SendToBluetooth を追加でインストールされている Office プログラムがクラッシュする可能性があります。

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2803733
解決方法
WIDCOMM SendToBluetoothアドインがインストールされている場合、Office プログラムがアドインと他の Microsoft Office プログラムとの間の非互換性問題でクラッシュ可能性があります。

: このアドインが既定では Windows の多くの OEM イメージにインストールされています。

かどうか、アドインは、Office プログラムがクラッシュの原因を参照してくださいにチェックする方法を以下に示します。
まず、イベント ビューアーを開く

10 の Windows、Windows 8.1 および Windows 8 の
  1. 開始画面で、検索ボックスにVイベント ログのビューを入力します。
  2. イベント ログを表示を選択します。
Windows 7 および Vista
  1. [スタート] をクリックします。
  2. [検索] ボックスでは、イベント ビューアーを入力し、次に、結果の一覧で、[イベント ビューアー] をダブルクリックします。
Windows XP
  1. [スタート] ボタン >コントロール パネルの [>パフォーマンスとメンテナンス、し、 [管理ツール] をクリックし、[コンピューターの管理] をダブルクリックします。
  2. コンソール ツリーで、イベント ビューアー] を展開します。
ここで、次のイベントを確認します。
イベント ID: 1000
エラーが発生したモジュール名: msctf.dll

イベント ID: 1000
エラーが発生したモジュール名: ntdll.dll

: 場合でも、記載されているこれらの 2 つの dll のいずれかと、イベント 1000年が表示されない、する場合がありますこのアドインがクラッシュが発生していること。
方法 1: SendToBluetooth を追加で更新しようとしました。
Bluetooth の追加で、ここでの更新を検索することができます。

[http://www.broadcom.com/support/bluetooth/update.php [Enter

アドインを更新できず場合、は、SendToBluetooth アドインを無効にするのには方法 2 に続行できます。
方法 2: 手動で、SendToBluetooth アドインを無効にします。
重要: この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。変更する前に、レジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。 322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

警告: 深刻な問題は、レジストリ エディターを使用するか、別のメソッドを使用してレジストリを不適切に変更する場合に発生する可能性があります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

この問題を修正することがあるするには、「ここで簡単に解決するセクションに進んでください。この問題を手動で修正する場合に、「自分で解決するセクションに進んでください。

ここで簡単に解決する

自動的にこの問題を解決するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。
  • このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、簡単に解決するソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。
ForWindows 10、Windows 8.1 では、Windows 8 では、Windows 7


Windows Vista では、Windows XP の

自分で解決する



次の手順を開始する前にすべての Office プログラムを終了することを確認します。

  1. レジストリを開き、ここではどのようにします。
    • 10 の Windows、Windows 8.1 および Windows 8: [Windows キー + R を [実行] ダイアログ ボックスを開きます。Regedit.exeを入力し、[ ok]を選択します。
    • Windows 7 または Vista: [スタート]、[検索] ボックスにregedit.exeと入力し、enter。

  2. クラッシュした Office プログラムを選択しを見つけてに記載されているキーを選択します。

    Office プログラムの一覧] をクリックします。

    Word の場合
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\Word\Addins

    : 64 ビット バージョンの Windows で 32 ビット バージョンの Office を使用している場合、次のキーを選択する必要があります。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\Word\Addins
    Outlook
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\Outlook\Addins

    : 64 ビット バージョンの Windows で 32 ビット バージョンの Office を使用している場合、次のキーを選択する必要があります。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\Outlook\Addins
    Excel の場合
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\Excel\Addins

    : 64 ビット バージョンの Windows で 32 ビット バージョンの Office を使用している場合、次のキーを選択する必要があります。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\Excel\Addins
    PowerPoint の場合
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\PowerPoint\Addins

    : 64 ビット バージョンの Windows で 32 ビット バージョンの Office を使用している場合、次のキーを選択する必要があります。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\PowerPoint\Addins
    OneNote
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\OneNote\Addins

    : 64 ビット バージョンの Windows で 32 ビット バージョンの Office を使用している場合、次のキーを選択する必要があります。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\OneNote\Addins
    Visio
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Visio\Addins

    : 64 ビット バージョンの Windows で 32 ビット バージョンの Office を使用している場合、次のキーを選択する必要があります。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Visio\Addins
  3. マシン レベルで登録されているアドインをすべて表示する\Addins サブキーを展開します。
  4. SendToBluetooth を追加で、 BtOfficeAddin.BtOfficeIntegration.1と呼ばれる対応するサブキーを選択します。
  5. LoadBehaviorの値を右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. 0値のデータを変更し、[ OK ] をクリックし、レジストリ エディターを閉じます。
  7. 決定のかどうか、レジストリの変更が、プログラムの安定性を向上しクラッシュした Office プログラムを起動します。

詳細
免責事項: この資料に記載されているサード ・ パーティ製品は、他社のマイクロソフトとは無関係です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2803733 - 最終更新日: 12/16/2015 08:59:00 - リビジョン: 2.0

Word 2016, PowerPoint 2016, Excel 2016, Outlook 2016, Visio Professional 2016, Visio Standard 2016, Microsoft Word 2013, Microsoft PowerPoint 2013, Microsoft Excel 2013, Microsoft Visio Professional 2013, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Word 2010, Microsoft PowerPoint 2010, Microsoft Excel 2010, Microsoft Visio Professional 2010, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Word 2007, Microsoft Office PowerPoint 2007, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Office Visio Standard 2007, Microsoft Office Visio Professional 2007, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Word 2003, Microsoft Office PowerPoint 2003, Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Office Visio Professional 2003, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Office OneNote 2003, Microsoft Office OneNote 2007, Microsoft OneNote 2010, Microsoft OneNote 2013, Microsoft Office Publisher 2003, Microsoft Office Publisher 2007, Microsoft Publisher 2010, Microsoft Publisher 2013

  • kbmt KB2803733 KbMtja
フィードバック