SharePoint Workspace 2010 の Grooveex.dll にてメモリ リークが発生する

現象
SharePoint Workspace 2010 がインストールされている環境にて ShellExecuteEx 関数、あるいは ShellExecute 関数を呼び出した場合、関数の処理完了時に Grooveex.dll がロード時に確保したメモリがアンロード時に適切に解放されない現象が発生します。
原因
SharePoint Workspace 2010 は、シェル連携のため、ShellExecuteEx 関数、あるいは ShellExecute 関数による他プロセス起動を監視しております。
ShellExecuteEx 関数、あるいは ShellExecute 関数の実行に伴って、Grooveex.dll というSharePoint Workspace 2010 のモジュールがメモリ上にロードされます。

関数の処理完了時には、この Grooveex.dll はメモリからアンロードされますが、Grooveex.dll ではロードとアンロードとが行われることを想定していないため、ロード時に確保したメモリをアンロード時に適切に開放しておりません。

そのため、例えばプログラム上にて頻繁に ShellExecuteEx 関数、あるいは ShellExecute 関数を呼び出しますと、その分 Grooveex.dll のロードとアンロードとが行われ、結果としてメモリ使用量が増加する現象が発生します。
解決方法
回避策
LoadLibrary 関数等を使用し、明示的に Grooveex.dll のロードを行いますと、その後 ShellExecuteEx 関数、あるいは ShellExecute 関数を呼び出した場合でも、Grooveex.dll の ロード、アンロードが実行されません。
この結果、頻繁に ShellExecuteEx 関数、あるいは ShellExecute 関数を呼び出した場合でも、意図せずメモリ使用量が増加する現象が発生せず、本現象の回避が可能です。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2819004 - 最終更新日: 02/19/2013 12:13:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office Groove 2010 Office Groove

  • kbbug kbnofix KB2819004
フィードバック