印刷された色が画面上の色と一致しないことがある

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP282897
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
カラー パターンやカラーのハーフトーンを含むドキュメントを印刷すると、出力されたドキュメントの色が画面に表示されている色と一致しないことがあります。
原因
この問題は、印刷に使用したプリンタで色補正 (Image Color Management; ICM) が有効になっている場合に発生します。
解決方法
この問題を解決するには、プリンタの色補正を無効にします。
  1. [スタート] - [コントロール パネル] の順にクリックし、次に [プリンタと FAX] の順にクリックします。
  2. 該当するプリンタを右クリックして [プロパティ] をクリックします。
  3. [印刷設定] をクリックして [詳細設定] をクリックし、色補正を無効にします。
: 色補正の設定オプションが構成できる場所や内容は、プリンタ ドライバごとに異なります。詳しくは、ご使用のプリンタの製造元にお問い合わせください。
状況
弊社では、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
重要 : ICM はオペレーティング システムに実装された機能です。ICM を利用すると、共通の色補正プロファイルを利用して、スキャナ、カメラ、コンピュータ画面、プリンタなどのデバイス間で色の差異を調整することができます。この機能を利用するためには、ご使用のプリンタの製造元から、プリンタ用の色補正プロファイルを入手してください。

この資料に記載されている製品は、弊社と関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性について、弊社はいかなる責任も負いかねます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 282897 (最終更新日 2001-08-10) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:282897 - 最終更新日: 12/05/2015 23:25:01 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows XP Professional Edition, Microsoft Windows XP Home Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbpending KB282897
フィードバック