現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ネットワーク ドライブ上のファイルやフォルダーのショートカット ファイルについて

現象
ネットワーク ドライブ上のファイルやフォルダーにリンクしたショートカット ファイルを作成している場合、ショートカット実行時に意図せずネットワーク ドライブが再接続されることがあります。

ネットワーク ドライブに接続していない状態でショートカット ファイルを実行すると自動的にネットワーク ドライブが再接続されます。

または、以前とは別のドライブ文字で接続が行なわれ、それに合わせてショートカットのリンクが自動的に更新されます。
原因
ショートカット ファイルの基本情報はショートカット作成時のファイルやフォルダーのパスが登録されます。

上記以外にも UNC パスやネットワーク ドライブ文字など、リンク先が見つからない場合に対象を検索するのに必要な情報が含まれます。



ネットワーク ドライブを接続していない状態でショートカット ファイルを実行すると、リンク先が見つからないため Link Resolver という機能が働きます。

Link Resolver はショートカット ファイルに含まれる UNC パスとドライブ文字を参照し、リンク先がネットワーク的に利用可能である場合は自動的に以前と同じドライブ文字にマッピングします。

また、再接続処理の際にショートカット作成時のドライブ文字が既に使用されている場合は Z: から順に空いているドライブ文字を利用します。

この機能により意図せずネットワーク ドライブが再接続される場合があります。


異なるドライブ文字で再接続された場合はショートカット ファイルのリンク先も新しいドライブ文字に上書きされます。



これは Windows の想定された動作です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2810119 - 最終更新日: 01/30/2013 04:53:00 - リビジョン: 1.0

  • KB2810119
フィードバック