現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

64 ビット モードでは、SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2008 の SSIS パッケージを実行することはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2853715
現象
Microsoft SQL Server 2008 R2 または Microsoft SQL Server 2008年では、Microsoft SQL Server の統合サービス (SSIS) パッケージを作成することを前提としています。64 ビット モードでパッケージを実行すると、パッケージを実行することはできませんを見つけます。さらに、1 つまたは複数のタスクやパッケージ内のコンポーネントによって、次のエラー メッセージが表示されます。
  • パッケージには、ADO.Net のソースが含まれます。

    エラー:タイム ・ スタンプ>
    コード: 0xC0047062
    ソース: ADO NET ソース [1] のタスクのデータのフローします。
    説明: System.InvalidCastException: キャストは有効ではありませんを指定します。
    Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.DataReaderSourceAdapter.GetSqlCommand() で
    Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.DataReaderSourceAdapter.Validate() で
    Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.ManagedComponentHost.HostValidate (IDTSManagedComponentWrapper100 ラッパー) に
    終了エラー
  • パッケージには、XML ソースが含まれます。

    [XML ソース [1]エラー:「コンポーネント「XML ソース」(1)」「アクセス モード」の必須のプロパティがありません。オブジェクトは、指定したカスタム プロパティが必要です。
    [SSIS。パイプライン] エラー:「コンポーネント「XML ソース」(1)」が検証に失敗し、検証状態"VS_ISCORRUPT"が返されました。
  • パッケージには、メール送信タスクが含まれます。

    エラー:タイム ・ スタンプ>
    コード: 0xC0014005
    ソース:
    説明:"「SMTP 接続マネージャー」の接続マネージャーで指定した、接続型 SMTP"は、有効な接続マネージャーの種類として認識されません。接続マネージャーに不明な接続の種類を作成しようとすると、このエラーが返されます。接続の種類の名前のスペルをチェックします。
    終了エラー
メモ 32 ビット モードでパッケージを実行すると、パッケージが正常に実行されます。
原因
SSIS タスクやコンポーネントで使用される固有の Microsoft.NET Framework アセンブリのネイティブ 64 ビット イメージが破損するため、問題が発生します。例を示します。

  • ADO.NET の.NET Framework のアセンブリ Microsoft.SqlServer.ADONETSrc.dll です。このため、ネイティブ イメージ Microsoft.SqlServer.ADONETSrc.ni.dll が破損します。
  • XML ソースは、.NET Framework アセンブリは Microsoft.SqlServer.XMLSrc.dll です。このため、ネイティブ イメージ Microsoft.SqlServer.XMLSrc.ni.dll が破損します。
  • SMTP 接続は、.NET Framework アセンブリは Microsoft.SqlServer.SendMailTask.dll です。このため、ネイティブ イメージ Microsoft.SqlServer.SendMailTask.ni.dll が破損します。
解決方法
この問題を解決するのには、次の方法のいずれかを使用します。

  • 方法 1

    ネイティブ アセンブリをアンインストールしてから、ネイティブ アセンブリを使用して再インストールします。 ngen command.

    Microsoft.SqlServer.ADONETSrc.dll ネイティブ アセンブリのイメージを再インストールをアンインストールするのには、次の手順を実行します。
    1. アセンブリのネイティブ イメージは、次のようなコマンドを使用してアンインストールしてください。
      ngen uninstall "Microsoft.SqlServer.ADONETSrc, Version=10.0.0.0"
    2. ネイティブ イメージが存在しないことを確認するネイティブ アセンブリのイメージ情報を表示します。
      ngen display "Microsoft.SqlServer.ADONETSrc, Version=10.0.0.0"
    3. 次のようなコマンドを使用してアセンブリのネイティブ イメージをインストールします。
      ngen install "Microsoft.SqlServer.ADONETSrc, Version=10.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91"
    4. ネイティブ イメージがインストールされていることを確認するのには、ネイティブ イメージ情報を表示します。
      ngen display "Microsoft.SqlServer.ADONETSrc, Version=10.0.0.0"
  • 方法 2
    SQL Server の統合サービスは、エラーが発生したコンピューターに再インストールします。

詳細
.NET Framework アセンブリのネイティブ イメージの詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) ブログ web サイトを参照してください。

ネイティブ イメージ ジェネレーター (Ngen.exe) の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。メモ Ngen.exe は、Microsoft Visual Studio のコマンド ツールの一部です。正しいプラットフォームを選択する必要があります。たとえば、64 ビットまたは 32 ビットのプラットフォームを選択する必要があります。Visual Studio のインストールを持たないコンピューターでは、Ngen.exe の適切なファイルを Visual Studio のインストールである開発コンピューターからコピーできます。または、Ngen.exe を使用してインストールすることができます。Windows SDK.

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2853715 - 最終更新日: 06/06/2013 18:39:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2008 Integration Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Integration Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseadvanced kbmt KB2853715 KbMtja
フィードバック
eElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">