Office 2013 のインストール中にアプリケーションを起動すると "ライセンスを確認できませんでした" メッセージが表示される場合がある

現象
Microsoft Office 2013 アプリケーション、または Microsoft Office 2013 がプレインストールされたコンピューターを購入後、初めて Office 2013 を使用する時にはプロダクト キーを入力してセットアップを行います。Microsoft Office 2013 では新しいインストールの仕組みが導入されているため、製品全体のインストールが完了する前にアプリケーションを起動して使用を開始できます。例えば、インストール進行中にスタート画面から Excel や Word を起動したり、[新しい Office へようこそ] と表示されるウィザードのステップ内で PowerPoint のスライド ショーを表示させることができます。

ただし、インストール進行中に Office 2013 アプリケーションを起動すると、以下のようなメッセージが表示される場合があります。

この製品のライセンスを確認できませんでした。コントロール パネルを使って Office プログラムを修復してください。


回避策
メッセージが表示された場合も、Office 2013 のインストールが完了後にライセンス状態が確認できれば、Office 2013 アプリケーションを使用することができます。

Office 2013 のライセンス状態は以下の手順で確認できます。

  1. Office 2013 アプリケーションを起動します。例えば Excel 2013 を起動します。
  2. ライセンス認証ウィザードが表示されたら、表示にそって手続きを完了します。
  3. Excel 2013 で空白のブックを開きます。
  4. [ファイル] メニューをクリックして [アカウント] を選択します。
  5. 右側の製品情報に表示されるライセンス認証の状態を確認します。
・ [ライセンス認証された製品] と表示されている場合はライセンス認証の手続きが完了しています。

・ [ライセンス認証が必要です] と表示されている場合はライセンス認証の手続きを行う必要があります。
   "ライセンス認証" ボタンをクリックして、表示されるライセンス認証ウィザードにそって手続きを完了してください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2813348 - 最終更新日: 05/16/2013 07:54:00 - リビジョン: 1.2

Microsoft Office Home and Business 2013, Microsoft Office Home and Student 2013, Microsoft Office Personal 2013, Microsoft Office Professional 2013

  • kberrmsg kbsetup KB2813348
フィードバック