エラー 0x80004005 (Outlook 2013)"または"0x8004010F (Outlook 2010) で、outlook の自動検出が失敗します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2785498
現象
Microsoft Outlook は正常にアカウントを自動的に構成されません。電子メールの自動構成のテスト ツールを使用すると、 [ログ] タブで、次のような出力が表示されます。
  • Outlook 2013

    Contoso.com を開始するためのローカルの自動検出
    Contoso.com の失敗 (0x8004005) のローカル自動検出

  • Outlook 2010

    Contoso.com を開始するためのローカルの自動検出
    失敗しました (0x8004010F) を Contoso.com のローカル自動検出
原因
この問題は、次のレジストリ サブキーが存在し、空の場合に発生します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\AutoDiscover\Boot
注: <b>このサブキーには、 x.0は Outlook 2013 15.0 14.0 の Outlook 2010 です。
解決方法
重要: このセクションの方法またはタスクには、レジストリを変更するための手順が記載されています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

Outlook 2010でのこの問題を修正することに進んで、"自動的に解決するセクションに進んでください。自分でこの問題を解決したい場合は、「自分で解決するセクションに進んでください。

注: <b>この修正プログラム、ソリューションは Outlook 2013 のクライアントの問題が解決しません。


自動的に解決する

この問題を自動的に解決] をクリックして、修正 ボタンまたはリンクです。クリックし、を実行 ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックス ボックスし、それを修正するウィザードで手順を実行します。

Windows 8 の


Windows 7、Windows Vista、Windows XP、Windows Server 2008 または Windows Server 2003


注:
  • このウィザードは英語版のみとなります。ただし、自動修正は、他言語バージョンの Windows でも動作します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。
  • ご意見をお聞かせください。フィードバックを提供するまたはこのソリューションでは、問題を報告するには、してくださいにコメントを記入します」自動的に解決する「ブログを送信するか、 電子メール

自分で解決する

\Boot サブキーを削除するこれらの手順に従います。
  1. 実行されている場合は、Outlook を終了します。
  2. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。コピーと貼り付け (または型)、次のコマンドを[名前] ボックスと Enter キーを押します。
    regedit
  3. 次のレジストリの場所を探します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\AutoDiscover\Boot
    注: <b>このサブキーには、 x.0は Outlook 2013 15.0 14.0 の Outlook 2010 です。


    レジストリ キーが存在する場合は、次を削除するには、次の手順を実行します。
    1. 次のレジストリ サブキーを選択します。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\c.0\Outlook\AutoDiscover\Boot
      注: <b>このサブキーには、 x.0は Outlook 2013 15.0 14.0 の Outlook 2010 です。
    2. [編集] メニューの [削除] をクリックします。
    3. 削除を確認するメッセージが表示されたら、ときに] をクリックします。 [はい].
  4. レジストリ エディタを終了します。
  5. Outlook を起動します。
詳細
Outlook での自動検出が失敗した理由を判断するために、テスト電子メールの自動構成ツールを使用します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Outlook を起動します。
  2. Ctrl キーを押しながら、通知領域の Outlook アイコンを右クリックし、[テスト電子メールの自動構成] をクリックします。
  3. 正しい電子メール アドレスが [電子メール アドレス] ボックスを確認します。
  4. ウィンドウで、テスト電子メールの自動構成Guessmart を使用する] チェック ボックスをオンしGuessmart 認証をセキュリティで保護] チェック ボックスをオフにします。
  5. 使用の自動検出] チェック ボックスを選択し、[テスト] をクリックします。
注: <b>場合によっては、お客様は AppSense ソフトウェアの特定の条件下での \Boot レジストリ サブキーを再作成するを報告します。ただし、これは必ずしも発生しません。AppSense ソフトウェアは、仮想環境で使用されている場合、管理者はソフトウェアの \Boot のレジストリ サブキーを再作成するがあることと考えた場合、管理者は AppSense サポートに問い合わせます。
サードパーティ情報の免責事項
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
fixme fixit 修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2785498 - 最終更新日: 02/09/2015 19:51:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft Outlook 2010, Microsoft Outlook 2013

  • kbfixme kbmsifixme kbmt KB2785498 KbMtja
フィードバック