Windows 7 で PowerPoint 2013 を使用している場合、暗号化された PowerPoint ファイルが読み取り専用で開かれる

現象
Microsoft Windows 7 で、以下のすべての条件が該当する場合 PPT ファイルが読み取り専用で開かれます。
  • PowerPoint 2013 をインストールしている
  • PPT、または PPTX ファイルを暗号化している
  • 暗号化を専用のセキュリティ ソフトウェアで制御している

この場合、PowerPoint ファイルをエクスプローラーからダブル クリックすると、セキュリティ ソフトウェアにて暗号化の解除が要求されますが、暗号化を正しく解除してもファイルが読み取り専用で開かれます。
原因
この現象は Windows エクスプローラー、PowerPoint 2013、およびセキュリティ ソフトウェアの動作に起因します。

エクスプローラーからファイルを選択すると、ファイルの情報を取得するためにエクスプローラーがファイルを読み取り権限で参照します。この処理と同時に PowerPoint がファイルを開くために書き込み権限でファイルを参照しますが、エクスプローラーがすでにファイルを参照しているため、書き込み権限でファイルを開くことができません。

また、ファイルが暗号化されている場合、ファイルを参照する際にセキュリティ ソフトウェアに暗号化の解除を要求します。この処理がエクスプローラーのファイル情報を取得する処理の延長で行われるため、エクスプローラーのファイル参照処理の時間が延びます。この結果、エクスプローラーと PowerPoint の処理が同時に起こりやすくなることから、この現象が発生します。

なお、エクスプローラー、PowerPoint 2013、およびセキュリティ ソフトウェアの動作はそれぞれ想定されたものとなりますが、それぞれの処理のタイミング上、この現象が発生します。
回避策
この現象を回避するには、以下のいずれかの方法を実行します。
  • エクスプローラーの [詳細ウィンドウ] をオフにする
  • ファイルが入っているフォルダーを暗号化する
また、セキュリティ ソフトウェアによっては、読み取り専用で開かれたファイルをいったん閉じ、開きなおすことで現象が回避できる場合があります。
プロパティ

文書番号:2818594 - 最終更新日: 09/29/2016 09:54:00 - リビジョン: 4.0

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate

  • kbtshoot kbexpertiseinter kbharmony KB2818594
フィードバック