現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ドライバのロール バック機能の使用方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP283657
概要
この資料では、Microsoft Windows XP の新機能であるドライバのロール バック機能について説明しています。
詳細
ドライバのロール バック機能により、デバイス ドライバを、以前にインストールされていたデバイス ドライバのバージョンに交換することができます。新しいデバイス ドライバをインストールして、コンピュータの状態が不安定になった場合に、この機能を使用できます。ドライバのロール バック機能を使用すると、以前のデバイス ドライバを復元 (ロール バック) し、コンピュータを使用し続けることができます。

この機能を使用するには、以下の手順を実行します。
  1. デバイス マネージャを起動します。
  2. ドライバを復元するデバイスをダブルクリックします。
  3. [ドライバ] タブをクリックし、[ドライバのロール バック] ボタンをクリックします。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 283657 (最終更新日 2001-08-28) をもとに作成したものです。

roll back rollback
プロパティ

文書番号:283657 - 最終更新日: 10/29/2001 10:26:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows XP Professional Edition, Microsoft Windows XP Home Edition

  • kbhowto kbtool kbhardware kbenv kbhw KB283657
フィードバック