FIX"失敗したアサーション 'CheckValidInput (wsName、cbName)' ="Microsoft SQL Server 2008 R2 でのデータベースのミラーリングを使用するとエラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2802113

Microsoft Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の修正プログラムは 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的なあるため各新しいリリースにはすべての修正プログラムが含まれていて、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。

現象
データベース ミラーリングを使用して、Microsoft SQL Server 2008 R2 では、 ALTER DATABASEステートメントを実行すると、次のエラー メッセージが SQL Server エラー ログに記録可能性があります。

日付時刻 spid 番号 * * スレッド - spid をダンプ = 0、EC = 0x00000004AADE8B20 =
日付時刻 spid 番号 *** に送信されるスタックをダンプ DriveName: \MSSQLSERVER\MSSQL10_50.MSSQLSERVER\MSSQL\LOG\SQLDump0001.txt
日付時刻 spid# * *******************************************************************************
日付時刻 spid 番号 *
日付時刻 spid 番号 * 開始スタックをダンプします。
日付時刻 spid 番号 * 日付時刻 spid 番号
日付時刻 spid 番号 *
日付時刻 spid 番号 * 場所: DbmConnection.cpp:798
日付時刻 spid 番号 * 式: CheckValidInput (wsName、cbName)
日付時刻 spid 番号 * SPID: #
日付時刻 spid 番号 * プロセス ID: #

日付時刻 spid 番号エラー: 17066、レベル: 16、状態: 1。
日付時刻 spid 番号 SQL Server アサーション: ファイル: <DbmConnection.cpp>、ライン 798 失敗したアサーション = 'CheckValidInput (wsName、cbName)' =。このエラーはタイミングに関連することがあります。ステートメントを再実行するとエラーが解決しない場合は、DBCC CHECKDB を使用して、データベースの構造上の整合性を確認するのにはまたは、インメモリ データ構造が破損していることを確認するのには、サーバーを再起動します。
</DbmConnection.cpp>

さらに、この問題が発生すると、最小ダンプ ファイルが生成されます。

注: この問題を Microsoft SQL Server 2012 では発生しません。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 用の累積的な更新 6

この問題に対する修正は累積的な更新 6 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 を入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2830140 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 6
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2730301 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。

SQL Server 2008 R2 Service Pack 1

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 11 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 を入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2812683 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 11
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2567616 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2802113 - 最終更新日: 04/15/2013 16:45:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2802113 KbMtja
フィードバック