SID 履歴と共に移行したアカウントでメールボックスにログオンした場合、空き時間情報などの取得に失敗する

現象
Active Directory Migration Tool (ADMT) を使用し、SID 履歴付きでユーザー アカウントのフォレスト間の移行を行った場合、移行先フォレストのユーザー アカウント情報を使用し、移行元フォレストにあるの Exchange のメールボックスにログオンすることができます。
しかしながら、Outlook 2007 以降の Outlook を使用しているクライアントから接続した場合、以下の機能については Exchange Web Services (EWS) を利用しますが、EWS への接続に失敗し該当の機能を使用することができません。
  • 空き時間情報の取得
  • 自動応答の設定
  • 利用可能な会議室の取得 (Outlook 2010 以降)
  • メール ヒントの取得 (Outlook 2010 以降)

例として、この現象は以下のシナリオにおいて発生します。
  • フォレストA、フォレストB が存在しており、フォレスト A に Exchange 2010 が存在します。
  • ADMT を使用し、フォレストA からフォレスト B へ、SID 履歴付きでユーザー アカウントを移行します。
  • フォレスト B のユーザー アカウントの認証情報を使用し、フォレスト A にある Exchange 2010 のメールボックスへ、Outlook 2007 以降の Outlook でログオンします。

上記のシナリオにおいて、メールボックスへのログオンやメールの送受信には成功しますが、EWS を利用する機能については使用することができません。これは製品動作上の制限となります。
解決方法
該当のメールボックスを、リンクされたメールボックスへ変換し、移行先のユーザー アカウントをリンクされたアカウントとして関連付けることで、移行先ユーザー アカウントでのメールボックスへのログオン、および EWS の機能を使用することができます。
関連情報
リンクされたメールボックスへ変換する方法を参照するには次の技術情報をクリックしてください。

メールボックスをリンクされたメールボックスに変換する

自動検出サービスについて参照するには次の技術情報をクリックしてください。

自動検出サービスについて
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2819827 - 最終更新日: 03/07/2013 01:37:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard

  • kbtshoot KB2819827
フィードバック