Outlook が空き時間情報データの 12 か月以上を表示しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2799216
現象
Microsoft Exchange Server 2010年またはそれ以降のバージョンを実行しているサーバー上にあるメールボックスへの接続に Microsoft Outlook 2010 またはそれ以降のバージョンを使用する場合は、全体会議の空き時間情報の詳細の 2 か月との空き時間情報データの 12 か月の合計) の 10 か月だけを表示できます。ただし、お客様の空き時間情報を表示するのには Outlook Web App を使用する場合は、それらの 12 か月以降の空き時間情報データを表示できます。さらに、他のユーザーの空き時間情報を表示するのには Outlook を使用する場合も表示できます 12 か月以降の空き時間の情報です。
原因
既定では、Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンは、すべての会議の詳細と空き時間情報データの次の 10 か月に、12 か月の合計のための 2 か月を発行する構成です。空き時間情報データのローカル コピーを動的に生成するのには、予定表からのデータが使用されます。Schedule + 空き/予約済みパブリック フォルダー (システム フォルダー) からのデータのストリームとして、outlook が空き時間情報データを読み取らないとは、可用性サービスです。
回避策
この問題を回避するには、独自全会議の詳細や空き/予約済みのデータに表示されるを設定する月を変更します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: Outlook で設定する月を変更します。

サーバ上で空き時間情報を公開する予定表の月の数を変更するには、次の手順を実行します。

  1. Outlook では、ファイル] をクリックし、[オプション] をクリックします。
  2. [予定表] をクリックします。
  3. [予定表オプション] セクションには、空き時間情報オプションをクリックします。
  4. その他の空き時間情報] をクリックします。
  5. 月の予定表空き時間情報を発行するための設定を変更します。これを行うには、Outlook のバージョンに応じて、手順を実行します。

    2016 の outlook または Outlook 2013

    1. 場所に公開] チェック ボックスがオフの場合を選択します。これは、ため、オプションは、発行する月の数を設定するのには次の手順でアクティブです。
    2. [<months>予定表の空き時間情報の</months>発行] ダイアログ ボックスで追加する月数を入力します。
    3. 場所に公開する] オプションは、以前にアクティブだったが、非アクティブにする] チェック ボックスをオフにします。

      公開する場所] オプションが無効になっていた以前の場合は、再度無効にします。

    4. [OK] をクリックします。


    Outlook 2010

    1. 発行<months>予定表空き時間情報がサーバー上の</months>ボックスで月数を入力します。

      サーバーの設定の予定表空き時間情報の発行月の月の数を入力します。

    2. [OK] をクリックします。
  6. さらに 2 回[ok]をクリックします。

方法 2: レジストリを使用します。

FBPublishRange値を設定するのにはレジストリを変更します。

重要: 以下の手順は慎重に実行してください。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけて選択します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Preferences

    注:

    • x.0 プレース ホルダーは、Office のバージョンを表します (16.0 Office 2016、15.0 を = = Office 2013、14.0 Office 2010 を =)。
    • 存在しない場合は、 \Preferencesのレジストリ サブキーを作成します。

  3. このサブキーには、次のレジストリ データを追加します。

    値の種類: DWORD
    値の名前: FBPublishRange
    値のデータ: ( 10 進数を選択し、希望の数か月を設定し、)。
  4. レジストリ エディタを終了します。
詳細
Outlook 2010 またはそれ以降のバージョンは、Exchange 2010 のメールボックスに接続するときに Outlook は、ローカルのすべての会議の詳細の数か月に表示するデータを決定するのにはFBPublishRangeキーを読み取ります。次の例では、さまざまな設定の結果について説明します。

  • FBPublishRange = 2 か月。結果: するを参照してください全体の会議の詳細を 2 か月と空き時間情報データの残りの 10 か月に、12 か月の合計の。
  • FBPublishRange = 10 か月。結果: 10 か月のすべての会議の詳細を参照してくださいして空き時間情報データの残りの 2 か月に、12 か月の合計です。
  • FBPublishRange = 24 か月間です。結果: するを参照してください全体の会議の詳細を 24 か月間です。
注: FBPublishRangeキーでの月の数を 10 進形式で指定してください。24 か月を 10 進数で指定する場合は、次のスクリーン ショットに示すように 16 進数で 18 として表示されます。

FBPublishRange レジストリ キー

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2799216 - 最終更新日: 02/20/2016 01:33:00 - リビジョン: 5.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010

  • kbmt KB2799216 KbMtja
フィードバック