リモート アクセス、VPN、および RIS クライアントが NTLM バージョン 2 認証のみを受け入れるように構成されているサーバーでセッションを確立できません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

285901
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
リモート インストール サービス (RIS)、および VPN クライアント リモート アクセスは NTLM 2 認証のみを受け入れるように構成されているサーバーとセッション確立できません。
原因
Microsoft Windows 2000 ベースのクライアントには、NTLM 2 チャレンジ レスポンスを送信できません。 したがって、[NTLM が代わりに使う Windows 2000 ベースのクライアント。
解決方法

RIS クライアント

現在 Windows NT 4. 0 または Windows 2000 は、この問題の解決方法はありません。 Windows XP SP1 には、NTLM 2 認証を使って、RIS サーバーに接続する RIS クライアント機能が含まれています。 この機能は Windows NT 4. 0 または Windows 2000 の RIS のクライアントに対して利用できません。

リモート アクセスおよび VPN クライアント

現在 Windows NT 4. 0 または Windows 2000 は、この問題の解決方法はありません。 Windows 2000 を拡張認証プロトコル (EAP) を設定してスマート カードを使用してか、独自の拡張機能を記述できます。 Windows 2000 では、インターネット プロトコル セキュリティ (IPSec) を有効にできます、認証が暗号化されます。 これは、のみ VPN の問題を解決します。

についてには、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
265112Windows 2000 で IPSec と L2TP の実装
325033以前のクライアント用の Microsoft L2TP/IPSec VPN を構成する
RAS ntlmv2

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:285901 - 最終更新日: 02/02/2014 05:12:17 - リビジョン: 5.1

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbfix kbwin2000presp3fix kbprb kbmt KB285901 KbMtja
フィードバック