現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 2013 ドキュメントにいくつかのスクリプト可能な ActiveX コントロールを挿入できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2793374
重要: この資料にはセキュリティ設定を低くするか、コンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれます。特定の問題を回避するためにこれらの変更を実行できます。これらの変更を行う前に環境でこの回避策の実装に関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。この回避策を実装する場合は、コンピューターを保護するために適切なの追加の手順を実行します。
現象
Microsoft Word 文書、Microsoft Excel のブック、または PowerPoint プレゼンテーションを Web ブラウザー コントロールは、挿入しようとすると、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
  • [Excel 2013:「オブジェクトを挿入できません」
  • Word 2013:"このオブジェクトを挿入できませんポリシーの現在の設定。ActiveX コントロール、またはこのファイル内の埋め込みオブジェクトは、ポリシー設定によってブロックされる場合は、このエラーが表示されることがあります。このエラー メッセージをオンラインの詳細については「
  • PowerPoint 2013:「この ActiveX コントロールを挿入できません」
原因
この問題は、スクリプトの一部のコントロールは、時代遅れに Office 2013 のセキュリティ上の理由のため発生します。これは仕様とこれらのエラーが発生します。この問題のみ発生、文書で使用するときに、バージョン固有キル ビットがこれらのコントロールにのみ適用されますを使用してこれらのスクリプトのコントロールは無効になります.しないでください、ドキュメントに直接コントロールのスクリプトを埋め込むため、この動作がシステムのセキュリティを損なう可能性があることをお勧めします。
回避策
警告この回避策はコンピューターまたはネットワーク攻撃に対して脆弱な悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をすることがあります。この回避策はお勧めしませんが、独自の判断でこの回避策を実装できるようにこの情報を提供します。この回避策はお客様の責任においてご使用ください。この回避策を実装する場合は、するには、コントロールを使用する必要がありますをだけを強くお勧めします。

この問題を回避するには、次のレジストリの場所を参照し、適用可能な ClassID の DWORD の値を 1024 から 0 へ変更して、32 ビットの kill bit を無効にします。

Office 2013 のクイック実行のインストール、次のレジストリ サブキーを見つけます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\ClickToRun\REGISTRY\MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\15.0\Common\COM Compatibility\<ClassID>

Office 2013 の MSI のインストール、次のレジストリ サブキーを見つけます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\15.0\Common\COM Compatibility\<ClassID>
注:Office 2013 のインストール バージョンを識別するには、以下の手順を実行します。
  1. Word 2013 など、Office 2013 アプリケーションを起動します。
  2. 上のファイル ] メニューの [アカウント] をクリックします。
  3. クイック実行を使用して Office 2013 がインストールされている場合は、[更新オプション] 項目が表示されます。MSI インストールでは、[更新オプション] 項目は表示されません。
次のクラス Id は、この問題の影響を受けます。
説明ClassID
Web ブラウザーのコントロール{8856F961-340A-11D0-A96B-00C04FD705A2}
Microsoft スクリプトレット コンポーネント{AE24FDAE-03C6-11D1-8B76-0080C744F389}
HTML 編集コントロール{25336920-03F9-11CF-8FD0-00AA00686F13}
{25336921-03F9-11CF-8FD0-00AA00686F13}
MHTML 編集コントロール{3050F3D9-98B5-11CF-BB82-00AA00BDCE0B}

{3050F5C8-98B5-11CF-BB82-00AA00BDCE0B}

{3050F67D-98B5-11CF-BB82-00AA00BDCE0B}
DHTML 編集コントロール{2D360200-FFF5-11d1-8d03-00a0c959bc0a}
DHTML 編集コントロール (安全なスクリプト){2D360201-FFF5-11d1-8D03-00A0C959BC0A}
注: <b>または場合に、32 ビット バージョンの Windows で 32 ビット バージョンの Office が実行されている 64 ビット バージョンの Office は、64 ビット バージョンの Windows で実行されているので Wow6432Node Office のレジストリ キーから削除する必要があります。ただし、Wow6432Node 表示するときに、32 ビット版の Office は、64 ビット バージョンの Windows で実行されています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2793374 - 最終更新日: 01/11/2015 10:43:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft SharePoint Server 2013

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB2793374 KbMtja
フィードバック