アイドル タイムアウトによる休止状態への移行が意図せず無効化される

現象
以下のシナリオを想定します。
  • 休止状態が有効になっている
  • アイドル タイムアウトによる休止状態への移行が有効になっている
  • コントロール パネル電源オプション - プラン設定の編集コンピューターをスリープ状態にするなし に変更します
上記のシナリオで、スリープ状態だけではなく、休止状態への移行も無効化されます。また、この状態から再度 コンピューターをスリープ状態にするなし 以外の値に設定しても、休止状態への移行は有効化されません。
原因
これは想定された動作です。プラン設定の編集コンピューターをスリープ状態にするなし に設定した場合、スリープ状態および休止状態への移行がともに無効化されます。

注: ここで無効化されるのはアイドル タイムアウト (コンピューターを使用しないまま規定の時間が経過した場合) によるスリープ状態および休止状態への移行のみです。コンピューターのボタンや、またはシャットダウン メニューから、手動でスリープ状態または休止状態へ移行させる動作には影響を与えません。
解決方法
アイドル タイムアウトによる休止状態への移行を有効にするには、以下の手順を実施します。
  1. 電源オプション の画面において、対象となる電源プランの右にある プラン設定の変更 をクリックします。
  2. 詳細な電源設定の変更 をクリックします。
  3. スリープ - 次の時間が経過後休止状態にする の設定を展開します。
  4. なし になっている設定をクリックし、休止状態へ移行するまでの時間を分単位で入力します。
  5. OK をクリックします。
詳細
アクティブな電源プランの休止状態移行までのアイドル タイムアウト値を確認するには、以下のコマンドを実行し、次の時間が経過後休止状態にする の項目に表示されるインデックスの値を確認します。

powercfg /Q scheme_current sub_sleep
注: ここで出力される設定値の単位は秒です。0 の場合、アイドル タイムアウトによる休止状態への移行が無効化されていることを意味します。

アクティブな電源プランの休止状態移行までのアイドル タイムアウト値を設定するには、以下のコマンドを実行します。

  • 電源接続時の設定
    powercfg /X hibernate-timeout-ac タイムアウト値
  • バッテリ接続時の設定
    powercfg /X hibernate-timeout-dc タイムアウト値
注: タイムアウト値は分単位で指定します。

アクティブではない、特定の電源プランに対して操作を実行するには、以下のコマンドを実行して電源プランに対応する GUID を取得します。

powercfg /L

指定した GUID に対応する電源プランの、休止状態移行までのアイドル タイムアウト値を確認するには、以下のコマンドを実行し、次の時間が経過後休止状態にする の項目に表示されるインデックスの値を確認します。

powercfg /Q GUID sub_sleep

指定した GUID に対応する電源プランの、休止状態移行までのアイドル タイムアウト値を設定するには、以下のコマンドを実行します。

  • 電源接続時の設定
    powercfg /SETACVALUEINDEX GUID sub_sleep hibernateidle タイムアウト値
  • バッテリ接続時の設定
    powercfg /SETDCVALUEINDEX GUID sub_sleep hibernateidle タイムアウト値
注: タイムアウト値は秒単位で指定します。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2813845 - 最終更新日: 09/29/2016 09:53:00 - リビジョン: 4.0

Windows Vista Starter, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows 7 Starter, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Professional, Windows 7 Enterprise, Windows 8, Windows 8 Pro, Windows 8 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter

  • kbpowerman kbcpapplet KB2813845
フィードバック