現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

修正: 更新プログラムを使用する SQL Server では、管理データ ウェアハウスを使用すると、クエリ統計情報コレクション セットからシステム データベースを除外するには

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2793580
この資料は、システム データベースを Microsoft SQL Server 2008 R2 で Microsoft SQL Server 2008、または Microsoft SQL Server 2012年では、管理データ ウェアハウスを使用する場合の設定、クエリ統計情報コレクションから除外することができます更新プログラムについて説明します。
現象
SQL Server では、管理データ ウェアハウスの機能を使用することを想定しています。既定では、システム データベースは、クエリ統計情報コレクション セットに含まれます。このような場合に、高スループット環境では、ディスク容量を排気可能性がありますです。具体的には、プランとクエリ テキストを格納する、次の 2 つのテーブルが非常に大きくなる可能性があります。
  • snapshots.notable_query_text
  • snapshots.notable_query_plan
この更新プログラムを適用した後、 IncludeSystemDatabasesの設定はクエリ統計情報コレクションのデータ項目には、次の構成パラメーターで使用可能です。システム データベースが含まれているかどうかを決定するIncludeSystemDatabasesすることができます。

<ns:QueryActivityCollector xmlns:ns="DataCollectorType"><Databases IncludeSystemDatabases="True" /></ns:QueryActivityCollector>
注: <b>既定では、 IncludeSystemDatabasesの値がtrueに設定します。

たとえば、システム データベースを除外するのには、次の Transact SQL スクリプトを実行できます。
USE MSDBGO DECLARE @collection_item_name NVARCHAR(128);DECLARE @parameters xml;DECLARE @collection_set_uid uniqueidentifier;DECLARE @collection_set_id int; DECLARE @collection_item_id int; SET @collection_set_uid = N'2DC02BD6-E230-4C05-8516-4E8C0EF21F95'; SET @collection_item_name = 'Query Statistics - Query Activity'; SELECT @collection_set_id = collection_set_idFROM syscollector_collection_sets WHERE collection_set_uid = @collection_set_uid;  SET @collection_item_id = NULL;SELECT @collection_item_id = collection_item_idFROM syscollector_collection_items_internal WHERE collection_set_id = @collection_set_id     AND (name = @collection_item_name OR name = @collection_item_name);  SELECT @parameters = convert(xml, N'<ns:QueryActivityCollector xmlns:ns="DataCollectorType"><Databases IncludeSystemDatabases="false" /></ns:QueryActivityCollector>');  EXEC dbo.sp_syscollector_update_collection_item         @collection_item_id = @collection_item_id,         @parameters = @parameters;
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2012年の SP2 用の累積的な更新 4

SQL Server 2012 SP1 用の累積的な更新プログラム 13

SQL Server 用の累積的な更新プログラムについて

各新しいの累積的な更新 SQL Server にはのすべての修正プログラムが含まれています、セキュリティ修正がすべてが、以前の累積的な更新プログラムに含まれて.SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

SQL Server 2008 Service Pack 3 用の累積的な更新 12

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 12 で最初にリリースされました。SQL Server 2008 Service Pack 3 ののためのこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2863205 SQL Server 2008 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 12
注: <b> ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 Service Pack 3 に含まれているすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新リリースの修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
2629969 SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 3 のリリース以降後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 (SP2) 用の累積的な更新プログラム 7

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 7 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server の 2008 R2 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2844090 SQL Server の 2008 R2 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 7
注: <b> ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 に付属していたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新リリースの修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
2730301 SQL Server の 2008 R2 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。

SQL Server 2008 Service Pack 3 用の累積的な更新プログラム 10

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 10 で初めてリリースされました。SQL Server 2008 Service Pack 3 ののためのこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2814783 SQL Server 2008 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 10
注: <b> ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 Service Pack 3 に含まれているすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新リリースの修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
2629969 SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 3 のリリース以降後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 R2 SP2 用の累積的な更新 5

この問題に対する修正は累積的な更新 5 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 R2 sp2 を入手する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2797460 SQL Server の 2008 R2 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 5
注: <b> ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 SP 2 に含まれているすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新リリースの修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
2730301 SQL Server の 2008 R2 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
管理データ ウェアハウスの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2793580 - 最終更新日: 01/19/2015 22:29:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 2, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2793580 KbMtja
フィードバック
ipt>