How to Troubleshoot Using the Msconfig Utility in Windows Me

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:281965
概要
ここでは、Microsoft システム構成 (Msconfig) ユーティリティを使用して Windows 98 および Windows 98 Second Edition の構成エラーをトラブルシューティングする方法について説明します。
詳細
Msconfig ユーティリティは、マイクロソフト製品サポート サービス エンジニア、Windows 98 および Windows 98 Second Edition の構成に関する問題を診断するときに使用されて日常的なトラブルシューティング手順を自動化します。 このツールを使用して、システム構成を変更する場合は操作を行います構成に関連しない問題を排除するチェック ボックスをオン求められます。 このプロセスでは、メモ帳と Microsoft システム構成エディターを使用する場合に発生するミス リスクが軽減されます。

Msconfig.exe を使用して簡単にリセットしたり、次のファイルの設定に Windows の構成設定や設定を変更に従います。
  • System.ini ファイル
  • Win.ini ファイル
  • Config.sys ファイル
  • Autoexec.bat ファイル
  • Winstart.bat ファイル
  • (これらのプログラムは、[スタートアップ] フォルダーとレジストリ指定) 起動中にロードに設定されているプログラム
コンピュータの再起動時に上記の各項目が読み込まれないようにするには、次のいずれかの方法を使用します:
  • [ 全般 ] タブをクリックし、 診断スタートアップ を実行します。 このオプションを使用して、デバイス ドライバーとソフトウェアが読み込まれます対話的にコンピューターを再起動すると。

    - または -
  • [ 全般 ] タブをクリックし、 起動オプションを選択 を実行します。 このオプションを使用すると、構成ファイルはしたくない、読み込ま再起動したときに選択できます。 [ 起動オプションを選択 ] をクリックすると、オプションが、次の方法のいずれかで構成されます。

    • チェック ボックスをオンに指定されている構成ファイルがコンピューターを再起動すると処理されます。
    • 選択されていないチェック ボックスに指定されている構成ファイルができない場合は、コンピューターを再起動するとを処理しました。
    • チェック ボックスが選択されているが使用できない場合、いくつかのアイテムも読み込んでいますその構成ファイルからコンピューターを再起動するとき。
    • 場合は、このチェック ボックスできない構成ファイルはコンピューターに存在しません。
すべての構成ファイルとこれらのファイルに記載されているすべてのアイテムが読み込まれたことさせるには、[ 全般 ] タブをクリックし、 [通常スタートアップ

: Msconfig ユーティリティを使用して、トラブルシューティング セッションを開始する前に、コンピューターのファイルのバックアップ コピーを作成をすることができます。 この場合 [ 全般 ] タブをクリックして、[ バックアップの作成 ] をクリックして [ OK] をクリックします。 バックアップのコピー、トラブルシューティング セッション中に行われた変更こと反転できることを確認するには、コンピューター ファイルを作成する必要があります。

バックアップ ファイルを復元するには [ 全般 ] タブをクリックして、 バックアップの復元 ] をクリックします。

個々 のアイテムまたはを特定の構成ファイルの行には、コンピューターを再起動するときに読み込みできないようにするには、その特定の構成ファイルのタブをクリックし、個々 の行またはしたくない読み込まれているコンピューターを再起動するときに項目のチェック ボックスをオンします。 クリックしてフォルダーを含む構成ファイルのフォルダーのチェック ボックスをオンに、そのフォルダー内のすべてのアイテムが消去されます。 ファイルまたはフォルダーがチェック ボックスは使用できませんが、一部の項目だけがか選択またそのファイルまたはフォルダーで選択されていません。

変更する、現在アクティブな行または項目をマウスまたはポインティング デバイスを使用して、個々 の行をクリックするか または [ 下へ移動 ] ボタンを使用します。

構成ファイルのいずれかで、新しいエントリを作成するには、クリックして 新規作成 します。

現在選択されている行を編集、クリックして、 編集 します。

構成ファイルで行が、その横にある Windows フラグのような形があるアイコン ファイルは、Windows システム ファイルでは Windows 既定の設定に構成されています。

構成ファイルで、隣にある鉛筆の形のアイコンは、行にある行が手動で編集されました Msconfig ユーティリティで。

: コンピューターが自動的に 起動オプションを選択 モードに切り替わります項目または行のチェック ボックスをオフを切り替えたとき。 この状態は、ユーティリティの [ 全般 ] タブで報告されます。

Msconfig ユーティリティでは、すべての選択を行うし、[ OK] をクリックして、変更を開始するコンピューターを再起動求められます。

次のコンピューター ユーティリティにアクセスするには 表示 メニューをクリックします。 次のユーティリティとフォルダーが表示されます。
  • コントロール パネル
  • デバイス マネージャー
  • プリンター フォルダー
  • ディスプレイの設定
  • マルチメディアの設定
  • フォント フォルダー
高度なトラブルシューティングの設定の追加についてはをクリックして資料以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
181966システム設定ユーティリティのアドバンス トラブルシューティングの設定

Windows 98 用のクリーン ブート トラブルシューティングを行う方法についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
192926Windows 98 でクリーン ブート トラブルシューティングを実行する方法

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:281965 - 最終更新日: 05/07/2007 21:27:00 - リビジョン: 1.8

Microsoft Windows 98 Standard Edition, Microsoft Windows 98 Second Edition

  • kbtshoot kbpubtypekc kbmt KB281965 KbMtja
フィードバック