Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows 8 または Windows Server 2012 でシェル スクリプトを実行すると、「メモリを割り当てることができません」というエラーが発生する

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2786401
現象
UNIX ベース アプリケーション (SUA) のサブシステムを実行するコンピューターであることと仮定します。コンピューター以下のオペレーティング システムのいずれかで実行しています。
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows 8
  • Windows Server 2012
多くの環境変数を作成するシェル スクリプトを実行しようとするとスクリプトは失敗し、次のようなエラー メッセージを表示します。
メモリを割り当てられません

の環境変数ブロック サイズが 64 キロバイト (KB) を超える場合にこの問題がのみ発生します。
原因
RtlSetEnvironmentVar API に指定された文字列の長さが正しくない環境変数ブロック サイズが 64 KB を超えるために、この問題が発生します。
解決方法
この修正プログラムはサイトでも Microsoft 更新プログラム カタログ

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>[修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

このパッケージの修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows 8
  • Windows Server 2012
また、ユーティリティとソフトウェア開発キット (SDK) インストールされている UNIX ベース アプリケーション用サブシステムが必要です。

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。
976932Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 に関する情報

レジストリ情報

この修正プログラムを適用するには、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
重要: Windows 7 の修正プログラムと Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、"修正プログラムの要求" ページの修正プログラムは、両方のオペレーティング システムの下に表示されます。一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に表示されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SPn)、およびサービス区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.1.760 1.22xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2SP1LDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとには 個別に一覧表示 」追加のファイル情報は Windows 7 および Windows Server 2008 R2」に記載。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Psxdll.dll6.1.7601.22195309,2482012 年 12 月-16-18:37x86
Psxdllsvr.dll6.1.7601.22195357,8882012 年 12 月-16-18:37x86
Psxss.exe6.1.7601.22195656,8962012 年 12 月-16-14:43x86
Sua-ppdlic.xrm-ms該当なし2,9812012 年 12 月-16-18:57該当なし
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Psxdll.dll6.1.7601.22195330,2402012 年 12 月-16-17:41x64
Psxdllsvr.dll6.1.7601.22195378,3682012 年 12 月-16-17:41x64
Psxss.exe6.1.7601.22195849,4082012 年 12 月-16-15:04x64
Sua-ppdlic.xrm-ms該当なし2,9812012 年 12 月-16-18:07該当なし
Psxdll.dll6.1.7601.22195328,1922012 年 12 月-16-18:37x86
Psxdllsvr.dll6.1.7601.22195376,8322012 年 12 月-16-18:37x86
Psxdll.dll6.1.7601.22195328,1922012 年 12 月-16-18:37x86
サポートされているすべての IA-64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Psxdll.dll6.1.7601.22195718,8482012 年 12 月-16-16:17IA-64
Psxdllsvr.dll6.1.7601.22195744,4482012 年 12 月-16-16:17IA-64
Psxss.exe6.1.7601.221951,649,6642012 年 12 月-16-14:26IA-64
Posixsscom.dll6.1.7601.221955,6322012 年 12 月-16-14:42x86
Psxdll.dll6.1.7601.22195328,1922012 年 12 月-16-18:37x86
Psxdllsvr.dll6.1.7601.22195376,8322012 年 12 月-16-18:37x86
Windows 8 および Windows Server 2012 のファイル情報のメモ
重要: Windows 8 および Windows Server 2012 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれます。ただし、のみ「Windows 8」は、修正プログラムの要求ページに記載されています。選択の下に記載されている修正プログラムの 1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用するこの修正プログラム パッケージを要求する「Windows 8」のページで。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP に適用されるファイルn)、区分 (LDR、GDR) は次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることで識別でき、。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.2.920 0.20 xxxWindows 8 およびWindows Server 2012RTMLDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとには 個別に一覧表示「Windows 8 および Windows Server 2012」セクションの、追加のファイル情報。MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
すべてのサポートされている x86 ベース バージョンの Windows 8
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Psxdll.dll6.2.9200.20657289,2802013 年 3 月 9 日04:24x86
Psxdllsvr.dll6.2.9200.20657339,4562013 年 3 月 9 日04:24x86
Psxss.exe6.2.9200.20657650,2402013 年 3 月 9 日04:25x86
Sua-ppdlic.xrm-ms該当なし2,8732013 年 3 月 9 日07:43該当なし
すべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2012 と Windows 8 のサポートされていません。
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Psxdll.dll6.2.9200.20657315,9042013 年 3 月 9 日04:59x64
Psxdllsvr.dll6.2.9200.20657364,0322013 年 3 月 9 日04:59x64
Psxss.exe6.2.9200.20657837,1202013 年 3 月 9 日05:00x64
Sua-ppdlic.xrm-ms該当なし2,8732013-10-3 月01:19該当なし
Psxdll.dll6.2.9200.20657305,1522013 年 3 月 9 日04:24x86
Psxdllsvr.dll6.2.9200.20657354,3042013 年 3 月 9 日04:24x86
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

追加ファイル情報

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の追加ファイル情報

サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7 用の追加ファイル
ファイル名X86_d1d3e2cfd1573a5086cbc1ae0e34227d_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_d6235662a99095b7.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ707
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:33
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_subsystem-の-unix のベース ・ applications_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_7623bf20678f756b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ62,446
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:36
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の追加ファイル
ファイル名Amd64_2fb9030afc4f5a84d5c70e7814b63899_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_bd77bdfff55d7104.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ716
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:33
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_ee855c5f7f3358d37718528ea64d446f_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_853cef94ff17f9a6.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ716
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:33
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_eeab6e1f12351a34357a45d41ea85445_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_3feb26a91c44d31e.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,064
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:33
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_subsystem-unix での.d-アプリケーション-core_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_52b77cb1d0692a3f.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ58,151
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:39
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_subsystem-の-unix のベース ・ applications_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_d2425aa41fece6a1.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ63,787
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_subsystem-unix での.d-アプリケーション-core_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_5d0c270404c9ec3a.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ42,861
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:39
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_subsystem-の-unix のベース ・ applications_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_dc9704f6544da89c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ42,787
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:39
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース) の追加ファイル
ファイル名Ia64_7604db672cbb1af03eb08856158462fa_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_a88f90d733ea8a5e.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,062
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:33
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_subsystem-の-unix のベース ・ applications_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_76256316678d7e67.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ63,784
日付 (UTC)2012 年 12 月-18-
時刻 (UTC)06:33
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_subsystem-の-unix のベース ・ applications_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22195_none_dc9704f6544da89c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ41,411
日付 (UTC)2012 年 12 月-16-
時刻 (UTC)18:54
プラットフォーム該当なし

Windows Server 2012 と Windows 8 の追加のファイル情報

サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 8 用追加ファイル
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,808
日付 (UTC)2013-11-3 月
時刻 (UTC)08:46
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_abc6db3707e75a09460f94e1d26eafff_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20657_none_02b4f29ac0374f57.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ707
日付 (UTC)2013-11-3 月
時刻 (UTC)08:46
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_subsystem-の-unix のベース ・ applications_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20657_none_714074dfda58f2e4.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ65,697
日付 (UTC)2013-11-3 月
時刻 (UTC)08:46
プラットフォーム該当なし
追加ファイルをすべてサポート x 64 ベース バージョンの Windows Server 2012 と Windows 8
ファイル名Amd64_9a8f20613198143a7d8884742138d897_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20657_none_5262302ca9ad9685.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,064
日付 (UTC)2013-11-3 月
時刻 (UTC)08:47
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_subsystem-の-unix のベース ・ applications_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20657_none_cd5f106392b6641a.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ66,813
日付 (UTC)2013-11-3 月
時刻 (UTC)08:47
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,818
日付 (UTC)2013-11-3 月
時刻 (UTC)08:47
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_subsystem-の-unix のベース ・ applications_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20657_none_d7b3bab5c7172615.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ41,529
日付 (UTC)2013-11-3 月
時刻 (UTC)08:47
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2786401 - 最終更新日: 07/03/2015 23:26:00 - リビジョン: 4.0

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1, Windows 8, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Standard

  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kberrmsg kbmt KB2786401 KbMtja
フィードバック