現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

クラスタ接続用のクラスタ アドミニストレータのスイッチ

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP280125
概要
この資料では、Windows クラスタリングのための、クラスタ アドミニストレータ ツールで利用可能なスイッチについて説明しています。これらのスイッチを使用して、サーバー クラスタに接続することができます。
詳細
クラスタ アドミニストレータを起動するには、[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をクリックしてください。次に、[管理ツール] をクリックし、[クラスタ アドミニストレータ] をクリックしてください。また、コマンド プロンプトで「cluadmin.exe」と入力して、クラスタ アドミニストレータを起動することもできます。次のスイッチをこのツールとともに使用して、クラスタに接続することができます。

再接続なし

デフォルトでは、クラスタ アドミニストレータを起動すると、最後にこのツールが起動されたときに接続していたのと同じクラスタへの接続を開始しようとします。noreconnect スイッチを使用した場合は、クラスタ アドミニストレータを起動するときに、接続するクラスタの名前を入力するよう要求されます。

構文 : cluadmin -noreconnect または cluadmin -norecon

ローカル接続

" . " スイッチを使用することによって、クラスタ アドミニストレータを開いて、ローカル ノードに接続することができます。クラスタ名またはクラスタのインターネット プロトコル (IP) アドレスがオンラインにならない場合は、このスイッチを使用して、クラスタへ接続することができます。

構文 : cluadmin .

IP アドレス

クラスタ アドミニストレータを使用すると、次の IP アドレスを指定することによってクラスタ内のあるノードまたはクラスタ IP アドレスの片方に接続することができます。

構文 : cluadmin 10.10.10.10

: このスイッチを使用して、クラスタ IP アドレス リソース以外の仮想 IP アドレスに接続することはお勧めしません。

NetBIOS 名

このスイッチを使用して、NetBIOS 名を使用するクラスタに接続することができます。ノード名またはクラスタ名のいずれかを使用することができます。このスイッチを使用するには、名前解決サービスが正常に機能している必要があります。

構文 : cluadminクラスタ名
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 280125 (最終更新日 2000-12-02) をもとに作成したものです。

MSCS
プロパティ

文書番号:280125 - 最終更新日: 05/12/2004 19:49:00 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • kbinfo KB280125
フィードバック