HYPER-V または VMWare 環境で SQL Server 2012年を実行するときに、さまざまな問題が発生します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2799534
現象
次の状況を想定します。
  • HYPER-V または VMware 環境内の Windows Server 2012 を実行している Microsoft SQL Server 2012年を実行しようとするとします。
  • たとえば既定ではないハード ディスク ドライブを c: ドライブ以外のハード ディスクを選択する共有機能とインスタンスのルート ディレクトリまたはデータベースのいずれかのファイルは、非 OS ドライブでホストされている、そのドライブがリムーバブル記憶域または Windows エクスプ ローラーでリムーバブル ディスクとして表示されています。
  • SQL Server は、ローカル システム アカウント以外のアカウントで実行する構成されます。
  • ポータブル デバイスの列挙子サービス (Wpdbusenum.dll) バージョンが、6.2.9200.16548 (GDR) よりも低いと 6.2.9200.20652 [QFE]。
  • Windows のセキュリティ ポリシーが次のスクリーン ショットに示すように、[ローカル ポリシーまたはグループ ポリシー] オブジェクトへのアクセスを定義します。





このシナリオで 1 つ以上、以下の問題が発生する可能性があります。

問題 1: インストール プロセスは失敗し、エラー メッセージを表示します。

インストール プロセスが失敗し、次のようなエラー メッセージが表示されます。

許可されていない操作を実行しようとしています。

さらに、SQL Server セットアップのログ フォルダー内にある Summary.txt と、Detail.txt ファイルに次のエラー メッセージが表示されます。

Summary.txt
機能のセットアップ実行中にエラーが発生しました

Detail.txt
許可されていない操作を実行しようとしました。
HResult: 0x84bb0001
FacilityCode: 1211 (4bb)
エラー コード: 1 (0001)
データ:
WatsonData = MSSQLSERVER
DisableRetry = true
内部例外の種類: System.UnauthorizedAccessException

注:この問題は、実行しようとするときにも発生、の SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) のインストールをスリップ ストリームします。

問題 2: 1 つまたは複数の SQL Server 2012年データベースはオンラインの SQL Server の起動時に

SQL Server 2012年データベースの 1 つ以上がありますオンライン、コンピューターを再起動した後、SQL Server が起動するとします。この問題は、散発的な可能性があります。たとえば、データベースがオンラインにならない、いくつかの再起動後にもう一度再起動した後、データベースがオンラインにします。ただし、仮想マシンはオンラインもう一度再起動した後。

さらに、SQL Server サービスの状態、バーチャル マシンを再起動したときに変更されません。再起動後に、SQL Server を起動すると、データベースがオンラインにならない場合は、データベースは、SQL Server サービスを再起動する回数にかかわらずオンラインしません。
ただし場合は、データベースがオンラインになると、この問題は SQL Server サービスを再起動するときに、オンライン データベース。

この問題が発生した場合は、1 つ以上、次のエラー メッセージが SQL Server エラー ログに記録されます。

エラー: 17207、重大度: 16、状態: 1
ファイルのアクティブ化に失敗しました。物理ファイル名"x: \yourpath\databaselogfilename.ldf >"は間違っています。

エラー: 17207、重大度: 16、状態: 1
ファイルのアクティブ化に失敗しました。物理ファイル名"x: \yourpath\databasedatafilename.mdf >"は間違っています。

エラー: 17207、重大度: 16、状態: 1
ファイルのアクティブ化に失敗しました。物理ファイル名"x: \yourpath\databasedatafilename.ndf >"は間違っています。

エラー: 5120、レベル: 16、状態: 5。
FileMgr::StartLogFiles: 作成またはファイルを開いているときにオペレーティング システム エラー 2 が (、システム指定されたファイルを見つけることができません) が発生しました 'x: \yourpath\databasedatafilename.ldf >' です。診断し、オペレーティング システムのエラーを修正し、オペレーションを再試行します。

エラー: 5120、レベル: 16、状態: 5。
FileMgr::StartLogFiles: 作成またはファイルを開いているときにオペレーティング システム エラー 2 が (、システム指定されたファイルを見つけることができません) が発生しました 'x: \yourpath\databasedatafilename.mdf >' です。診断し、オペレーティング システムのエラーを修正し、オペレーションを再試行します。

エラー: 5120、レベル: 16、状態: 5。
FileMgr::StartLogFiles: 作成またはファイルを開いているときにオペレーティング システム エラー 2 が (、システム指定されたファイルを見つけることができません) が発生しました 'x: \yourpath\databasedatafilename.ndf >' です。診断し、オペレーティング システムのエラーを修正し、オペレーションを再試行します。

また、データベースの状態が回復保留中です



セキュリティ イベント ログには、次のようなエラー メッセージが記録されます。

ログの名前: セキュリティ
ソース: Microsoft Windows のセキュリティの監査
日付: 10/2 2013年 10時 07分: 08 PM
イベント ID: 4656
リムーバブル記憶域のタスクのカテゴリ:
レベル: 情報
キーワード: 監査の失敗
ユーザー: 該当なし
コンピューター: TX326234 ・ 1.lab326234.lab
説明:
オブジェクトへのハンドルが要求されました。

件名:
セキュリティ ID: LAB326234\SQLSVC
アカウント名: 指定しました。
アカウント ドメイン: LAB326234
ログイン ID: 0x1B49BC

オブジェクト:
サーバーのオブジェクト: セキュリティ
オブジェクトの種類: ファイル
オブジェクト名: E:\DATA\Object_Access_test1.mdf
ハンドル ID: 0x0

リソース属性:-

処理情報:
プロセス ID: 0x704
プロセス名: C:\Program ファイル SQL Server\MSSQL11。MSSQLSERVER\MSSQL\Binn\sqlservr.exe

アクセス要求の情報:
トランザクション ID: 000000000000
アクセス: READ_CONTROL
WRITE_DAC
WRITE_OWNER
同期
ReadData (または ListDirectory)
WriteData (または AddFile)
AppendData (または AddSubdirectory または CreatePipeInstance)
ReadEA
WriteEA
ReadAttributes
WriteAttributes

アクセス理由:-
アクセス マスク: 0x1E019F
特権のアクセス チェックを使用する:-
SID の数の制限: 0



解決方法
手動でこの問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. 次の資料、マイクロソフト サポート技術で記載されている累積的な更新プログラムをインストールします。
    2811670 問題は、Windows 8 または Windows Server 2012 で、リムーバブル記憶域でオブジェクト アクセスの監査ポリシーを有効にすると
  2. ポータブル デバイスの列挙子サービスを再起動します。
  3. グループ ポリシーの更新を強制します。管理者のコマンド プロンプトで、次を入力し、Enter キーを押します。

    gpupdate/force
  4. 2 つの時刻の変更を有効にするには、ゲスト仮想マシンを再起動します。
回避策
この問題を解決するには、次の方法のいずれかをご使用ください。
  • VMware では、HotAdd とホットプラグ機能を無効にします。これを行う方法の詳細については、次 VMWare web サイトを参照してください。メモ Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに第三者連絡先情報を提供します。この連絡先情報は予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。
  • ローカル システム アカウントに、SQL Server サービスを実行しているユーザー アカウントを変更します。

    メモ ローカル システム アカウントに、SQL Server サービスを実行しているユーザー アカウントを変更することはお勧めしません。
  • オブジェクト アクセスの監査を無効にします。

    メモ 一般に、オブジェクト アクセスの監査を無効にすることはお勧めしません。
詳細
この資料で説明するサードパーティ製品はマイクロソフトとは無関係の企業による製品です。マイクロソフトは、これらの製品のパフォーマンスや信頼性に対し何の保証も行いません。
関連情報
Gpupdate コマンドの詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh852337.aspx

オブジェクト アクセスの監査の詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc776774 (v=ws.10).aspx

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2799534 - 最終更新日: 10/17/2014 20:36:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Web, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express

  • kbtshoot kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2799534 KbMtja
フィードバック