現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook で電子メール メッセージに大きな添付ファイルを追加すると、「添付ファイルのサイズは、許容値を超過」エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2813269
現象
Microsoft Outlook 2013 またはそれ以降のバージョンでは、電子メール メッセージの添付ファイルを追加するときは、次のエラー メッセージが表示されます。

添付しているファイルは、サーバーより大きいです。共有の場所にファイルを配置することと、代わりにリンクを送信します。

原因
この問題は、使用している電子メール アカウントの種類に応じて、次の理由の 1 つに発生します。

インターネットの電子メール アカウント (POP3、IMAP、HTTP など)

電子メール アカウントを Outlook 2013 およびそれ以降の versionshave インターネットの 20 メガバイト (20480 KB) の既定の添付ファイルのサイズ制限のため、このエラー メッセージが表示されます。この制限が原因で、コンピューターのほとんどのインターネット サービス プロバイダーの制限値を超える非常に大きな添付ファイルをアップロードしようとして継続的にします。20 メガバイト (MB) より大きい値は、大きな添付ファイルが 1 つまたは複数の添付ファイルの合計サイズが 20 MB より大きい値を追加するかどうか、この制限が適用されます。

Microsoft Exchange Server 電子メール アカウント

Exchange Server メールボックスを使用する場合はメッセージに 1 つまたは複数のアイテムを添付する場合や、添付ファイルの合計が 10 MB (10240 KB) より大きい場合に (デフォルト) でこのエラー メッセージを表示します。この添付ファイルの制限は、outlook のインターネット電子メール アカウントの制限には関係ありません。トランスポート設定のプロパティ] ダイアログ ボックスで、Exchange 管理者によって構成されている最大サイズを送信する設定から Exchange メールボックスのこの制限が原因 (次のスクリーン ショットを参照してください)。

トランスポート設定のプロパティ] ダイアログ ボックスのスクリーン ショット

解決方法
既定の添付ファイルの制限を変更する手順は、Outlook を使用している電子メール アカウントの種類によって異なります。

重要: この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれます。変更する前にレジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合は、レジストリを復元する方法を理解していることを確認します。レジストリをバックアップ、復元、および変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。

322756 バックアップし、Windows XP と Windows Vista のレジストリを復元する方法

インターネットの電子メール アカウント (POP3、IMAP、HTTP など)

自分でインターネット電子メール アカウントを Outlook の既定の添付ファイルの制限サイズを変更するには、次の手順を実行します。
  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。
  3. 見つけてし、次のレジストリ サブキーのいずれかを選択します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Preferences
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Preferences
    注:
    • X.0のプレース ホルダーは、Office のバージョンを表します (16.0 = Office 2016、15.0 Office 2013 を =)。
    • 現在存在していない場合、手動でパスをレジストリに作成します。
  4. このサブキーの下の次のレジストリ データを追加します。

    値の種類: DWORD
    値の名前: MaximumAttachmentSize
    値のデータ: 合計許容される添付ファイルの最大サイズを指定する整数です。たとえば、30 MB の制限を構成するのには数値の 30720 (10 進数) を指定します。
    注:
    • 添付ファイルの制限を構成しないようにする場合は、ゼロ (0) の値を指定します。
    • 既定値よりも少ない制限を構成する場合は、20 MB 未満である値を指定して 20 MB です。
  5. レジストリ エディタを終了します。
  6. Outlook を起動します。

Microsoft Exchange Server 電子メール アカウント

Exchange Server アカウントを使用する場合、Outlook でインターネット電子メール アカウントの限界値を 20 MB の添付ファイルは使用されません。代わりに、Outlook は Exchange サーバーで構成されている制限値を使用します。Exchange Server アカウント経由で送信されるメッセージのサイズを制御するために使用する設定を変更するのには以下の手順を実行します。

注:
  • 次の手順は、Exchange Server 2007年に適用されます。Exchange の他のバージョンは、同様の手順を使用してください。
  • この Exchange Server の設定は、Outlook のすべてのバージョンに適用されます。

    Exchange Server 2007年に接続すると、outlook 2016 はサポートされていません。詳細については、 KB3093039.
  • Exchange 管理者は、次の手順で変更をする必要があります。正規ユーザーは、Exchange 管理コンソールへのアクセスを必要はありません。
  1. Exchange 管理コンソールのを開始します。
  2. [組織の構成は、ハブ トランスポートをクリックします。(手順 2 と 3 のスクリーン ショットは下記参照)
  3. [グローバル設定] タブには、トランスポートの設定をクリックします。

    2 および 3 に、手順のスクリーン ショット
  4. [ Transpソートの設定] セクションの[操作] ウィンドウ、[プロパティ] をクリックします。
  5. トランスポート設定のプロパティ] ダイアログ ボックスで [全般] タブでは、最大サイズ (KB) を送信するの値を構成します。
  6. [OK] をクリックします。
注: <b>Exchange サーバーには、さまざまな設定のキャッシュがあるためこの変更はすぐに反映されません。この変更が Outlook によって認識される前にいくつかの時間待機する必要があります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2813269 - 最終更新日: 09/24/2015 03:47:00 - リビジョン: 9.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013

  • kbmt KB2813269 KbMtja
フィードバック
r m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">