現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP SP3 および Windows Server 2003 SP2 で CSP 署名の Authenticode 署名を許可する更新プログラムが利用可能です。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2836198
概要
この資料では、Windows XP Service Pack 3 (SP3) または Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピューターの暗号化サービス プロバイダー (CSP) の署名の更新認める Authenticode 署名を説明します。更新プログラムをインストールした後は、カーネル モードの Authenticode コード署名、サード ・ パーティ製の CSP に署名するプロセスを使用できます。

注: <b>Authenticode コード署名プロセスを使用すると、サード パーティの製造元は、コード署名を証明機関 (VeriSign など)、Microsoft によって認められる証明書を発行できます。サード パーティの製造元では、バイナリ ファイルに署名するのに証明書を使用することができます。間のルートの certificatesare は、Microsoft によって署名されて、ためマイクロソフトでは、証明書を認識できます。さらに、公開キーと Microsoft 間の署名証明書のサブジェクト名にハードコードされて Windows にします。したがって、公開キーとサブジェクト名は Windows バイナリ ファイルの Authenticode 署名の整合性をチェックするとき。
詳細

この更新プログラムの入手方法

Microsoft ダウンロード センター
次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows XPダウンロードダウンロード パッケージ
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows XPダウンロードダウンロード パッケージ
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows Server 2003ダウンロードダウンロード パッケージ
サポートされているすべての Windows Server 2003 の x64 ベースのバージョンダウンロードダウンロード パッケージ
サポートされているすべての IA 64 ベースのバージョンの Windows Server 2003ダウンロードダウンロード パッケージ
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、必要があります、Windows XP SP3 または Windows Server 2003 SP2 を実行します。Windows Server 2003 service pack、Windows XP Professional x64 Edition service pack の入手方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
889100 Windows Server 2003 用の最新 service pack の入手方法

レジストリ情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

再起動の必要性

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows XP および Windows Server 2003 のファイル情報のメモ
  • ファイルの他これらのテーブルに記載されている、この修正プログラムもインストール関連セキュリティ カタログ ファイル (KB番号.cat) マイクロソフトのデジタル署名で署名されています。
  • この更新プログラムは、Windows XP SP3 の LDR サービス ブランチのバイナリ ファイルが含まれていますが、Windows XP SP3 の GDR サービス ブランチのバイナリ ファイルが含まれていません。これは仕様です。Windows XP のすべての将来の更新は、Windows XP SP3 の LDR サービス ブランチのバイナリ ファイルだけにも格納されます。
Windows XP のすべてのサポートされているバージョンの
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Advapi32.dll5.1.2600.6379618,4962013 年 4 月-12-12:37x86SP3SP3GDR
Advapi32.dll5.1.2600.6379618,4962013 年 4 月-12-12:36x86SP3SP3QFE
Updspapi.dll6.3.13.0382,8402010 年 7 月-05-13:16x86なし該当なし
すべての x86 ベース バージョンの Windows Server 2003 をサポート
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Advapi32.dll5.2.3790.5148620,0322013 年 4 月-12-12:44x86SP2SP2GDR
Advapi32.dll5.2.3790.5148620,0322013 年 4 月-12-12:43x86SP2SP2QFE
Updspapi.dll6.3.4.1379,1842010 年 7 月-08-14:23x86なし該当なし
すべての x64 ベース バージョンの Windows XP および Windows Server 2003 のサポートされている.
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Advapi32.dll5.2.3790.51481,053,6962013 年 4 月-12-10:22x64SP2SP2GDR
Wadvapi32.dll5.2.3790.5148620,0322013 年 4 月-12-10:22x86SP2WOW
Advapi32.dll5.2.3790.51481,066,4962013 年 4 月-12-10:19x64SP2SP2QFE
Wadvapi32.dll5.2.3790.5148620,0322013 年 4 月-12-10:19x86SP2WOW
Updspapi.dll6.3.4.1462,1282013 年 4 月-12-10:23x64なし該当なし
すべての IA 64 ベースのバージョンの Windows Server 2003 をサポート
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Advapi32.dll5.2.3790.51481,483,2642013 年 4 月-12-10:22IA-64SP2SP2GDR
Wadvapi32.dll5.2.3790.5148620,0322013 年 4 月-12-10:22x86SP2WOW
Advapi32.dll5.2.3790.51481,484,2882013 年 4 月-12-10:19IA-64SP2SP2QFE
Wadvapi32.dll5.2.3790.5148620,0322013 年 4 月-12-10:19x86SP2WOW
Updspapi.dll6.3.4.1655,1522013 年 4 月-12-10:23IA-64なし該当なし
状況
マイクロソフトでは、この問題を対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2836198 - 最終更新日: 06/11/2016 19:56:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Windows XP Service Pack 3, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2

  • kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew atdownload kbmt KB2836198 KbMtja
フィードバック
html>