現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Excel の RTD サーバーで DCOM を使用する方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
Microsoft Excel 2002 には、RealTimeData (RTD) という名前の新しいワークシート関数が導入されました。RTD を使用すると、COM (Component Object Model) オートメーション サーバーを呼び出して、データをリアルタイムに取得することができます。ActiveX DLL、または同じローカル コンピュータやリモート サーバー上で実行される .exe を RTD サーバーとして使用することができます。リモート サーバー上で実行される RTD サーバーを使用する場合は、DCOM を使用して Excel との通信を行います。

: RTD サーバーをリモート サーバー上で実行する場合、RTD サーバーは .exe である必要があります。

この資料では、この機能を有効にするために、リモート サーバーおよびローカルのクライアント コンピュータで、DCOM を構成する方法について説明します。
詳細

リモート サーバーで DCOM を構成する

  1. リモート サーバーとして使用するコンピュータで、RTD サーバーを登録します。リモート サーバーとローカルのクライアント コンピュータには、Excel 2002 がインストールされている必要があります。
  2. タスク バーで、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、Dcomcnfg.exe と入力します。次に、[OK] をクリックし、DCOM 構成ユーティリティを起動します。
  3. [分散 COM の構成プロパティ] ダイアログの [既定のセキュリティ] タブで、[既定のアクセス許可] の [既定値の編集] をクリックし、RTD サーバーへのアクセスを許可するすべてのユーザーを追加します。パブリックの RTD サーバーの場合は、[Everyone] を追加し、RTD サーバーへの匿名アクセスを許可します。[アクセスの種類] を [アクセスの許可] に設定します。
  4. [既定の起動アクセス許可] の [既定値の編集] をクリックし、上記と同じエントリを一覧に追加します。[アクセスの種類] を [起動の許可] に設定します。
  5. [既定の構成アクセス許可] の [既定値の編集] をクリックし、上記と同じエントリを一覧に追加します。大部分の RTD サーバーでは、[アクセスの種類] は [読み取り] に設定すれば十分です。レジストリを使用して RTD サーバーの設定を保存する場合は、[アクセスの種類] を [フル コントロール] に設定することが必要な場合があります。

ローカルのクライアント コンピュータで DCOM を構成する

  1. ローカルのクライアント コンピュータで RTD サーバーを登録します。リモート サーバー上にある RTD サーバーを Excel で使用する場合は、ProgID と CLSID のみを登録します。
  2. ローカルのクライアント コンピュータ上で Dcomcnfg.exe を実行します。Windows XP の場合、[コンポーネント サービス] ダイアログが表示されますので、[コンソール ルート]、[コンポーネント サービス]、[コンピュータ] を順に展開し、[マイ コンピュータ] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  3. [既定のセキュリティ] タブで、[既定のアクセス許可] の [既定値の編集] をクリックし、[Everyone] アカウントを追加します。Windows XP の場合、[規定の COM セキュリティ] タブで、[アクセス許可] の [規定値の編集] をクリックして追加します。RTD サーバーでは、新しいデータが利用可能になった時点で Excel 2002 に対して呼び出しを行って通知する必要があります。Windows セキュリティの機能により、ダブルホップが許容されないため、RTD サーバーでは匿名ユーザーとして Excel 2002 へのコールバックを実行します。[既定のアクセス許可] に [Everyone] アカウントが含まれていない場合、RTD サーバーは Excel 2002 と通信を行うことができず、Excel ブックの RTD 関数では #N/A が返されます。
ローカルのクライアント コンピュータとリモート サーバーの両方で RTD サーバーを構成したら、ローカル クライアント上で Excel を起動し、ワークシートのセルに RTD 関数を入力します。この関数の 2 番目のパラメータを使用して、RTD サーバーがインストールされているリモート サーバーを指定します。
=RTD( "RTDEXE.RTDServer", "RemoteServer", "AAA" )
関連情報
Excel 2002 および RTD サーバーの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
285339 Excel 2002 用に RealTimeData サーバーを作成する方法
real-time real time realtime realtimedata rtdserver irtdserver
プロパティ

文書番号:285888 - 最終更新日: 02/13/2006 06:31:02 - リビジョン: 3.2

Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Excel 2002 Standard Edition

  • kbdcom kbhowto KB285888
フィードバック