現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Microsoft システム センターのアドバイザーの更新プログラム ロールアップ 3: 2013年 3 月

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

2819679
はじめに
マイクロソフトは Microsoft システム センターのアドバイザーをオンプレミスのクライアント更新プログラムのロールアップ 3 を公開しました。この更新プログラムは 2013 年 3 月 26 日にリリースされました。この資料には、更新プログラムに関する次の情報について説明します。
  • この更新プログラムで修正される問題
  • 更新プログラムの入手方法
  • この更新プログラムをインストールするための必要条件
  • この更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動するかどうかがあります。
システム センターのアドバイザーの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

更新プログラムのロールアップ 3 で修正される問題

この更新プログラムは、次の問題を解決します。
  • ユーザーが Windows Server 2012 マイクロソフト更新をオプトインすることはできません。
  • エージェントは、実行アカウントの資格情報の検証後のイベントを記録しません。
  • であっても Windows PowerShell 3.0 をインストールするとセットアップ Windows PowerShell 3.0 は検出されません。

更新プログラムのロールアップ 3 を取得する方法

次のファイルは、Microsoft Update カタログからダウンロードです。


マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

メモ 最新の更新プログラムをシステム センターのアドバイザーを取得する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

更新プログラムのロールアップ 3 をインストールするための前提条件

この更新プログラムを適用するのには、システム センターのビルド番号1911年高い数値がコンピューターにインストールされているかのアドバイザーのバージョンが必要です。

システム センターのアドバイザーをダウンロードするのには、次の web サイトを参照してください。


再起動の必要性

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2819679 - 最終更新日: 04/07/2013 19:32:00 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft System Center 2012 Advisor
  • kbfix atdownload kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2819679 KbMtja
フィードバック