もう存在しないか、Windows 8、Windows 8.1、Windows Server 2012 では、Windows Server 2012 R2 の共有フォルダーにアクセスしようとするとエラー メッセージの遅延

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2820470
現象
次のような状況を考えます。
  • フェールオーバー クラスタ リング機能がインストールされている Windows Server 2012 ベースまたは Windows Server 2012 R2 ベースのファイル サーバーがあります。
  • Windows 8、Windows 8.1、Windows Server 2012 では、または Windows Server 2012 R2 ベースのサーバー メッセージ ブロック (SMB) クライアント コンピューターがあります。
  • 存在しない共有フォルダーにアクセスしようとするとします。
このシナリオでは、画面に表示するエラー メッセージの約 60 秒間がかかります。
原因
この問題は、Windows Server 2012 で、継続的な可用性機能が導入されたために発生します。コンピューターは、共有フォルダーが共有フォルダーのフェイル オーバーがある場合に使用できるかどうかを確認するのにはより多くの時間を持つことができます。

これは、それに接続されるまで、クライアントが、共有の種類を認識できないために発生します。などのクライアントでは、スケール アウトの共有に接続しようとすると、それがわかりませんを共有共有では、スケール アウトに接続するまでです。クライアントでが早すぎるは、スケール アウトの 1 つまたは複数のノードが使用できない場合は、クライアントが正しくない情報の共有が存在しないことにあります。
解決方法
重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
Windows 8 または Windows Server 2012 では、この問題を解決するには、SMB クライアント コンピューターでこの資料に記載されている修正プログラムをインストールします。この修正プログラムはサイトでも Microsoft 更新プログラム カタログ.

Windows 8.1 ベースまたは Windows Server 2012 R2 ベースの SMB クライアント コンピューターでこの問題を解決するには、 DisableCARetryOnInitialConnectという名前の新しいレジストリ キーを作成し、レジストリ キーの値を設定します。 1 次の手順。
  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。または、マウスを使用している場合、画面の右下隅をポイントし、[検索] をクリックします。
  2. [検索] ボックスに、 regedit、の順にタップしたり、[ regedit] をクリックします。
    UAC管理者のパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。確認メッセージが表示されたら、確認を提供します。
  3. 探し、タップし、次のレジストリ サブキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkStation\Parameters
  4. [編集] メニューの [新規作成] をポイントや] をタップし、[ DWORD 値] をクリックします。
  5. タイプ DisableCARetryOnInitialConnect.
  6. プレス アンド ホールドや右クリック DisableCARetryOnInitialConnect、の順にタップし、変更] をクリックします。
  7. [値データ] ボックスで、次のように入力します。 1、の順にタップまたはOK です。
  8. レジストリ エディタを終了します。
DisableCARetryOnInitialConnectレジストリ キーを構成した後、継続的な可用性機能は、初期サーバー メッセージ ブロック (SMB) ツリーの接続の共有に対して実行されるコマンドは無効です。継続的な可用性機能を有効にするには、レジストリ キーの値を設定します。 0.

Windows 8 と Windows Server 2012 の修正プログラムの情報

Windows 8 ベースにこの修正プログラムをインストールした後または Windows Server 2012 ベースの SMB クライアント コンピューターで、 DisableCARetryOnInitialConnectという名前の新しいレジストリ キーが作成され、 1の値を持ちます。Windows 8.1 は、Windows Server 2012 R2 の新しいレジストリ キーを手動で設定があります。

Windows Server 2012 のインストールされている修正プログラムの機能を無効にする場合は、 DisableCARetryOnInitialConnectレジストリ キーの値を0に設定します。

このレジストリ エントリが有効になっていると最初の SMB ツリー接続の各共有に対して実行されるコマンドの継続的な可用性機能が無効になります。

注: <b>最初の SMB ツリー接続に向けて継続的に利用可能なファイル ・ サーバの各共有 (SMB ツリー接続)、非常に最初の共有接続では、SMB クライアント コンピューターを起動した後。

Windows 8 や 8.1 の Windows、Windows Server 2012 では、Windows Server 2012 R2 の DisableCARetryOnInitialConnect レジストリ キーを有効にした後

修正プログラムをインストールして、存在しないサーバー上の共有、継続的に利用可能なファイル (これは、永続的な処理をサポートしています) がなく、使用可能な共有、ツリーの接続継続的に正常に接続するとき、 DisableCARetryOnInitialConnectのレジストリ キーを構成した後すぐに障害が発生します。この現象には、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 での動作が似ています。


サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、必要があります、Windows 8 または Windows Server 2012 を実行します。

レジストリ情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

再起動の必要性

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows 8 と Windows Server 2012 のファイル情報のメモ
重要: 同じパッケージには、Windows 8 の修正プログラムおよび Windows Server 2012 の修正プログラムが含まれます。ただし、のみ"Windows 8"が修正プログラムの要求ページに記載されています。下に表示されている修正プログラムを選択する 1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、「Windows 8」のページにします。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP に適用されるファイルn)、区分 (LDR、GDR) は、次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることで識別できるとします。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.2.920 0.20 xxxWindows 8 およびWindows Server 2012RTMLDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされているそれぞれの環境には、します。 別に一覧表示 "Windows 8 と Windows Server 2012」セクションに追加のファイル情報です。MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
すべてのサポートされている x86 ベース バージョンの Windows 8
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Mrxsmb20.sys6.2.9200.20654168,4482013 年 3 月-06-04:03x86
すべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2012 と Windows 8 のサポートされていません。
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Mrxsmb20.sys6.2.9200.20654214,0162013 年 3 月-06-04:12x64


詳細
アプリケーション データのスケール アウト ファイル サーバーの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
ソフトウェア更新プログラム用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

追加ファイル情報

Windows 8 と Windows Server 2012 用に追加のファイル情報

サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 8 用追加ファイル
ファイルのプロパティValue
ファイル名X86_33b73b8fa71090f7c22b5e0ad52d449e_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20654_none_f881f7f0d07335b7.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ701
日付 (UTC)2013 年 3 月-06-
時刻 (UTC)16:44
ファイル名X86_483828ae891a90e85b6bd08c40a771f8_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20654_none_252474263edef0b3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ718
日付 (UTC)2013 年 3 月-06-
時刻 (UTC)16:44
ファイル名X86_microsoft-windows-d.tryoninitialconnect_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20654_none_f6247295e1064dbd.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ764
日付 (UTC)2013 年 3 月-06-
時刻 (UTC)06:02
ファイル名X86_microsoft windows smb20 minirdr_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20654_none_883011d77431ebfc.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ4,096
日付 (UTC)2013 年 3 月-06-
時刻 (UTC)05:50
追加ファイルをすべてサポート x 64 ベース バージョンの Windows Server 2012 と Windows 8
ファイルのプロパティValue
ファイル名Amd64_27c361edb8ceb2e99018204303c7c168_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20654_none_4b3e4ecd660642d0.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ722
日付 (UTC)2013 年 3 月-06-
時刻 (UTC)16:46
ファイル名Amd64_7a4146b36df937a362eed92da4ebabe9_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20654_none_b17f23449aa485c8.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ705
日付 (UTC)2013 年 3 月-06-
時刻 (UTC)16:46
ファイル名Amd64_microsoft-windows-d.tryoninitialconnect_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20654_none_52430e199963bef3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ766
日付 (UTC)2013 年 3 月-06-
時刻 (UTC)07:16
ファイル名Amd64_microsoft windows smb20 minirdr_31bf3856ad364e35_6.2.9200.20654_none_e44ead5b2c8f5d32.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ4,100
日付 (UTC)2013 年 3 月-06-
時刻 (UTC)07:33
SoFS では、スケール アウト、ファイル サーバー、STATUS_BAD_NETWORK_NAME

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2820470 - 最終更新日: 11/01/2015 02:48:00 - リビジョン: 7.0

Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows 8, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro

  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2820470 KbMtja
フィードバック