LDAP クライアントが MIT の KDC からサービス プリンシパル名を取得しないことがある

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP281401
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) クライアントは、MIT の Kerberos サーバーからサービス プリンシパル名 (SPN) を取得しないことがあります。
原因
LDAP クライアントは SPN についての呼び出しを行う際に、"ldap" (小文字) の代わりに "LDAP" (大文字) を使用します。RFC (Request for Comments) 1510 は、小文字の使用のみを定義しています。RFC 1510 に準拠している MIT の Kerberos サーバーは、大文字と小文字を区別します。したがって、SPN の要求は、MIT の Kerberos サーバーに対して機能しないことがあります。



状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
詳細
Windows 2000 と Windows 2000 の修正プログラムを同時にインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
249149 Installing Microsoft Windows 2000 and Windows 2000 Hotfixes
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 281401 (最終更新日 2001-02-22) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:281401 - 最終更新日: 02/04/2014 06:08:39 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbpending kbwin2000presp2fix KB281401
フィードバック