対象のサポート範囲でのプロジェクトと Project Server を期待

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2844167
概要
技術サポート チームを問題解決のシナリオで、お客様をサポートします。つまり、エラー メッセージが表示するかどうか、または予期しない結果が正しくないあたりの製品機能、製品の表示方法を理解を切断し、修正する必要があります。無料のリソースのオプションのいずれかで答えが見つからない場合は、サポート ・ エンジニアは、問題の解決方法を検索するのには動作する、サポート インシデントを開始できます。

マイクロソフトのサポートは、サポートを受けるため、お客様に複数のオプションを提供します。次のリンクでは、オプションについて説明しをサポートするその他のリンクを提供します。 http://support.microsoft.com/gp/Microsoft-support-options/en-us

プロジェクトと Project Server の有償のテクニカル サポートに関しては、特定のサポートの範囲を説明します。

セクション 1: セットアップ

次の例では、セットアップをサポートするためのガイドラインの範囲内です。

·ユーザー マニュアルで説明したように、プロジェクトまたはプロジェクトのサーバーのインストールに役立ちます。

·設定を確認する、少なくとも 1 つのユーザーは、エラーが発生せずプロジェクトとプロジェクトのサーバーにログインできます。

·配布メディアの整合性をローカルにファイルをコピーし、ローカル ディレクトリからテストのインストールを確認します。



次の例は、セットアップをサポートするためのガイドラインを超えています。

·オペレーティング システムのインストールをサポートは、問題が特定のオペレーティング システムと判断された場合、ボックスに表示されません。

·インストールで管理されているセットアップ ファイルまたは議事録の変更をサポートします。

·ファイルを次のようにシステムの変更 * .bat、*.sys、*.ini、*.dat ファイルです。



セクション 2:マクロ、VISUAL BASIC のアプリケーション (VBA) およびプロジェクト データ サービス (PDS) またはプロジェクト Server インターフェイス (PSI) のコーディング

カスタマイズの来る「多くの場合、問題解決問題定義を使用することはありません。ただし、テクニカル サポート チームに問題が発生した場合に前方に移動するため、サポートの範囲内で動作します。ただし、カスタマイズを削除し、問題を絞り込むことができるために、問題が解決しないかどうかはどうかを確認することを願い可能性があります。カスタマイズの問題の原因が見つかった場合、問題で、ドキュメント、または特定のプログラミング方法が記載されているとおりに機能していないかどうかを確認するのにはお客様と協力していきます。数行のコード (15 行) のトラブルシューティングを続行するのには問題を再現できることに問題を特定するよう要求する必要があります。

プロジェクトと Project Server 内でマクロまたは VBA とコードの主なサポートのためのガイドラインの範囲内にある例を次に示します。

サポート ・ エンジニアが行います。

·構文や、組み込みの VBA やマクロのコマンドを使用して、正しい構文だけではコードの問題の行を調べることを含むのパラメーターについて説明します。

·直面している問題は、バグの結果を確認します。文書化されている回避策を提供します。マクロが正常に機能しないが発生するプログラミング ロジックの問題をトラブルシューティングするこれは含みません。

·機能と VBA の編集環境、オブジェクト ブラウザー、マクロの記録、ヘルプ ファイル、デバッグおよびコードの管理ツールなどの機能について説明します。

·マクロのコードをステップ実行などの VBA プロシージャのデバッグに関連する基本の概念を説明します。

·既存のサンプル マクロで問題を解決できるかどうかを決定します。

·単純なタスクを自動化するマクロの記録機能を使用する手順をデモンストレーションします。

·Visual Basic for Applications を無効にする方法をデモンストレーションします。

·作成し、サンプル マクロでは、問題に特有の 15 行のコードを記述します。これは、編集、または既存の顧客のマクロを変更するには含まれません。

PDS または PSI を使用してカスタマイズを開発

・ サポート ・ エンジニアは目標を理解します。

·参照してくださいは目標では、そのことができる場合、ユーザー インターフェイス経由で確立するためにチェックします。
  • ProjTool で目標が実現する場合をテストします。ProjTool コード公開されているプロジェクトのサーバー ソフトウェア開発キットで (v=office.14) を http://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/gg446880
  • 特定のメソッドまたは関数をテストするために問題を絞り込みます。必要がありますお願いして先に進むことができます前に、問題を特定する場所です。
追加の開発者向けリソース
プロジェクト開発センター- http://msdn.microsoft.com/en-us/office/aa905469.aspx

次の例は、マクロまたは VBA サポートのガイドラインを超えています (OD をサポートするために上記を除く)。

·論理エラーを識別するなど、お客様のコードをデバッグします。

·API 呼び出しの構文のサポートは、適切なソフトウェア開発キット (SDK) を使用することが可能です。

·お客様のアプリケーションに固有のコードを記述します。

·既知のバグの回避策をユーザー設定を作成します。

·文書化されていないコマンドまたはコマンドの使用方法をサポートします。





セクション 3: ODBC または ole DB (プロジェクト 2007年と 2010 のみ)

次の例では、ODBC または ole DB をサポートするためのガイドラインの範囲内です。

·ODBC または ole DB ドライバーが正しくインストールされていることを確認します。

·非 ODBC ツールでは可能であれば、別のツールを使用して、顧客を接続できるかどうかを決定します。

·ODBC または ole DB ドライバーとの接続性に関連するバグを特定します。

次の例は、ODBC または ole DB をサポートするためのガイドラインを超えています。

·マイクロソフト以外の指定された ODBC ドライバーの接続に関する問題のトラブルシューティングを行います。

·ODBC 接続では、SQL 構文をトラブルシューティングします。



セクション 4: インターネットの WEB - SHAREPOINT

次の例では、インターネット、Web、および SharePoint のサポートのガイドラインの範囲内です。

·ドキュメント内のハイパーリンク フィールドの作成を示してください。

·できますを入手、汎用的な URL (www.microsoft.com) をお客様のブラウザーのアドレス行に入力して確認してください。

·SharePoint Server サービスのインストールを支援します。などの web サイトを拡張する、構成データベースとコンテンツ データベースを設定する構成ウィザードを実行しています。

·新しい web サイトを作成して、SharePoint で使用するために拡張することです。

次の例は、インターネット、Web、および SharePoint のサポートのためのガイドラインを超えています

·お客様がユーザー設定のリンクを作成するのにはレジストリを変更する問題のトラブルシューティングを行います。

·HTML または ASP では、顧客を作成または変更のトラブルシューティングを行います。

·お客様の Web サーバーまたはインターネット接続の問題のトラブルシューティングを行います。



セクション 5: [アドインおよびサード ・ パーティ

アドインやサード ・ パーティのサポートのガイドラインの範囲内は、次の例です。

·既知の競合、バグ、または、サード パーティ製のアドインのサポートの連絡先を確認します。

次の例では、アドインやサード ・ パーティのサポートのガイドラインを超えています。

·サード ・ パーティ製のすべての項目は、ベンダーによってサポートされます。サポートの連絡先情報については、アプリケーションのヘルプ ファイルを参照してください。
詳細
サーバー プログラミングのヘルプ ファイルをプロジェクトには、次の場所を設立できます。

Project 2013 開発者向けドキュメント (v=office.15) を http://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/ms512767

2010 SDK のドキュメントをプロジェクト(office.14) を http://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/ms512767

プロジェクト 2007 SDK (office.12) を http://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/ms512767
PSVR2010、psvr2013、psvr2007、PJO、Proj2007、proj2010、proj2013

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2844167 - 最終更新日: 05/06/2016 10:50:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Project Online, Microsoft Project 2013 Standard, Microsoft Project 2013 Professional, Microsoft Project Server 2013, Microsoft Project Standard 2010, Microsoft Project Professional 2010, Microsoft Project Server 2010, Microsoft Office Project Standard 2007, Microsoft Office Project Professional 2007, Microsoft Office Project Server 2007, Microsoft Project for Office 365

  • kbmt KB2844167 KbMtja
フィードバック