CRUD の Entity Framework を使用して.NET Framework の 5.0 - (削除)

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2802240

作成者: について

この資料は、MVP によって提供します。 Ming のマニュアル.マイクロソフトでは、そのためにも感謝して積極的に他のユーザーと自分の職務経験を共有しているその Mvp。記事を投稿すると MVP の web サイト または ブログ 後で。
概要
この記事では、エンティティ フレームワークの 5.0 を使用してさまざまな削除の方法を説明します。

この資料では、行を削除する方法を説明/Entity Framework によって記録します。まず 1 つのレコードを削除します。この資料で削除可能なレコードがあるかどうかをチェックする制御機構が追加されました。



詳細
1 つのレコードを削除します。

次のコードは、製品 id で指定した商品 id を持つ特定の製品を削除するのには引数として渡されます。



パブリック静的 void 削除 (int Id)
{
northwindEntities ctx = new orthwindEntities()。
var result = from r in ctx.製品、ここで r.ProductID == Id select r;
この id を持つレコードがあるかどうかを確認します。

場合 (結果です。Count() > 0)

{
製品の結果を = します。First() 関数です。
ctx。Products.Remove(product) です。
ctx。SaveChanges()。
}
}


レコードの一括削除します。

次のコードには、すべての製品カテゴリの id に基づいて、一括削除が行われます。



public static void DeleteSelectedRecord (int Id)
{
northwindEntities ctx = new orthwindEntities()。
var result = from r in ctx.製品、are.CategoryID = [r の Id です。
この id を持つレコードがあるかどうかを確認します。

場合 (結果です。Count() > 0)

{

foreach (結果の製品 p)
{
ctx。Products.Remove(p) です。
}
ctx。SaveChanges()。
}
}


バルク SQL ステートメントを使用してレコードの更新

次のコードは一括では、SQL ステートメントを使用して削除します。この欠点は、コンパイラが SQL ステートメントの構文を確認することではないことです。



パブリックの静的 void BulkDeleteSQL()
{
northwindEntities ctx = new orthwindEntities()。
ctx。Database.ExecuteSqlCommand (「商品削除」)。
}



コミュニティ ソリューション コンテンツの免責事項

マイクロソフト コーポレーションおよびその各供給者は、適合性、信頼性、またはここに含まれる関連のグラフィックス、情報の正確性に関する表明を行いません。このようなすべての情報および関連グラフィックスは、提供されて"は、いかなる種類の保証なし。マイクロソフトおよびその各供給者ものではありませんすべての保証および条件に関しては、この情報および関連グラフィックス、黙示の保証、商品性、特定目的、不侵害、タイトル、および非侵害の適合性の条件を含みます。具体的に同意するものと、いかなる場合においてマイクロソフトおよびその供給者を負いません起因するか、いずれかの方法は、[接続を使用すると、直接、間接、懲罰、付随的損害、特別な間接的ないかなる損害について損害の使用、データまたは利益の損失、損害などのまたは記載されている情報および関連グラフィックスが含まれているを使用することができません。、契約、不法行為、過失、厳格責任に基づいてまたはマイクロソフトまたはその供給者が持っている場合でもが損害の可能性を知らされていた場合は、かどうか。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2802240 - 最終更新日: 05/07/2016 10:55:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Visual Studio 2012 Beta, Microsoft Visual Studio Express 2012 for Web, Microsoft Visual Studio Express 2012 for Windows 8, Microsoft Visual Studio Express 2012 for Windows Desktop, Microsoft Visual Studio Express 2012 for Windows Phone, Microsoft Visual Studio Premium 2012, Microsoft Visual Studio Professional 2012, Microsoft Visual Studio 2012 Test Professional, Microsoft Visual Studio Ultimate 2012

  • kbmt KB2802240 KbMtja
フィードバック