現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

修正:「ログの書き込み待機」カウンターの値高い SQL Server 2012 インスタンス

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

2809338
現象


AlwaysOn 可用性グループのログを使用してプールでは、Microsoft SQL Server 2012年または 2014 の Microsoft SQL Server のインスタンスなどの機能を有効にすることを想定しています。この状況では、SQL Server インスタンス上のログ バッファーのログ書き込みの待ち時間のカウンターは、高い価値を持ってください。動的管理ビュー (Dmv) で CMEMTHREAD とログへの書き込みの待機の種類の値が大きいもわかります。さらに、ミニ ダンプ ファイルが生成されます。

注: <b>ログ ・ プールは、メモリ内キャッシュで、トランザクション ・ ログのです。とりわけ、このキャッシュが使用される: AlwaysOn 可用性グループ機能のリカバリ、およびトランザクション レプリケーション、およびロールバックのオペレーション中にログの読み取りを最適化します。
原因
ログ ・ プールは、すべてのデータベースに対して、グローバル オブジェクトへのポインター、メモリ (PMO) を使用しているために、この問題が発生します。

多くのスレッドは、ログ ・ プールを使用してログを作成するときに、すべてのスレッドで「現象」に記載されている競合メモリ オブジェクトへポインターを待機しなければなりません。

解決方法

SQL Server 2014年サービス ・ パック 1

既定では、2014 の SQL Server の Service Pack 1 には、この修正プログラムが含まれていて、修正プログラムを有効にするトレース フラグを追加する必要はありません。

SQL Server 2014

問題は、SQL Server の 2014 年の RTM 版で修正されていますが、トレース フラグ T9024、8048 を有効にする必要があります修正プログラムをアクティブにします。有効にした後このトレース フラグ、SQL Server インスタンスのパーティションのノード レベルでのメモリ オブジェクトへのポインター。

注:
  • トレース フラグ T9024 を有効にした後でも、問題が解決しない場合も、トレース フラグ T8048 を CPU レベルでどのパーティション メモリへのポインターのオブジェクトを有効にできます。
  • SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) には、この修正プログラムが含まれていて、トレース フラグを有効にする必要はありません。

SQL Server 2012

累積的な更新情報

SQL Server 2012 SP1 用の累積的な更新プログラム 3

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。取得する方法の詳細については、SQL Server 2012 SP1 の場合は、この累積的な更新プログラム パッケージは、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
2812412 SQL Server 2012 Service Pack 1 用の累積的な更新パッケージ 3
注: <b>ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012 SP1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
2772858 SQL Server 2012 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2012 のビルド
注: <b>修正プログラムを適用した後は、トレース フラグを無効にするT9024を有効にする必要です。有効にした後このトレース フラグ、SQL Server インスタンスのパーティションのノード レベルでのメモリ オブジェクトへのポインター。

注: <b>トレース フラグ T9024 を有効にした後でも、問題が解決しない場合も、トレース フラグ T8048 を CPU レベルでどのパーティション メモリへのポインターのオブジェクトを有効にできます。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

SQL Server 2012年の前提条件

この修正プログラムを適用するには、SQL Server 2012 SP1 がコンピューターにインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。トレース フラグ T9024 を使用して SQL Server を再起動する必要があります。起動時のトレース フラグを使用して SQL Server を構成する方法の詳細については、以下を参照してください。 データベース エンジン サービスのスタートアップ オプション.

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Sqlservr.exe2011.110.3340.01607682013 年 1 月-26-05:12x86
Sqlservr.exe2011.110.3340.01920002013 年 1 月-26-05:23x64
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2809338 - 最終更新日: 07/29/2015 11:59:00 - リビジョン: 10.0

  • Microsoft SQL Server 2014 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2014 Developer
  • Microsoft SQL Server 2014 Standard
  • Microsoft SQL Server 2014 Express
  • Microsoft SQL Server 2014 Web
  • Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1
  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2809338 KbMtja
フィードバック