PRB: sp_xml_preparedocument ストアド プロシージャはエラー 6603 が失敗します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:279430
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
呼び出した場合、 sp_xml_preparedocument ストアド プロシージャは、呼び出しをこのエラー メッセージが失敗します。
サーバー: メッセージ 6603、レベル 16、状態 1、プロシージャの sp_xml_preparedocument は行 19XML 解析エラー: 文字列リテラルが必要ですが、開始の引用符は見つかりませんでした。
原因
は、 sp_xml_preparedocument 無効な XML ドキュメントを処理するストアド プロシージャを指定しました。
解決方法
正しい XML 文書に引き渡される、 sp_xml_preparedocument ストアド プロシージャを処理します。
状況
動作は仕様です。
詳細
ユーザーは、プログラムが、エラーのある XML ドキュメント内の場所を指定する機能があることを要求しました。現在、この機能は存在しません。ただし、エラーの発生場所 XML 文書で確認できる方法です。
  1. .Xml 拡張子を持つテキスト ファイル内の XML ドキュメントを保存します。
  2. .Xml ファイルを参照して、Microsoft Internet Explorer 4.01 に .xml ドキュメントを読み込みます。

現象の再現手順

  1. SQL Server クエリ アナライザーには、次のコードを貼り付けます、コードを実行します。
    declare @hdoc intdeclare @doc varchar(1000)set @doc ='<ROOT><Customers CustomerID="VINET" ContactName=123>   <Orders CustomerID="VINET" EmployeeID="5" OrderDate="1996-07-04T00:00:00">      <Order_0020_Details OrderID="10248" ProductID="11" Quantity="12"/>      <Order_0020_Details OrderID="10248" ProductID="42" Quantity="10"/>   </Orders></Customers><Customers CustomerID="LILAS" ContactName="Carlos Gonzlez">   <Orders CustomerID="LILAS" EmployeeID="3"OrderDate="1996-08-16T00:00:00">      <Order_0020_Details OrderID="10283" ProductID="72" Quantity="3"/>   </Orders></Customers></ROOT>'--Create an internal representation of the XML document.exec sp_xml_preparedocument @hdoc OUTPUT, @docexec sp_xml_removedocument @hDoc					


    このエラー メッセージが表示されます。
    サーバー: メッセージ 6603、レベル 16、状態 1、プロシージャの sp_xml_preparedocument は行 19XML 解析エラー: 文字列リテラルが必要ですが、開始の引用符は見つかりませんでした。
  2. 手順 1 でのコードを使用してのコピーから、<root>要素には、</root>要素。
  3. を貼り付けて、.xml 拡張子を持つテキスト ファイル、XML ドキュメントからコピーしたテキストを保存します。
  4. Internet Explorer でファイルを参照することによって保存する .xml ファイルを開きます。このエラー メッセージに発生します。
    文字列リテラルが必要ですが、開始の引用符は見つかりませんでした。
    行 2、43 の位置

    <customers customerid="VINET" contactname="123"></customers>

    ------------------------------------------^

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:279430 - 最終更新日: 01/16/2015 21:05:55 - リビジョン: 6.0

Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB279430 KbMtja
フィードバック