現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

リソースおよび Exchange ActiveSync のセルフ サービスの管理

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2857798
概要
この資料には、リソース、および Microsoft Exchange ActiveSync (EA) の利用可能なセルフ サービスの管理に関する情報が含まれています。機能および EA は、および特定の問題のトラブルシューティングの手順の管理に関する情報が含まれています。

専用の Microsoft Office 365 と ITAR には、デバイスのサポートを提供しません。デバイスの特定のブランドに関連する問題については、デバイスの製造元にサポートを問い合わせてください。EA を使用しているサービスにモバイル デバイスを接続しようとするときに問題が発生した場合に大文字と小文字をエスカレートします。マイクロソフトのサポート ヘルプを表示します。
詳細

大要

EA 機能とセキュリティの概要については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

EA のセルフ サービス

次の表は、EA のセルフ サービスの管理に使用可能な役割をまとめたものです。

セルフ サービスの役割ロールの説明。
EA は、ユーザーの設定このセキュリティ グループのメンバーでは、表示でき、EAS ポリシーに割り当てられているメールボックスを変更することができます。
EAS ポリシー エディターこのセキュリティ グループのメンバーは、作成、変更、activesync メールボックス ポリシーを削除し、およびデバイスのリストを許可、ブロック、または検疫の組織の設定を設定ことができます。
EA は、デバイスを無効にEA は、デバイスのワイプは、次回デバイスが Exchange Server を実行しているサーバーに接続するすべてのデータを削除するのには携帯電話を設定するのには Exchange サーバーを使用できます。
いくつかの EA は、タスクを実行できる Exchange コントロール パネル (ECP) でリモートの Windows PowerShell セッションを orin。次の表には、EA の一般的なタスクのメソッドを使用することができますがについて説明します。

タスクとアクションExchange コントロール パネル (ECP)リモート PowerShellRemotePowerShell コマンドレットRemotePowerShell コマンドレットについて
ActiveSync ポリシーの表示
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、ユーザーの設定
  • EA は、デバイスを無効に
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、ユーザーの設定
  • EA は、デバイスを無効に
  • Get ActiveSyncMailboxPolicy
作成、変更、および ActiveSync ポリシーを削除します。
  • EAS ポリシー エディター
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、デバイスを無効に
  • 新しい-ActiveSyncMailboxPolicy
  • セット ActiveSyncMailboxPolicy
  • 削除 ActiveSyncMailboxPolicy
ActiveSync デバイス アクセス ルールを表示します。
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、ユーザーの設定
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、ユーザーの設定
  • Get ActiveSyncDeviceAccessRule
作成、変更、および ActiveSync デバイス アクセス ルールを削除します。
  • EAS ポリシー エディター
  • EAS ポリシー エディター
  • 新しい-ActiveSyncDeviceAccessRule
  • セット ActiveSyncDeviceAccessRule
  • 削除 ActiveSyncDeviceAccessRule
表示し、検疫のデバイスを管理
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、ユーザーの設定
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、ユーザーの設定
  • Get CASMailbox
  • セット CASMailbox
ActiveSync の組織の設定を表示します。利用できません。
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、ユーザーの設定
  • Get ActiveSyncOrganizationSettings
利用できません。
ActiveSync パートナーシップを削除します。利用できません。
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、デバイスを無効に
  • EA は、ユーザーの設定
  • 削除 ActiveSyncDevice
ActiveSync デバイスからデータを削除します。利用できません。
  • EA は、デバイスを無効に
  • クリア ActiveSyncDevice
ActiveSync デバイスの統計情報を表示します。利用できません。
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、ユーザーの設定
  • (Exchange 2010)Get ActiveSyncDeviceStatistics
  • (Exchange 2013)Get MobileDeviceStatistics
デバイスのリモート ワイプ利用できません。
  • EA は、デバイスを無効に
  • クリア ActiveSyncDevice
ActiveSync のデバイスを表示します。利用できません。
  • EAS ポリシー エディター
  • EA は、デバイスを無効に
  • EA は、ユーザーの設定
  • Get ActiveSyncDevice

EA は、デバイスへのアクセスを許可、ブロック、または検疫リスト (デバイス アクセス ルール) を使用して制御する方法に関する詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。
EA のメールボックス ポリシーの詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
、リモート デバイス ワイプを実行する方法に関する詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。

EA は、特定のトラブルシューティングの問題します。

に関する情報は、マイクロソフト サポート技術情報に関する問題のトラブルシューティング、seefollowing を知られています。
  • 2505570 モバイル デバイスを Exchange ActiveSync (EA) を接続することはありません。
  • 2563324 Microsoft Exchange ActiveSync およびサード ・ パーティ製のデバイスとの現在の問題
  • 2810886 専用の Office 365 の管理された環境でユーザーのドメイン アカウントがロックアウトします。
EA は、メールボックスのログ出力が有効にするユーザーが Microsoft Outlook Web App (OWA) を使用するか、管理者がセット CASMailboxコマンドレットを使用しています。EA は、ユーザーの設定と EAS ポリシー エディターの役割のメンバーでは、EA は、メールボックスがリモート PowerShell を使用してログ記録を有効にできます。これを行う方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet のトピックを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2857798 - 最終更新日: 04/18/2016 21:57:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB2857798 KbMtja
フィードバック