシーケンスは別の Ime の間大きく異なります。いくつかの Ime はこのメッセージを送る。
このシナリオでは、System.InvalidOperationException 例外と 4.5 の.NET Framework ベースのアプリケーションがクラッシュします。

この問題を解決するのには、修正プログラムを適用します。この修正プログラムでは、Team Foundation Server (TFS) を編集するときに Visual Studio 2012 がクラッシュする、特定の問題の作業項目と Engkoo ピンイン入力システムが有効になっても解決されます。この問題の詳細については、次のとおりです。

Visual Studio 2012 内の作業項目の「担当者」フィールドにテキストを入力することを前提としています。テキストを入力した後で、Enter キーを押します Engkoo IME WM_IME_CHAR メッセージを送信します。このため、Visual Studio 2012 がクラッシュします。

メモ入力テキストに、TFS の作業項目の他のフィールドもこの問題が発生します。
注: この問題は WPF バージョン 4.0 または以前のバージョンの WPF でも発生します。ただし、WPF バージョン 4.5 にのみこの修正プログラムを適用します。
問題 3

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • データ バインドのプロパティを宣言する WPF アプリケーションがあります。[データ連結] プロパティには、複雑なパスのバインディングが含まれます。たとえば、バインドは次のパスがあります。
    {0} バインド Path=A.B.C.D}
  • ワーカー スレッド上のパスのいくつかのコンポーネントの PropertyChanged 通知を発生させるデータのモデルを作成します。たとえば、ワーカー スレッドは C. のプロパティの変更通知を発生させます

    注:
    • ワーカー スレッドは、任意のスレッドからの UI スレッドとは異なるできます。
    • UI スレッドでバインドを宣言したスレッドです。
  • UI スレッドが PropertyChanged の通知を処理する前に、データ モデル パスの PropertyChanged 通知は、以前からあるコンポーネントを発生させます。たとえば、スレッドをある A. プロパティの変更通知を発生させます。

    注: 2 つ目の PropertyChanged 通知は任意のスレッドで発生します。これには、UI スレッドが含まれます。
この場合、2 回目の通知は無視されます。さらに、データの損失が発生します。たとえば、プロパティ D プロパティ A. の元の値を取得します。しかし、期待される結果 D プロパティ A. の変更された値を取得する、プロパティは

メモ この問題は、以前のバージョンの WPF バージョン 4.5 よりも影響します。ただし、WPF バージョン 4.5 にのみこの修正プログラムを適用します。


問題 4

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • TextBlock コントロールを宣言するのには、コードが実行される WPF アプリケーションがあるし、コードを次のような。
    <TextBlock TextTrimming="CharacterEllipses" TextWrapping="NoWrap">
  • 9600 文字の長い文字列にテキストを入力、またはより長い。
  • WPF バージョン 4.5 を実行しているコンピューターでアプリケーションを実行します。
このシナリオでは、TextBlock コントロールは、複数行のテキストを表示し、各テキスト行の省略記号で終わる。たとえば、表示されている行の数です。 n/9600。

n 元のテキストの長さを表すプレース ホルダーです。ただし、期待される結果は、TextBlock コントロール省略記号で終わるテキストを 1 行に表示されることです。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2783808 - 最終更新日: 06/16/2013 01:57:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft .NET Framework 4.5

  • kbqfe kbhotfixserver kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2783808 KbMtja
フィードバック