Exchange Server 2013年または Exchange Server 2016 Get MailboxStatistics コマンドレットを実行すると StorageLimitStatus フィールドを空にします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2819389
現象
Microsoft Exchange Server 2013年または 2016 の Microsoft Exchange Server 環境でのメールボックスのクォータの状態を確認するのには、 Get MailboxStatisticsコマンドレットを実行すると、結果のStorageLimitStatusフィールドは空です。
原因
この動作は仕様です。

2013年インフォメーション ストアの Exchange Server より前のバージョンの Exchange Server インフォメーション ストアとは異なり、新しいインフォメーション ストアは、メールボックス ・ クォータの値をキャッシュしません。そのため、インフォメーション ストアは、Get MailboxStatisticsコマンドレットで指定されている各メールボックスのメールボックス ・ クォータの値を取得するために Active Directory への頻繁な問い合わせです。頻繁には Active Directory、Exchange の Server.To でパフォーマンスが低下が発生する可能性があります Exchange Server のパフォーマンス低下を避けるため、既定Get MailboxStatisticsコマンドレットは、メールボックス ・ クォータを取得できず、 StorageLimitStatusフィールドの値が表示されません。

回避策
この問題を回避するには、メールボックスのクォータ ・ ステータスを確認するのには次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: Exchange 管理コンソール (EAC) を使用します。

個々 のメールボックスのクォータの状態を確認する場合は、次の手順を実行します。
  1. EAC に以上のメール受信者の役割が割り当てられたユーザー アカウントを使用してログオンします。
  2. 機能のウィンドウで [受信者] をクリックします。メールボックスの一覧が表示されます。
  3. クォータの状態を確認するメールボックスを選択し、ツールバーの [編集] ボタンをクリックします。
  4. [メールボックスの使用率] をクリックします。メールボックスのクォータの使用率が表示されます。

方法 2: Exchange 管理シェルを使用します。

個々 のメールボックスのクォータの状態を確認する場合は、Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行します。
Get MailboxStatistics 表示名 |ft * クォータ * * サイズの自動サイズ調整: ラップ
データベースでホストされているすべてのメールボックスのメールボックスのクォータの状態を確認する場合は、次のコマンドを実行します。
Get MailboxStatistics ・ データベース データベース名 |ft 表示名、* クォータ * * の自動サイズ調整のサイズのラップ
詳細
Exchange Server 2013年でGet MailboxStatisticsコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2819389 - 最終更新日: 10/01/2015 20:09:00 - リビジョン: 3.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbsurveynew kbexpertiseinter kbtshoot kbbug kbmt KB2819389 KbMtja
フィードバック