Outlook から Exchange 2010 にオンライン モード接続時 /resetfoldernames コマンドライン スイッチが使用できない

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Exchange 2010 を利用する環境では、Outlook をオンライン モードで起動すると、Outlook のコマンドライン スイッチ オプション /resetfoldernames が使用できません。
回避策
以下の方法で、言語表記を変更することが可能です。
  • キャッシュ モードに変更して/resetfoldernamesを使用する
    キャッシュ モードで起動する場合は、/resetfoldernames が利用可能であるため、キャッシュ モードに変更してから /resetfoldernames を指定して起動します。 なお、キャッシュ モードの設定は以下の手順で行います。
    • Outlook 2003 または Outlook 2007 の場合
      1. Outlook を起動し[ツール] - [オプション] を選択します。    
      2. オプション画面で [メール セットアップ] – [電子メールアカウント] を選択します。  
      3. アカウント設定画面で [電子メール] タブでキャッシュ モード を有効にしたいアドレスを選択し、ダブル クリックします。   
      4. 電子メール アカウントの変更画面で [Exchange キャッシュ モードを使う] をチェックし [次へ] – [完了] とクリックします。
    • Outlook 2010 の場合
      1. Outlook を起動し[ファイル] - [アカウント設定] を選択します。   
      2. アカウント設定画面で [電子メール] タブでキャッシュ モード を有効にしたいアドレスを選択し、ダブル クリックします。   
      3. 電子メール アカウントの変更画面で [Exchange キャッシュ モードを使う] をチェックし [次へ] – [完了] とクリックします。
  • Outlook Web Access で設定する 
    1. [オプション] - [すべてのオプションを表示] を選択します。   
    2. [設定] - [地域] を選択し、 [指定した言語に一致するように既定フォルダーの名前を変更する] にチェックを入れます。  
    3.  画面右下の [保存] をクリックします。
        
  • Exchange で設定する   
    1. Exchange 管理コンソールで対象ユーザーを選択し [フルアクセス許可の管理] にて、コマンドレットを実行するユーザーが許可を与えられていることを確認します。  
    2. Exchange サーバー コマンドレットにて、コマンドレットを入力します。
        例: Set-MailboxRegionalConfiguration-Identity user1 -Language  ja-JP -LocalizeDefaultFolderName: $true

        コマンドについての詳細は以下のサイトをご覧ください。
        Title : Set-MailboxRegionalConfiguration
        URL : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd351103(v=exchg.141).aspx



注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2800463 - 最終更新日: 01/16/2013 12:30:00 - リビジョン: 2.1

Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Outlook 2010

  • KB2800463
フィードバック