現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

前提条件の場合 Visual Studio 2008年のアクセス 2010年ランタイムは含まれません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2784916
はじめに
Microsoft Access 2010 ランタイムはカスタム アプリケーションの前提条件があります技術です。この技術は、前提条件として指定できますが、Microsoft Visual Studio 2008 には含まれません。

ほとんどの場合、実装し、このような前提条件については、カスタム アプリケーションをテストする必要があります。これには、ブートス トラップ マニフェスト ジェネレーターが含まれます。

メモ ブートス トラップ マニフェスト ジェネレーターの前提条件となるブートス トラップ アプリケーションを Visual Studio で操作するアーカイブ ツールです。このツールは、Visual Studio 2008 では、含まれていない、マイクロソフトではサポートされていません。マイクロソフトのサポートには、完全のブートス トラップ マニフェスト ジェネレーターの XML ファイルを作成するのに必要な情報はありません。マイクロソフトは、それをカスタム作成するガイダンスを提供するだけです。
詳細
必要な前提条件を決定するために、ブートス トラップ マニフェスト ジェネレーターを使用するのではなく、MSI の Api を使用できます。

Access 2010 ランタイム必須コンポーネントとして設定すると、ユーザーがマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を行うには、Access 2010 でランタイムをダウンロード含める必要があります提供される Setup.exe ファイルです。インストールの前提条件をであるか、スタンドアロン インストールされてを確認してください。
詳細
Access 2010 の実行時に取得するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。Microsoft Access データベース エンジン 2010年再取得するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 Access 2010 ランタイム Service Pack 1 の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2460015 Access 2010 ランタイム サービス パック 1 の説明
製品マニフェスト ファイルを作成する方法の詳細については、次の MSDN web サイトに移動します。MSI の Api の詳細については、次の MSDN web サイトに移動します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2784916 - 最終更新日: 12/20/2012 02:58:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Access 2010, Microsoft Visual Studio 2008 Academic Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Professional Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Standard Edition

  • kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbtshoot kbmt KB2784916 KbMtja
フィードバック