現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

システム センター構成マネージャー 2007 SP2 のアイコンが含まれている、APP-V パッケージを使用するとメモリ リークが発生します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

2802399
現象
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • 中央サイト、子のプライマリ サイトおよびセカンダリ サイトを持つ、3 層システム センター構成マネージャー 2007 Service Pack 2 (SP2) の階層を構築します。
  • 中央のサイトには、マイクロソフト アプリケーションの仮想化 (App-V) の仮想アプリケーション パッケージを追加します。
  • APP-V のパッケージにはアイコンが含まれています。
  • すべての配布ポイント (Dp) に APP-V パッケージを配布します。
このシナリオでは、APP-V パッケージに含まれているアイコンのサイズに基づいて、子プライマリ サイトの増加のメモリの使用量。さらに、かをクリックして、同じの App-V のソースを使用して別のパッケージを作成する場合配布ポイントの更新既存のパッケージより多くのメモリ、子プライマリ サイトをリークしました。
解決方法
この問題を解決するのには、影響を受けるシステム センター構成マネージャー 2007 SP2 のプライマリ サイト サーバーで、次の修正プログラムをインストールします。

メモ この修正プログラム パッケージは、x86 ベースまたは x64 ベースのバージョンのオペレーティング システムを実行しているシステム センター構成マネージャー 2007 SP2 サイト サーバーにインストールできます。

インストール ガイドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2477182 システム センター構成マネージャー 2007年の修正プログラムのインストールの手引き

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号の一覧、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

前提条件

この修正プログラムを適用するのには、システム センター構成マネージャー 2007 SP2 を実行している必要があります。

レジストリ情報

この修正プログラムを適用するために、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムをインストールする前に、構成マネージャー管理者コンソールを閉じると、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンは、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル コンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は、夏時間 (DST) が調整されたローカル時刻で表示されます。ファイルの特定の操作を実行するとさらに、日付と時刻変更可能性があります。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Baseobj.dll4.0.6487.22251,012,82401-2 月-201019:20x86
Distmgr.dll4.0.6487.2225452,69601-2 月-201019:20x86
Recoverymanager.dll4.0.6487.22251,592,92022-1 月-201306: 06x86

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2802399 - 最終更新日: 05/17/2013 05:45:00 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft System Center Configuration Manager 2007 Service Pack 2
  • kbqfe kbautohotfix kbhotfixserver kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB2802399 KbMtja
フィードバック