ユーザーの簡易切り替えオプションを利用できない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP280758
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Windows XP が動作しているコンピュータのメンバシップをワークグループからドメインに変更する際、[スタート] メニューの [ログオフ] オプションをクリックすると [ユーザーの切り替え] オプションが利用できなくなっています。
原因
この現象は、コンピュータがドメインのメンバになると [ユーザーの簡易切り替え] オプションがオフになるために発生します。
状況
この現象は仕様によるものです。
詳細
ユーザーの簡易切り替え機能は Windows XP に導入された新機能です。複数のユーザーが 1 台のコンピュータを共有している場合、この機能によってユーザー切り替えを行う際、ほかのユーザーが実行しているプログラムをすべて閉じ、いったんログオフしてからログオンする必要がなくなります。ユーザーの簡易切り替え機能を使用するには、以下の条件を満たしている必要があります。
  • コンピュータで Windows XP Home Edition または Windows XP Professional が動作している。
  • [ようこそ画面を使用する] がオンになっている。このオプションを有効にするには、[コントロール パネル] を開いて [ユーザー アカウント] をダブルクリックし、[ユーザーのログオンやログオフの方法の変更] をクリックします。
  • [ユーザーの簡易切り替えを使用する] がオンになっている。このオプションをオンにするには、[コントロール パネル] を開いて [ユーザー アカウント] をダブルクリックし、[ユーザーのログオンやログオフの方法の変更] をクリックします。
  • コンピュータがワークグループのメンバである。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
279765ユーザーの簡易切り替えについて
294739 [ユーザーの簡易切り替え機能] の使用可能な状況について
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 280758 (最終更新日 2001-08-28) をもとに作成したものです。
プロパティ

文書番号:280758 - 最終更新日: 12/05/2015 22:58:24 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows XP Professional Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbenv kbsetup kbprb KB280758
フィードバック