Win98/MEのプロファイルをWinXPのドメインユーザープロファイルにアップグレードする

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP283253
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、ユーザー プロファイルを持つ Microsoft Windows 98 ベースまたは Microsoft Windows Millennium Edition ベースのクライアントを、Microsoft Windows XP ベースのクライアントにアップグレードする方法を説明します。以下の手順を使用することにより、処理全体を通じて Windows 98 および Windows Millennium Edition (Me) のプロファイルを保持できます。
詳細
プロファイルを保持する最善の方法は、アップグレード インストール プロセス中にドメインに参加することです。ドメインに参加しない場合は、回避策を使用してプロファイル情報を Windows XP プロファイルに転送する必要があります。

アップグレード インストール プロセス中のネットワーキング セクションで、管理者にドメインまたはワークグループのいずれに参加するかの選択肢が表示されます。この時点でドメインに参加すると、既存のすべてのプロファイルが Windows XP ベースのインストールに正しく移行されることが保証されます。

アップグレード プロセス中にコンピュータをドメインに参加させなかった場合は、以下の回避策を使用する必要があります。
  1. アップグレードしたコンピュータを対象となるドメインに参加させます。
  2. 適用可能なユーザー名でログオンし、ログオフする必要があります。この結果、プロファイルが生成されます。
  3. 適切な Application Data フォルダを、Windows 95、Windows 98、および Windows Me のプロファイルから、新しく作成したユーザー プロファイルにコピーします。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 283253 (最終更新日 2001-08-28) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:283253 - 最終更新日: 01/12/2015 17:18:41 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbupgrade kbenv winxpnckb KB283253
フィードバック