ミニダンプ ファイルの作成に失敗する現象

現象
システムで Stop エラー 0x80 (NMI_HARDWARE_FAILURE) が発生した際に、ミニダンプ ファイルの作成に失敗する場合があります。
この現象が発生すると、メモリ ダンプ ファイルは正常に作成されているにも関わらず、ミニダンプファイルは %SystemRoot%\Minidump に作成されません。
  • Stop エラー 0x7F (UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP) および Stop エラー 0x9c (MACHINE_CHECK_EXCEPTION) が発生した際にも、ミニダンプ ファイルの作成に失敗する可能性があります。
  • 主に x64 環境で発生しますが、x86 環境でも発生する可能性があります。

さらに、次のエラー イベントが、システム ログに記録されます。

ログの名前: System
ソース: Microsoft-Windows-WER-SystemErrorReporting
日付: xxxx/xx/xx xx:xx:xx
イベント ID: 1005
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
説明:
完全ダンプ ファイルからミニダンプ ファイルを作成できませんでした。

原因
Stop エラー発生後に Werfault.exe は、作成されたメモリ ダンプ ファイルから最小限の情報を抽出し、ミニダンプ ファイルを作成しますが、ミニダンプ ファイル作成ロジックの問題により失敗する場合があります。
解決方法
ミニダンプ ファイルに含まれる情報は全てメモリ ダンプ ファイルにも含まれています。
障害発生時の原因調査の際には、メモリ ダンプ ファイルをご利用ください。
この問題が発生しても、メモリ ダンプ ファイルの内容に異常はありません。
回避策
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2843811 - 最終更新日: 05/14/2013 11:18:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows 8, Windows 8 Pro, Windows 8 Enterprise

  • KB2843811
フィードバック