現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook 2010 でメールボックスのクォータ情報が正しく表示されない

現象
Outlook 2010 の [ファイル] タブ - [情報] の [メールボックスの整理] の下に表示されるインジケータとメールボックス サイズ、もしくはステータスバーのクオーター情報は、Exchange Server の [格納域の制限] の設定を参照しています。
しかし、Outlook 2010 の問題により、サーバー側で行った設定が Outlook 2010 に正しく反映されない場合があります。

原因
この現象は、タイミングにより格納域制限の更新の際に共有の予定表として開いている他のユーザーのメッセージストアの情報が取得され、それが自分自身の格納域制限として表示されてしまう問題の影響で発生しております。

現象発生シナリオ例
1. Exchange 2010 サーバーを 2 台用意し、それぞれにユーザーを作成します。
(例 : UserA と UserB)
2. Exchange 2010 サーバーの Cmdlet で UserB の予定表に UserA の参照権限を与えます。
3. Outlook 2010 から UserA のメールボックスにログオンします。
4. UserA の予定表を表示します。
5. [予定表を開く] で UserB の予定表を開きます。
6. しばらく時間を置き、格納域の情報を確認します。
7. クオーター情報として、UserA の格納域制限と異なる値が表示されています。

回避策
  • Outlook のモード変更
  • OST ファイルの再作成
    キャッシュ モードを使用しているとき、上記のモード変更で現象が回避されない場合には、オフライン Outlook データ ファイル (.ost) を再作成することで、現象が回避されるかお試しください。
    OST ファイルの再作成につきましては、以下のサイトの「オフライン Outlook データ ファイル (.ost) を再作成する」の手順をご確認ください。
    Outlook データ ファイル (.pst および .ost) を修復する


詳細
Outlook のクォータ設定を正しく表示させるには、Exchange Server の [格納域の制限] 設定で、 以下の 3 つの値をすべて入力する必要があります。ただし、Outlook のクォータ情報に使用されるのは [送信を禁止するサイズ] の値です。
 
警告を表示するサイズ
送信を禁止するサイズ
送受信を禁止するサイズ
状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2817028 - 最終更新日: 05/13/2013 06:54:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Outlook 2010

  • KB2817028
フィードバック