スキーマの更新では、Active Directory のスキーマに対する書き込みアクセス権を必要とします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:285172
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されます。 2010 年 7 月 13日両端の Windows 2000 をサポートします。 は、 Windows 2000 のサポート終了のソリューション センター Windows 2000 から移行の計画の開始点です。詳細については、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、スキーマの更新について説明します。

重要です: この資料には、Active Directory スキーマの変更に関する情報が含まれます。問題が発生する場合は、システム バックアップ、または再インストール、システムのデータを回復する唯一の方法があります。

注意: 変更がフォレスト全体で発生して、オブジェクトと、スキーマに追加する属性を削除できませんので、Active Directory スキーマに変更を加える場合、細心の注意をしてください。

Active Directory スキーマの変更またはスキーマへの書き込みアクセス権が必要です。これは、「スキーマ更新の許可」のレジストリ キーによって有効になります。スキーマの更新、スキーマ管理コンソールを使用して、またはレジストリで直接設定できます。スキーマの更新は、スキーマ マスターの役割を保持しているドメイン コント ローラーでのみ有効にできます。
詳細
重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

スキーマの更新は、スキーマ管理コンソールを使用して、またはレジストリを編集して有効にできます。

スキーマを有効にするのには、スキーマ管理コンソールを使用してに更新されます。

  1. コマンド プロンプトで入力します。
    regsvr32 schmmgmt.dll
    メモ。 RegSvr32 がされましたが登録されている、 DllRegisterServer schmmgmt.dll の成功で ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. クリックして、新しい管理コンソールを開く 開始をクリックして 実行、し、入力します。
    MMC
  3. で、 コンソール メニューをクリックして 追加またはスナップインの削除.
  4. クリックしてください。 追加 開くには [スタンドアロン スナップインの追加します。 ダイアログ ボックスです。
  5. クリックしてください。 Active Directory スキーマ、し 追加.
  6. 追加/削除スナップイン「active Directory スキーマ」が表示されます。クリックしてください。 閉じる、し [OK] コンソールに戻ります。
  7. クリックしてください。 Active Directory スキーマ ので、 クラス属性 セクションは、右側に表示されます。
  8. 右クリックします。 Active Directory スキーマ クリックして 操作マスター.
  9. オンにし、 このドメイン コント ローラーでスキーマを変更可能性があります。 チェック ボックスします。クリックしてください。 [OK]、し、コンソールを終了します。
スキーマは、スキーマ操作マスターの役割を保持しているドメイン コント ローラーで更新されます。

レジストリを使用してスキーマの更新を有効にするには。

「スキーマ更新の許可」のレジストリ キーを直接編集してスキーマの更新を有効にするのには、この方法はお勧めしません。スキーマの更新、コンソール メソッドを通じて、可能な限り有効にする必要があります。何らかの理由で、コンソール メソッド使用できない場合は、次のレジストリ キーを直接編集することができます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters

このレジストリ キーを直接編集するには、次の手順に従います。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、し、 ファイルを開く ボックスに、入力:

    レジストリ エディター

    ENTER キーを押します。
  2. 見つけて、次のレジストリ キーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters
  3. で、 編集 メニューをクリックして 新しい、し DWORD 値.
  4. 次のレジストリ値が表示されている場合、[値のデータを入力します。
    値の名前: スキーマ更新の許可
    データ型: REG_DWORD
    ベース: バイナリ
    [値のデータ: の種類 1 この機能を有効にするか 0 (それを無効にするのには 0) です。
  5. レジストリ エディターを終了します。
スキーマは、スキーマ操作マスターの役割を保持しているドメイン コント ローラーで更新されます。

詳細情報:

オンにすると、 このドメイン コント ローラーでスキーマを変更可能性があります。 ない場合チェック ボックスは、コンソールに「スキーマ更新の許可」のレジストリ値を追加します。

オフにするをクリックすると、 このドメイン コント ローラーでスキーマを変更可能性があります。 「スキーマ更新の許可」レジストリ値は 0 には、チェック ボックスの設定が、値は削除されません。

Active Directory スキーマの詳細については、ことがありますの第 4 章では、 Windows 2000 Server 分散システム ガイド、Windows 2000 Server リソース キットの一部になります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:285172 - 最終更新日: 12/05/2015 23:50:58 - リビジョン: 4.0

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbregistry kbschema kbenv kbmt KB285172 KbMtja
フィードバック