Windows Server 2008 R2 で自動マウント機能が無効な場合にベア メタル回復のリストア時にエラー 0x80042302 が発生しリストアに失敗する

現象
Windows Server 2008 R2 でベア メタル回復のリストア時にエラー 0x80042302 が発生しリストアに失敗します。
リストアを開始すると、以下のエラー メッセージが表示されます。

コンピューター イメージの再適用
----------------------------------------------------------------
システムイメージを復元できませんでした。

エラーの詳細: ボリューム シャドウ コピー サービス コンポーネントで、予期しないエラーが
発生しました。詳細は、アプリケーションイベントログを確認してください。 (0x80042302)
----------------------------------------------------------------


発生条件:
現象は以下の全ての条件を満たす場合に発生します。

  1. バックアップの取得時に自動マウント機能が無効化されている
  2. バックアップの取得時に "システムで予約済" ボリュームに対するマウント ポイント又は、ドライブ名が存在しない
  3. リストア時に "ディスクをフォーマットしてパーティションに再分割する" チェックボックスをオンにする、又は、wbadmin start sysrecovery コマンドからリストアする場合に -recreateDisks オプションが付与されている
注意事項:
現象はリストア時に "ディスクをフォーマットしてパーティションに再分割する" チェックボックスが選択されていない、又は、-recreateDisks オプションが付与されていない場合には発生しません。但し、次の理由によりこのチェックを外す回避策は推奨されません。サーバー全体の回復には、"システムで予約済" ボリュームに関する情報が含まれている必要がありますが、上記 1. と 2. を満たす条件で取得されたバックアップには "システムで予約済"ボリュームに関する情報が含まれていないためです。

サーバー全体を回復の詳細については、以下をご参照ください。

オペレーティング システムまたはサーバー全体を回復する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc755163(v=ws.10).aspx

原因
自動マウント機能が無効化されており、 "システムで予約済" ボリュームに対するマウント ポイント又は、ドライブ名が存在しない場合、"システムで予約済" がオフラインとなるため、バックアップ イメージから "システムで予約済" ボリュームが除外されてしまい、リストア時にエラーが発生します。
解決方法
バックアップの取得前に、修正プログラム 2500511 をインストールしてください。修正プログラム 2500511 のインストールにより、自動マウント機能が無効化の状態でも "システムで予約済" ボリュームを含めたバックアップの取得が可能となりリストア時のエラーが回避されます。

修正プログラムのダウンロードは、次の文書番号をクリックして、記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションから入手してください。

2500511 Windows がクラッシュを実行しようとすると、「sysprep と一般化」Windows 7 または Windows Server 2008 R2 では「mountvol/n"コマンドを実行した後にコマンド


回避策
修正プログラムがインストールされていない場合に、ベア メタル回復のリストア時のエラー 0x80042302 を回避するためには、Windows Server バックアップの実行前に、Diskpart ユーティリティを使用して "システムで予約済" ボリュームをオンラインに変更します。

  1. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動して diskpart と入力し、 Diskpart ユーティリティを開始します。
  2. list volume と入力し、オンラインのボリュームを確認します。
    : DISKPART> list volume

    Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
    ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
    Volume 0    D                      DVD-ROM         0 B  メディアなし
    Volume 1                           Partition    100 MB  正常       オフライン
    Volume 2    C                NTFS  Partition     74 GB  正常       ブート
    Volume 3    E   ボリューム   NTFS  Partition     74 GB  正常

  3. select volume [volume number] と入力します。volume number はオフラインである "システムで予約済" ボリューム の番号です。
    : DISKPART> select volume 1
  4. online volume と入力し、オンラインへ変更します。
    : DISKPART> online volume
  5. exit と入力し Diskpart ユーティリティを終了します。


注意事項:
上記対応を行った場合でも、コンピューターを再起動後には該当ボリュームはオフラインの状態として起動されます。そのため、修正プログラムがインストールされていない場合には、コンピューターの再起動後には "システムで予約済" ボリュームをオンラインにする必要があります。


関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2796371 - 最終更新日: 09/29/2016 09:42:00 - リビジョン: 6.0

Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Storage Server 2008 R2

  • kbdeployment kbsetup kbhowto KB2796371
フィードバック