[VSS6] SP5: データベースの孤立ファイルを修復または削除できない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP279191
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Visual SourceSafe (VSS) に付属の Analyze.exe ユーティリティでは、孤立したファイル (親や子へのリンクが失われたファイル) をデータベースから削除することができません。Analyze.exe を実行すると、次のいずれかのエラー メッセージが表示される場合があります。
プロジェクト <プロジェクト名> にこのプロジェクトを親プロジェクトと認識していない子項目があります。この子項目をプロジェクトに追加します。
または
プロジェクト ログ <物理ファイル 名> に項目 <ファイル名> の作成記録がありますが、プロジェクトにこの項目が見つかりませんでした。
または
プロジェクト <プロジェクト名> が参照している子項目は、物理ファイル <ファイル名> が見つからないか、破損しています。
原因
VSS のプロセスが異常終了すると、孤立ファイルができる可能性があります。こうした異常は、ファイル転送中の停電、ネットワーク トラフィック、ドライブの容量不足など、多様な状況が原因で発生します。
解決方法
Visual Studio(R) 6.0 Service Pack 5 をインストールすることで解決できます。
状況
資料の冒頭に記載している製品の障害として確認しております。
この障害は Visual Studio(R) 6.0 Service Pack 5 にて修正されました。
Visual Studio 6.0 Service Pack の詳細情報は、弊社 Web サイトをご覧ください。

http://www.microsoft.com/japan/developer/vstudio/download/sp/vs6sp.htm
詳細

問題の再現手順

  1. [完全に破棄] チェック ボックスをオンにして、VSS データベースから大きなプロジェクトを削除およびパージします。
  2. 削除処理の実行中に、タスク マネージャ (Ctrl + Alt + Delete キー) でそのプロセスを終了するか、コンピュータの電源を落とします (停電のシミュレーション)。
  3. Analyze.exe を実行すると、親や子へのリンクが失われたことを示す「現象」に示したエラー メッセージが表示されます。
関連情報
194295[VS60] Service Pack がインストール済みか確認するには
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 279191 (最終更新日 2001-01-11) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:279191 - 最終更新日: 02/01/2014 00:21:56 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Visual SourceSafe 6.0 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbvs600sp5 vss6 KB279191
フィードバック