Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の 64 ビット版の印刷ジョブが完了した後、Splwow64.exe プロセスは終了しません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2815716
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の 64 ビット バージョンを実行しているコンピューターがあります。
  • 32 ビット アプリケーションを使用して何か印刷します。
  • 印刷ジョブが完了しました。
このシナリオでは、Splwow64.exe プロセスすぐに終了しません。

注: <b>Splwow64.exe プロセスを使用して、64 ビット オペレーティング システムおよび 32 ビット プログラムのドライバー モデルを変換します。
原因
この問題は、Splwow64.exe プロセスに印刷ジョブの完了後にシステムのパフォーマンスを向上させる追加時のメモリに保たれるために発生します。したがって、Splwow64.exe プロセスは印刷ジョブが完了したときに正常に終了しません。
解決方法
この修正プログラムを適用した後、修正プログラムは 2 分のメモリに残ったままに、Splwow64.exe プロセスのデフォルトのタイムアウト値を設定します。したがって、Splwow64.exe プロセスは、最後のプリント ジョブが完了した後、2 分後にシャット ダウンします。さらに、「レジストリ情報」セクションで、レジストリの値を変更することによって、このタイムアウト値を設定できます。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、 Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows Server 2008 R2 の SP1が実行されている必要があります。

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 service pack の入手方法の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
976932 Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 に関する情報

レジストリ情報

タイムアウト値を構成するのには以下の手順を実行します。

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. タイプ regeditと入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけて右クリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print
  4. 新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  5. タイプ SplWOW64TimeOutSeconds レジストリ エントリの名前、し、Enter キーを押します。
  6. 手順 4 で作成したSplWOW64TimeOutSecondsエントリをダブルクリックします。
  7. [値のデータ] ボックスに値を入力し、[ OK] をクリックします。
値データ] ボックスに 0 (ゼロ) より大きい値を入力する必要があります。入力した値は、システムでは、Splwow64.exe プロセスを読み込む必要があるかどうかをチェック中に定期的にシステムが待機する秒数です。Splwow64.exe プロセスは最後の 32 ビットの印刷プロセスによって閉じられたために、 SplWOW64TimeOutSecondsで指定されている秒数が経過すると、アンロードされます。したがって、サービス プロセスを印刷すると印刷の機能は解放されません、サービスが終了するまで、最低限の時間の値のデータで指定したパスのボックスです。入力する場合など、 15値 dataボックス、および最後の 32 ビット プロセスは、2 つの分を印刷して 2 分 15 秒から 2 分 30 秒閉じる、印刷の機能がリリースされました。タイムアウト値を指定しないと、デフォルトのタイムアウト値が 2 分です。

再起動の必要性

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
重要: Windows 7 の修正プログラム、および Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、修正プログラムのリクエスト ページにある修正プログラムは各オペレーティング システムの下に一覧表示されています。一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージをリクエストするには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に一覧表示されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP に適用されるファイルn)、区分 (LDR、GDR) は、次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることで識別できるとします。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.1.760 1.22xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2SP1LDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされているそれぞれの環境には、します。 別に一覧表示 追加ファイル情報」の Windows 7 および Windows Server 2008 R2 に記載します。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。

サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Splwow64.exe6.1.7601.2226867,5842013 年 2 月-26-04:34x64
サポートされているすべての IA-64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Splwow64.exe6.1.7601.22268160,7682013 年 2 月-26-03:55IA-64
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
Windows Vista および Windows Server 2008 で発生する同様の問題については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
972616 "Runas"コマンドを使用して、Windows Server 2008 または Windows Vista の 64 ビット バージョンを実行しているコンピューター上の 32 ビット プログラムから 1 つのセッションで別のユーザー アカウントから印刷することはできません。
ソフトウェア更新プログラム用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

追加ファイル情報

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の追加ファイル情報

サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の追加ファイル
ファイルのプロパティ
ファイル名Amd64_2732eb028a43f4725f43ea43db04b104_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22268_none_3d2528a1d9d81bec.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,074
日付 (UTC)2013 年 2 月-27-
時刻 (UTC)18:29
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_5ba38e42203a819db34254ad8e8790da_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22268_none_6e187a9b3d0dfad3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ715
日付 (UTC)2013 年 2 月-27-
時刻 (UTC)18:29
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_8cca17a44de9b73f4bdd42e530d76f07_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22268_none_a5fc3c3cbf46db8f.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ717
日付 (UTC)2013 年 2 月-27-
時刻 (UTC)18:29
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-p.ng ・ スプーラー ・ splwow64_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22268_none_2627c760c1d9ed04.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,644
日付 (UTC)2013 年 2 月-26-
時刻 (UTC)05:50
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,238
日付 (UTC)2013 年 2 月-27-
時刻 (UTC)18:29
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-p.ng ・ スプーラー ・ splwow64_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22268_none_ca092bdd097c7bce.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,846
日付 (UTC)2013 年 2 月-26-
時刻 (UTC)04:55
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース) の追加ファイル
ファイルのプロパティ
ファイル名Ia64_9cb73598da6dffe18fe97f6a8c74dcea_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22268_none_50cbb3ae7b0f67d0.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,072
日付 (UTC)2013 年 2 月-27-
時刻 (UTC)18:29
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-windows-p.ng ・ スプーラー ・ splwow64_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22268_none_ca0acfd3097a84ca.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,643
日付 (UTC)2013 年 2 月-26-
時刻 (UTC)04:50
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,447
日付 (UTC)2013 年 2 月-27-
時刻 (UTC)18:29
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-p.ng ・ スプーラー ・ splwow64_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22268_none_ca092bdd097c7bce.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,846
日付 (UTC)2013 年 2 月-26-
時刻 (UTC)04:55
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2815716 - 最終更新日: 10/04/2015 05:32:00 - リビジョン: 5.0

Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2815716 KbMtja
フィードバック