1366 x 768 の画面解像度は、Windows Server 2008 R2 で実行されている RemoteApp アプリケーションを使用すると、タスク バーが非表示に

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2835429
現象
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで、リモート デスクトップ セッション ホストの役割サービスをインストールします。
  • コンピューター上の RemoteApp アプリケーションを発行します。たとえば、Notepad.exe は RemoteApp アプリケーションとして構成します。
  • Windows 7 ベースまたは Windows 8 ベースのクライアントでは画面の解像度 1366 x 768 に設定します。
  • RemoteApp アプリケーションを起動するには、クライアントから。
  • それが起動すると、RemoteApp アプリケーション最大化します。

このシナリオでは、RemoteApp アプリケーションのウィンドウは、実際の作業領域ではなく、デスクトップ全体を消費するため、タスク バーは表示されません。
原因
この問題はクライアント側とサーバー側の作業領域の間に、解決の不一致があるために発生します。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、この資料に記載されている問題が発生しているシステムのみに適用してください。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービスおよびサポートの電話番号の一覧を入手、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトに移動します。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) を実行している必要があります。Windows Server 2008 R2 service pack の入手方法の詳細についてを参照してください。 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用 Service Pack 1 に関する情報.

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に記載されている属性を持つファイルをインストールします。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル コンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は、夏時間 (DST) が調整されたローカル時刻で表示されます。さらに、これらのファイルに対して特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更される場合があります。
Windows Server 2008 R2 のファイル情報のメモ
重要Windows 7 の修正プログラムと Windows Server 2008 R2 の修正プログラムとは、同じパッケージに含まれています。修正プログラムのダウンロード ページでは、両方のオペレーティング システムの下に修正プログラムが一覧表示されます。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージをダウンロードするには、ページ上で「Windows 7/Windows Server 2008 R2」の下に表示される修正プログラムを選択します。必ず記事中の 「適用先」セクションを参照し、各修正プログラムを適用する実際のオペレーティング システムを決定してください。
  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SP を適用するファイルn)、および、サービスの支社 (LDR、GDR) は、次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。
    バージョン製品SR_Level区分
    6.1.760 122xxxWindows Server 2008 R2SP1LDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) はインストールされているそれぞれの環境には、 別に記載 「Windows Server 2008 R2 追加のファイル情報」に記載します。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 のすべての
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Wksprt.exe6.1.7601.22298249,3442013/04/1304:11x64
Mstsc.exe6.1.7601.222981,119,2322013/04/1304:11x64
Mstsc.mof該当なし1,1992010-12-11 月23:42該当なし
Aaclient.dll6.1.7601.22298158,7202013/04/1305: 18x64
Aaclient.mof該当なし1,26110-6 月-200920:31該当なし
Mstscax.dll6.1.7601.222983,718,6562013/04/1305: 22x64
Mstscax.mof該当なし2,05410-6 月-200920: 34該当なし
Tsgqec.dll6.1.7601.2229844,0322013/04/1305:24x64
サポートされているすべての Windows Server 2008 R2 の IA 64 ベースのバージョンについては
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Wksprt.exe6.1.7601.22298456,7042013/04/1303:48IA-64
Mstsc.exe6.1.7601.222981,702,9122013/04/1303:48IA-64
Mstsc.mof該当なし1,1992010-12-11 月23:42該当なし
Aaclient.dll6.1.7601.22298339,9682013/04/1304:33IA-64
Aaclient.mof該当なし1,26110-6 月-200920:36該当なし
Mstscax.dll6.1.7601.222986,309,3762013/04/1304:36IA-64
Mstscax.mof該当なし2,05410-6 月-200920:38該当なし
Tsgqec.dll6.1.7601.2229897,7922013/04/1304:39IA-64


状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

追加のファイル情報

Windows Server 2008 R2 に追加のファイル情報

追加ファイルをすべてサポート x 64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 の
ファイル名Amd64_microsoft-windows t.es workspaceruntime_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22298_none_84c2405f0d3ccd64.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ10,551
日付 (UTC)2013/04/13
時刻 (UTC)05:53
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows t.minalservicesclient_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22298_none_ac395337511223f2.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ21,624
日付 (UTC)2013/04/13
時刻 (UTC)05: 55
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows t.s clientactivexcore_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22298_none_8e4b0d5ef5a2ca71.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ131,895
日付 (UTC)2013/04/13
時刻 (UTC)05:57
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows t.minalservicesclient_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22298_none_b68dfd898572e5ed.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ13,023
日付 (UTC)2013/04/13
時刻 (UTC)05: 13
プラットフォーム該当なし
Windows Server 2008 R2 のすべての IA64 ベース バージョンでサポートされる追加ファイル
ファイル名Ia64_microsoft-windows t.es-workspaceruntime_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22298_none_28a548d154dd652a.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ10,549
日付 (UTC)2013/04/13
時刻 (UTC)05:16
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-windows t.minalservicesclient_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22298_none_501c5ba998b2bbb8.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ21,621
日付 (UTC)2013/04/13
時刻 (UTC)05: 18
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-windows t.s clientactivexcore_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22298_none_322e15d13d436237.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ131,892
日付 (UTC)2013/04/13
時刻 (UTC)05: 18
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows t.minalservicesclient_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22298_none_b68dfd898572e5ed.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ13,023
日付 (UTC)2013/04/13
時刻 (UTC)05: 13
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2835429 - 最終更新日: 04/19/2014 05:31:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 R2 Standard

  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbbug kbmt KB2835429 KbMtja
フィードバック