現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2008 R2 ベースのドメイン コント ローラーで AD の Windows PowerShell コマンドレットを実行すると、誤った結果

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2806748
現象
次のシナリオを検討してください。

シナリオ 1

  • ユーザー アカウント制御 (有効な UAC) が Windows Server 2008 R2 ベースのドメイン コント ローラーがあります。
  • ドメイン管理者のユーザー アカウントを使用して、ドメイン コント ローラーにログオンします。
  • Windows PowerShell のウィンドウが実行されていないことを確認します。
  • Active Directory モジュールを Windows PowerShell を開始するには、直接、管理者特権を使用して昇格なし。
  • 実行します。 移動 ADObject コマンドレットが別のコンテナーまたはドメインに 1 つの Active Directory オブジェクトを移動します。たとえば、コンピューター A を組織単位 (ou) 1 から組織単位 2 を移動するのには、次のコマンドレットが実行します。
    移動 ADObject"cn コンピューター a、ou = ou1 = dc = テスト、dc = com"- ターゲット パス"ou u2 = dc = テスト、dc = com"
  • コマンドレットが正常に障害が発生したし、「アクセスが拒否されました」というエラーが表示されますメッセージ。
  • PowerShell のウィンドウを開いたまま、[PowerShell の別のウィンドウを開くには、管理者として Active Directory モジュールを Windows PowerShell を開始します。
  • 実行します。 移動 ADObject コマンドレットでもう一度使用します。
このシナリオでは、コマンドレットが失敗します。さらに、「アクセスが拒否されました」エラーが発生メッセージします。

シナリオ 2

  • ユーザー アカウント制御 (有効な UAC) が Windows Server 2008 R2 ベースのドメイン コント ローラーがあります。
  • ドメイン管理者のユーザー アカウントを使用して、ドメイン コント ローラーにログオンします。
  • Windows PowerShell のウィンドウが実行されていないことを確認します。
  • 管理者は Active Directory モジュールを Windows PowerShell を起動します。
  • 実行します。 移動 ADObjectコマンドレットが別のコンテナーまたはドメインに 1 つの Active Directory オブジェクトを移動します。たとえば、ou1 に ou2 コンピューター a を移動するのには、次のコマンドレットを実行します。
    移動 ADObject"cn コンピューター a、ou = ou1 = dc = テスト、dc = com"- ターゲット パス"ou u2 = dc = テスト、dc = com"
  • コマンドレットは期待どおりに終了します。
  • PowerShell のウィンドウを開いたまま、[PowerShell の別のウィンドウを開くには、管理者として Active Directory モジュールを Windows PowerShell を開始します。
  • 実行します。 移動 ADObject コマンドレットでもう一度使用します。
このシナリオでは、コマンドレットが正常に完了します。
解決方法

更新プログラムの情報

この更新プログラムを入手する方法

マイクロソフトの更新プログラム
この更新プログラムは、次の Microsoft Update web サイトから利用可能です。
Microsoft ダウンロード センター
以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です。
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべてのWindows Server 2008 R2のx64 ベース バージョンダウンロード更新プログラム パッケージをダウンロードします。
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

この修正プログラムを適用するのには、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) 実行されている必要があります。 Windows Server 2008 R2 service pack の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
976932Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用 Service Pack 1 に関する情報

レジストリ情報

この修正プログラムを使用するのには、レジストリを変更するはありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンは、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル コンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は、夏時間 (DST) が調整されたローカル時刻で表示されます。さらに、これらのファイルに対して特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更される場合があります。
Windows Server 2008 R2 のファイル情報のメモ
重要Windows 7 の修正プログラムと Windows Server 2008 R2 の修正プログラムとは、同じパッケージに含まれています。修正プログラムのダウンロード ページでは、両方のオペレーティング システムの下に修正プログラムが一覧表示されます。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージをダウンロードするには、ページ上で「Windows 7/Windows Server 2008 R2」の下に表示される修正プログラムを選択します。必ず記事中の 「適用先」セクションを参照し、各修正プログラムを適用する実際のオペレーティング システムを決定してください。
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、適用されるファイルSPn)、および区分 (LDR、GDR) 次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別されることができます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.1.760では 0.17xxxWindows Server 2008 R2RTMGDR
    6.1.760xxx1.18Windows Server 2008 R2SP1GDR
    6.1.760 1.22xxxWindows Server 2008 R2SP1LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
  • インストールされている、マニフェスト ファイル (.manifest) の各環境は 別に記載 「Windows Server 2008 R2 追加のファイル情報」セクションでします。MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
すべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Adwsres.dll6.1.7600.163852,04814-Jul-200901:24x64
Microsoft.activedirectory.webservices.exe6.1.7600.17222487,42425-1 月-201305:47x86
Microsoft.activedirectory.webservices.exe.config該当なし7,4312010 年 3 月-17-05: 10該当なし
Adwsres.dll6.1.7600.163852,04814-Jul-200901:24x64
Microsoft.activedirectory.webservices.exe6.1.7600.21433487,42425-1 月-201305:49x86
Microsoft.activedirectory.webservices.exe.config該当なし7,4312010 年 3 月-17-05: 14該当なし
Adwsres.dll6.1.7600.163852,04814-Jul-200901:24x64
Microsoft.activedirectory.webservices.exe6.1.7601.18063487,42425-1 月-201306:15x86
Microsoft.activedirectory.webservices.exe.config該当なし7,43105-11 月-201001:52該当なし
Adwsres.dll6.1.7600.163852,04814-Jul-200901:24x64
Microsoft.activedirectory.webservices.exe6.1.7601.22231487,42425-1 月-201305: 27x86
Microsoft.activedirectory.webservices.exe.config該当なし7,43105-11 月-201001:52該当なし
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

追加のファイル情報

他のファイルをすべてのサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 の
ファイル名Amd64_microsoft.activedirectory.webservices_31bf3856ad364e35_6.1.7600.17222_none_f79a5965cab5115c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ9,352
日付 (UTC)25-1 月-2013
時刻 (UTC)13:01
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft.activedirectory.webservices_31bf3856ad364e35_6.1.7600.21433_none_f81a2874e3d9e395.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ9,352
日付 (UTC)25-1 月-2013
時刻 (UTC)13:01
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft.activedirectory.webservices_31bf3856ad364e35_6.1.7601.18063_none_f9567705c7fb0663.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ9,352
日付 (UTC)25-1 月-2013
時刻 (UTC)13:01
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft.activedirectory.webservices_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22231_none_f9fe84e6e1021cd3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ9,352
日付 (UTC)25-1 月-2013
時刻 (UTC)13:01
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2806748 - 最終更新日: 03/12/2013 18:24:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Web Server 2008 R2

  • kbfix atdownload kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2806748 KbMtja
フィードバック
var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write(" >