Outlook 2007 およびそれ以降のバージョンの自動検出の不一致の警告を非表示にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2783881
概要
Microsoft Outlook では、自動検出操作を実行し、予想される名前は Secure Sockets Layer (SSL) 証明書のサーバーの上に存在しないサービスのエンドポイントに接続しようとする、次のような警告メッセージが表示されます。
セキュリティ証明書の名前が無効であるか、サイトの名前と一致しません。

続行しますか。

この警告メッセージが発生した場合、 [はい]警告をそのまま使用することができるをクリックします。ただし、それが再表示される次回の自動検出を実行します。

組織内にある特定の HTTP エンドポイントの警告メッセージを非表示にするか、管理者もかまいません。この資料には、これを行う方法に関する情報が含まれています。
原因
次の条件すべてに該当する場合、警告が表示されます。
  • DNS と IIS サービスはで説明など、同じサーバー上にインストールされます。
  • サーバーのネーム サーバー (NS) レコードが作成されます。
  • Secure Sockets Layer (SSL) を使用するのには、IISservice を構成します。

Outlook では、DNS を照会するユーザーの SMTP アドレスのドメイン名部分を使用します。この例では、ドメイン名は、 contoso.comです。Outlook では、contoso.comを DNS サーバーの NS レコードに解決します。DNS サーバーで IIS を構成して、SSL 証明書を使用します。SSL 証明書のサブジェクトで説明します。ただし、Outlook はhttps://contoso.com/autodiscover/autodiscover.xmlに接続しようとします。証明書名の不一致は、前述の警告を表示する Outlook します。
回避策
この問題を回避するのには次の方法の Useone です。

方法 1: サブジェクトの別名としてドメイン名を含む証明書を再発行します。

ドメイン名 (contoso.com) を含むことはできません、クライアント側のレジストリ キーを実装するか、ドメインの数には制限がある場合、件名の代替 Name.This のソリューションが適切な可能性があります証明書を再発行します。

方法 2: は、IIS のサービスと DNS サーバーにインストール、同じ

IIS および DNS の役割を別々 のサーバーにインストールします。

方法 3: をインストールまたは IIS を実行している DNS サーバー上の SSL 証明書のバインドはありません。

IIS サイトに SSL が必要としない場合は、証明書を削除できます。または、TCP 443 (SSL ポート) の既定の Web サイトのバインドを解除することができます。

方法 4: 一致しないドメイン名への接続を許可するように Outlook を構成します。

重要このセクション、メソッド、またはタスクにレジストリを変更する方法についての手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
名の不一致を無視し、特定の HTTP エンドポイントに接続する configureOutlook に設定するか、レジストリ値を展開します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。これを行うには、Windows のバージョンに応じて、次のいずれかを使用します。
    • 10 の Windows と Windows 8:実行] ダイアログ ボックスを開くには、Windows キー + R キーを押します。タイプ regedit.exe[ok]をクリックしてください。
    • Windows 7:開始] をクリックしての種類 regedit.exe [検索] ボックスで、キーを押します 入力してください。.
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけ、クリックして選択します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\AutoDiscover\RedirectServers
    注: <b>次のレジストリ サブキーを使用することもできます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\AutoDiscover\RedirectServers
    Xxは 12.0for Outlook 2007,14.0 Outlook 2010、Outlook 2013 年の 15.0 および Outlook 2016 の 16.0
  4. [編集] メニューをクリックして、新規作成] をポイントし、[文字列値] をクリックします。
  5. HTTPS サーバーを自動検出は、ユーザーに警告せずに接続して、[ENTER キーを押しますの名前を入力します。たとえば、https://contoso.comへの接続を許可する最初の文字列値 (REG_SZ) の名前としています。

    contoso 社.com
  6. 値データ] ボックスにテキストを追加する必要はありません。データ列は作成した文字列の値は空のままする必要があります。
  7. 警告を表示することがなく接続できる自動検出する HTTPS サーバーを追加するには、サーバーごとに手順 4 と 5 を繰り返します。
  8. [ファイル] メニューで、[終了] をクリックし、レジストリ エディターを終了します。
関連情報
自動検出サービスの詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
ol2010 自動検出の ssl 証明書をセキュリティで保護された証明書を検出します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2783881 - 最終更新日: 09/23/2015 06:33:00 - リビジョン: 5.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007

  • kbmt KB2783881 KbMtja
フィードバック