Windows Modules Installer サービスのタイムアウト時間、60 分を経過するまでシャットダウンが行われない

現象
Windows 7 または Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターをシャットダウンするとき、Windows Modules Installer サービスのプレシャットダウン処理が応答待ち状態となり、タイムアウト時間 (既定では60分) を経過するまで、シャットダウン処理が進まない場合があります。

この場合、以下のようなイベントがシステム ログに記録されます。
  • イベントの種類 : エラー
  • イベント ソース : Service Control Manager
  • イベント カテゴリ : なし
  • イベント ID : 7043
  • 説明 : Windows Modules Installer サービスは、プレシャットダウン コントロールを受け取った後に正しくシャットダウンされませんでした。
原因
Windows Modules Installer サービス (TrustedInstaller.exe) は、システム シャットダウン時に常にプレシャットダウン処理を行い、その一環としてすべてのセッションが終了するのを待ちます。このセッションは、OS のコンポーネントから Windows Modules Installer サービスへ要求を行われた際に作成され、要求された処理が完了した場合に終了します。

この問題は、Windows Modules Installer サービスのセッション管理方法に問題があり、実際にはアクティブなセッションが残存していないにも関わらず、残存していると誤って認識してしまう結果、プレシャットダウン処理でタイムアウトに達するまで応答待ちの状態に陥ることで発生します。
回避策
Windows Modules Installer サービスのプレシャットダウン処理のタイムアウト時間を変更することで、応答待ち状態となる時間を短くすることができます。

Windows Modules Installer サービスのプレシャットダウンのタイムアウト値を変更するには、以下の PreshutdownTimeout レジストリ値を変更します。

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  • キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\TrustedInstaller
  • 名前 : PreshutdownTimeout
  • 種類 : REG_DWORD
  • 既定値 : 36ee80 (3600000 ミリ秒)
: この変更を有効にするには、Windows Modules Installer サービスを再起動する必要があります。

PreshutdownTimeout レジストリ値を変更するには、以下の手順を実行します。

  1. レジストリ エディタ (Regedit) を起動します。
  2. 次のレジストリ キーを展開します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\TrustedInstaller
  3. TrustedInstaller を右クリックし、アクセス許可 をクリックします。
  4. グループ名またはユーザー名 の一覧から Administrators を選択し、フル コントロール にチェックを入れ、OK をクリックします。
  5. PreshutdownTimeout をダブルクリックし、値のデータ に新しいタイムアウト値を入力し、OK をクリックします。
  6. 再度 TrustedInstaller を右クリックし、アクセス許可 をクリックします。
  7. グループ名またはユーザー名 の一覧から Administrators を選択し、フル コントロール のチェックを外して、OK をクリックします。
詳細
プレシャットダウン タイムアウト時間を短縮した場合に想定される懸念点として、実際にアクティブなセッションが存在しており、トランザクション処理が行われているにも関わらず、タイムアウトによりそれが強制的に終了させられてしまう、という状況が発生する可能性があります。
ただし、Windows Modules Installer サービスおよびそれに対して要求を行う OS 側のコンポーネントは、セッションが不完全に終了した場合を考慮してトランザクション処理をロールバックする仕組みを備えています。このため、仮にトランザクション処理中にタイムアウトとなった場合もそれが致命的なエラーとなることはありません。
状況
マイクロソフトでは、この不具合をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の不具合であると認識しています。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2827854 - 最終更新日: 04/16/2013 11:04:00 - リビジョン: 2.1

Windows 7 Starter, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter

  • KB2827854
フィードバック