現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

NUMA 環境での SQL Server のパフォーマンスの問題の修正:

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2819662
マイクロソフトは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) 修正プログラムを配布します。修正プログラムは累積的であるため各新しいリリースにはすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012 SP1 に付属していたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
Microsoft SQL Server に一様でないメモリ アクセス (NUMA) メモリを必要とするときに有効になっている環境では、Windows が多すぎるからメモリを割り当てるリモート ノードのローカル メモリ ページを割り当てる前に。さらに、SQL Server にはさまざまなパフォーマンス上の問題があります。

  • リモート ノードからのメモリは、頻繁に「リモート メモリ」または SQL Server では「外部メモリ」と呼ばれます。
  • MSDN のブログの投稿のタイトル 機能: SQL Server 2008 の NUMA と外部のページ MSDN ブログの投稿は、リモート メモリの割り当てが、「退席中」のリストに追加されていることを説明します。これらのリモート メモリ割り当ては利用できませんサービスのメモリ要求を SQL Server からです。したがって、SQL Server のローカル メモリを取得または、ノードのローカル メモリのコミットしたターゲットに到達するまでにメモリを割り当てるしようとします。このメモリの割り当てプロセス長いスタートアップ リカバリ時間、接続のタイムアウトとクエリ タイムアウトなどさまざまなパフォーマンス上の問題があります。
  • この問題は、SQL Server 2005、SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2 および SQL Server 2012年で発生します。
原因
512 GB または 1 TB、並べ替え操作を実行する必要のあるクエリの場合、大量のメモリ許可を要求するように大量のメモリを持つコンピューターでこのメモリの割り当てを完了するには、時間のかかります。このよう、17883 のエラーが SQL Server エラー ログに記録されます。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
解決方法
問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 2008 R2 SP2 用の累積的な更新プログラム 9

SQL Server 用の累積的な更新プログラムについて

各新しいの累積的な更新 SQL Server にはのすべての修正プログラムが含まれています、セキュリティ修正がすべてが、以前の累積的な更新プログラムに含まれて.SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

SQL Server 2012 SP1 用の累積的な更新 3

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。SQL Server 2012 sp1 この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2812412 SQL Server 2012年の Service Pack 1 用の累積的な更新パッケージ 3
メモ ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2012 SP1 に付属していたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新リリースの修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報 を参照してください。
2772858 SQL Server 2012 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされた、SQL Server 2012 のビルド

SQL Server 2008 Service Pack 3 (SP3) 用の累積的な更新 12

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 3 の累積的な更新プログラムの 12 の最初リリースされました。SQL Server 用にこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2863205 SQL Server 2008 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 12
メモ ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server に付属していたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新リリースの修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報 を参照してください。
2629969 SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 3 のリリース以降後にリリースされたビルドします。
関連情報
非一様メモリ アクセス (NUMA) の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。 ソフト NUMA と関連概念に関する詳細については、次の MSDN ブログの投稿を参照してください。SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルは
名前付けスキーマを SQL Server の更新プログラムの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの名前付けスキーマ
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料の文書番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するのに使用される標準的な用語について

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2819662 - 最終更新日: 09/11/2014 22:48:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2819662 KbMtja
フィードバック
dy>