現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

64 ビット バージョンの Windows 用の適切なページ ファイル サイズを判断する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2860880
概要
ページのファイル (とも呼ばれる「ページング ファイル」) は、ハード ディスクのオプションであり、非表示のシステム ファイルです。ページのファイルでは、「バックアップ」(サポート) システムのクラッシュ ダンプを使用することができますしシステムにコミットされたメモリの量 (「仮想メモリ」とも呼ばれます) システム バックアップことできますを拡張します。またより頻繁にアクセスされるページをより効率的にシステムの使用物理メモリを物理メモリから頻繁にアクセスされたページを削除することもできます。

64 ビットのバージョンの Windows および Windows Server より多くの物理メモリ (RAM) 32 ビット版のサポートをサポートします。ただし、ページファイルのサイズを構成するのには理由が変更されていません。必要がある場合、必要がある場合、システムのクラッシュ ダンプのサポート、システムのコミットの制限値を拡張するかについて常にされています。などの大量の物理メモリがインストールされると、ページのファイル可能性がありますいないしなければピーク使用時にシステムのコミット チャージをバックアップするのには。単独で使用可能な物理メモリはこれを行うのに十分な大きさにすることはあります。ただし、ページのファイル、または専用のダンプ ファイル必要がありますがシステムのクラッシュ ダンプのバックアップを作成します。

すべてのバージョンの Windows および Windows Server には、ページ ファイル サイズの設定に次の考慮事項を使用します。
  • クラッシュ ダンプの設定: 場合は、システムのクラッシュ時に作成するクラッシュ ダンプ ファイル、ページのファイル、または専用のダンプ ファイルに配置してシステムのクラッシュ ダンプの設定をバックアップするのには十分な大きさです。それ以外の場合、システム メモリ ダンプ ファイルは作成されません。
  • コミットチャージ システム: システムのコミットの料金には、システムのコミットの制限値を超えることはできません。この制限は、物理メモリ (RAM) の合計、およびページのすべてのファイルを結合します。ページのファイルが存在しない場合は、システムのコミットの制限値がインストールされている物理メモリより若干小さくなります。ピーク時のシステムにコミットされたメモリの使用率は、システム間で大きく異なります。そのため、物理メモリおよびページ ファイル サイズの設定も異なります。
  • アクセス頻度の低いページの数量: ページのファイルの目的は、頻繁にバックアップするには変更されたページを物理メモリから削除できるようにアクセスです。これより頻繁にアクセスされるページの使用可能な領域を提供します。[\Memory\Modified ページ] ボックスの一覧のバイト」パフォーマンス カウンターにハード ディスクを宛先とする頻度の変更されたページの数を測定します。ただし、変更されたページの一覧にないすべてのメモリが書き込まれることに注意するディスクにします。通常、いくつかの数百メガバイトのメモリは、変更後のリストに常駐します。したがって、拡張、または次の条件すべてに該当する場合、ページのファイルを追加することを検討します。
    • 使用可能な物理メモリ (\Memory\Available バイト) は、必要があります。
    • 変更されたページのリストには、大量メモリにはが含まれています。
    • ページの既存のファイルは非常に完全 (\Paging ファイル (*) \ 使用率)。

    注:
    • いくつかの製品やサービスは、ここで説明している以外の理由により、ページのファイルを必要があります。詳細については、製品のマニュアルを確認してください。など、Windows Server ドメイン コント ローラーと DFS レプリケーション、証明書、および LDS サーバー (クライアント版とも) は構成されたページのファイルがない場合。ESENT (Microsoft Exchange Server では、ESE) のデータベース キャッシュのアルゴリズムによって異なります、"\Memory\Transition RePurposed ページ数/秒] パフォーマンス モニターのカウンターです。ページのファイルは、他のサービスまたはアプリケーションによってメモリが要求された場合、データベース ・ キャッシュにメモリを解放できるかどうかを確認する必要があります。要約するは、ページ ファイル サイズの変更は、システムのクラッシュ ダンプの設定要件とシステム コミット チャージのピーク時使用率または使用方法に依存します。両方の考慮事項は、他のシステムと同じシステムであっても、各システムに固有です。つまり、ページ ファイル サイズの変更がシステムごとに一意では一般化することはできません。
    • Windows Server 2012 HYPER-V と Windows Server 2012 R2 HYPER-V では、(通常はホスト OS と呼ばれる) OS の管理のページのファイルのままにしてデフォルトの設定の「システム管理」です。これは、1 つの HYPER-V の製品グループです。
詳細

システムにコミットされたメモリ

システムのコミットの制限値は、物理メモリの合計、およびページのすべてのファイルを結合します。最大システムにコミットされたメモリ (「システムのコミット チャージ」と呼ばれます)、システムをバックアップできるを表します。システムのコミット チャージとは、コミット、またはシステムのすべてのコミットされた仮想メモリのメモリを「約束」の合計です。システムのコミット チャージでは、システムのコミットの制限値に達すると、システムとプロセスが取得できませんコミットされたメモリ。この条件には、ハング、クラッシュ、およびその他の異常が生じます。したがって、ピーク使用時にシステムのコミット チャージをバックアップするのには十分な大きさがシステムのコミット制限を設定することを確認します。

[パフォーマンス] タブでタスク マネージャーまたは「\Memory\Committed バイト」と「\Memory\Commit の制限」のパフォーマンス カウンターを使用して、コミット チャージのシステムとシステムのコミットの制限値を測定できます。"\Memory\% 予約使用されているバイト"「\Memory\Commit の制限」の値に「\Memory\Committed バイト」の比率の値です。

メモ システム管理ページのファイルを自動的に拡張 3 回の物理メモリまたは 4 GB (大きい方です) にシステムのコミット チャージがシステムのコミットの制限値の 90% に達するとします。これは、十分な空きディスク領域が使用可能に、成長に対応するものとします。

システム クラッシュ ダンプ

(「バグ チェック」または「停止エラー」とも呼ばれます) は、システム クラッシュは、システムが正しく実行できない場合に発生します。このイベントから生成されるダンプ ファイルは、システム クラッシュ ダンプと呼ばれます。ページ ファイル、または専用のダンプ ファイルをクラッシュ ダンプ ファイル (memory.dmp) をディスクに書き込むために使用するとします。したがって、ページのファイル、または専用のダンプ ファイルは選択されたクラッシュ ダンプの種類をバックアップするのには十分な大きさする必要があります。それ以外の場合、システムは、クラッシュ ダンプ ファイルを作成することはできません。

注: <b>起動時に、システム管理ページのファイルがシステムのクラッシュ ダンプの設定] をそれぞれサイズは。これは、十分な空きディスク領域が存在すると仮定します。
システム クラッシュ ダンプの設定最小ページ ファイル サイズの要件
最小メモリ ダンプ (256 KB)1 MB
[カーネル メモリ ダンプカーネル仮想メモリの使用状況によって異なります
完全メモリ ダンプ1 x RAM + 257 MB*
自動メモリ ダンプカーネル仮想メモリの使用量に依存します。詳細については、次を参照してください。 自動メモリ ダンプMSDN。

* 1 MB は、ヘッダーのデータとデバイスのドライバーには、256 MB のセカンダリのクラッシュ ダンプのデータも合計です。

自動メモリ ダンプ

Windows 8 と Windows Server 2012 には、「自動メモリ ダンプ」機能が導入されています。この機能は既定で有効になります。これは、新しい設定、クラッシュ ダンプの新しい種類ではないです。この設定は、システムがクラッシュする頻度に応じて、最適なページ ファイル サイズを自動的に選択されます。

自動メモリ ダンプの最初の選択で、小規模のページング ファイル サイズを設定します。 は対応するカーネル メモリほとんどの場合。4 週間以内にもう一度、システムがクラッシュした場合は、自動メモリ ダンプ機能が RAM のサイズ、または 32 GB とページファイルのサイズを選択、小さいほうです。

注: Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の場合は、ページ ・ ファイル、または専用のダンプ ファイルの初期の最小サイズは 1 GB です。

カーネル メモリ クラッシュ ダンプには、十分なページ ファイル スペースや仮想メモリの使用量のカーネル モード側に対応するための専用のダンプ ファイルの領域が必要です。以前のクラッシュの 4 週間以内にもう一度、システムがクラッシュすると、完全メモリ ダンプが再起動時に選択されます。ページ ファイル、または専用のダンプ ファイルには、少なくとも、この必要があります物理メモリ (RAM) のサイズと、ヘッダー情報では 1 MB とドライバーの潜在的なデータに 256 MB のメモリ ダンプは、すべての潜在的なデータをサポートするためにします。もう一度、システム管理ページのファイルがこのようなクラッシュ ダンプをバックアップするのには長くなります。システムを構成して、ページのファイルまたは特定のサイズの専用のダンプ ファイルがある場合、は、コミットチャージ システムと共にには、このセクションで以前のバージョンの表に記載されているクラッシュ ダンプの設定をバックアップするための十分なサイズであることを確認してください。

システム クラッシュ ダンプの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。

969028 Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 のカーネルまたは完全メモリ ダンプ ファイルを生成する方法

専用のダンプ ファイル

通常実行している Microsoft Windows または Microsoft Windows Server のコンピューターには、システムのクラッシュ ダンプのバックアップを作成するページのファイルが必要です。システム管理者には、今すぐ頭に次のソフトウェア パッケージを使用して、代わりに専用のダンプ ファイルを作成するオプションがあります。
  • Windows 7 の Service Pack 1 で修正プログラムを適用する 2716542
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 で修正プログラムを適用する 2716542
専用のダンプ ファイルは、ページングに使用されていないページのファイルです。代わりに、それは専用」システムのクラッシュが発生したときにシステムのクラッシュ ダンプ ファイル (memory.dmp) をバックアップします。専用のダンプのページのファイルをサポートするすべてのディスク ボリュームにファイルを保存することができます。システム クラッシュ ダンプがページング ファイルしたくない場合に、専用のダンプ ファイルを使用することをお勧めします。

専用のダンプ ファイルの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。

969028 2008and Windows Server 2008 R2 の Windows サーバーでのカーネルまたは完全メモリ ダンプ ファイルを生成する方法

950858 専用ダンプのファイルは切り捨てられますが予期せずに Windows Server 2008 または Windows Vista を実行していると、4 GB を超える物理メモリを持つコンピューターに 4 GB

システム管理ページのファイル

既定では、ページのファイルは、システムで管理します。つまり、上下にページのファイルは、システムのコミットの追加料金への対応のプロセスとシステムのクラッシュ ダンプに対応するプロセスがインストールされている、物理メモリの量など、さまざまな要因に基づいています。

たとえば、システムのコミット チャージがシステムのコミットの制限値の 90% 以上の場合は、それをバックアップするのにはページ ・ ファイルが増加します。これに対して、ページのファイルまたは 4 GB の物理メモリのサイズの 3 倍に達するまでのどちらか大きい。これらのすべては、ページのファイルをホストしている論理ディスクの増大に対応するのに十分な大きさであると仮定します。

システム管理ページのファイルの最大および最小ページング ファイルのサイズを次の表に一覧します。
オペレーティング システムページファイルの最小サイズページファイルの最大サイズ
Windows XP および Windows Server 2003 が 1 GB 未満の RAM を持つ1.5 x RAM3 x RAM または 4GB のどちらが大きい方
Windows XP および RAM の 1 gb を超える Windows Server 20031 x RAM3 x RAM または 4GB のどちらが大きい方
Windows Vista および WIndows Server 20081 x RAM3 x RAM または 4GB のどちらが大きい方
Windows 7 および Windows Server 2008 R21 x RAM3 x RAM または 4GB のどちらが大きい方
Windows 8 およびWindows Server 2012クラッシュ ダンプの設定 * に依存します。3 x RAM または 4GB のどちらが大きい方
Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2クラッシュ ダンプの設定 * に依存します。3 x RAM または 4GB のどちらが大きい方

* システムのクラッシュ ダンプを参照してください。

パフォーマンス カウンター

いくつかのパフォーマンス カウンターは、ページのファイルに関連付けられています。このセクションでは、カウンターとそれらの測定について説明します。
\Memory\Page/sec およびその他のハード ページ フォールトのカウンター
次のパフォーマンス カウンターは、ハード ページ フォールト (これが含まれているが、ページのファイルを読み取り、制限はなく) を測定します。
  • \Memory\Page/sec
  • \Memory\Page の読み取り/秒
  • 1 秒あたりの入力 \Memory\Page
次のパフォーマンス カウンターは、ページのファイルの書き込みを測定します。
  • \Memory\Page の書き込み/秒
  • \Memory\Page 出力/秒
ハード ページ フォールトは、ディスクからデータを取得することによって解決される必要がある障害が発生します。これらのデータには、DLL、.exe ファイル、メモリ マップ ファイル、およびページ ファイルの一部を含めることができます。これらの障害は、ページのファイルまたはメモリ不足の状態に関連しない可能性があります。ハード ページ フォールトは、オペレーティング システムの標準的な関数です。それらは、次の項目を読み取るときに発生します。
  • イメージのファイル (.dll ファイルおよび .exe ファイル) が使用されます。
  • メモリ マップト ファイル
  • ページのファイル
(過度なページング) は、これらのカウンターの値が大きいは、x86 と x64 のバージョンの Windows および Windows Server でページ違反が発生するごとに、一般に 4 KB のディスクへのアクセスを示します。このディスクへのアクセスやページのファイル ・ アクティビティに関連している可能性がない場合があります関連のディスクが多すぎる場合、システム全体の遅延を引き起こす可能性のある不適切なディスクのパフォーマンスに影響可能性があります。

したがって、これらのカウンターとの相互関係のページのファイルをホストする論理ディスクのディスク パフォーマンスを監視することをお勧めします。あたりの持続的な 100 ハード ページ フォールトをされているシステムは、2 つ目のディスク転送あたり 400 KB を 2 つ目は発生に注意します。ほとんどの 7200 RPM のディスク ドライブには、16 KB の I/O のサイズで 1 秒あたり 5 MB または 4 KB の I/O のサイズで 1 秒あたりの 800 KB を処理できます。直接パフォーマンス カウンターがハード ページ フォールトは解決して、論理ディスク測定なし。
\Paging ファイル (*) \ の使用率 %
\Paging ファイル (*) \ 率パフォーマンス カウンターは、各ページのファイルの使用率を測定します。ページファイルの使用率が 100% では、大量のメモリがページのファイルへの書き込みを待機していない場合、システムのコミットの追加料金でシステムのコミットの制限値に到達しない限り、パフォーマンス上の問題は表示されません。

注: <b>変更されたページのリスト (\Memory\Modified ページのリストのバイト数) のサイズは、書き込まれるを待っている変更されたデータの合計をディスクにします。

ページのすべてのファイルの使用率の値が 90 よりも大きい場合は、行うことができますより多くの物理メモリ アクセスのページではより頻繁に使用可能なページのファイルを追加することにより、変更されたページ] ボックスの一覧 (最も頻繁にアクセスされる物理メモリのページの一覧) には、大量のメモリが含まれている場合。

注: <b>変更されたページの一覧にないすべてのメモリが書き込まれるディスクにします。通常、いくつかの数百メガバイトのメモリは、変更後のリストに常駐します。

複数のページのファイルとディスク上の考慮事項

場合システムで構成された 1 つ以上のページング ファイル、ページ ・ ファイルに応答する最初の 1 つです。これより高速なディスク上にあるページのファイルがより頻繁に使用されていることを意味します。また、ページファイルを「高速」または「遅い」のディスクに配置することが重要とページ ・ ファイルが頻繁にアクセスされる場合にのみ、それぞれのページのファイルをホストしているディスクの負荷が大きい場合です。システムを管理している変更されたメモリの量の実際のページのファイルの使用量が大幅に依存していることに注意します。これは、ファイル (.txt、.doc、.dll、.exe など) のディスクに既に存在するページのファイルに書き込まれないことを意味します。存在しないディスク (たとえば、メモ帳で保存されていないテキスト) に変更されたデータのみが、メモリ ページのファイルをバックアップする可能性がある可能性があります。未保存のデータを保存した後、ファイルとしてディスクにバックアップ ディスクで、ページのファイルではありません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2860880 - 最終更新日: 04/08/2016 07:49:00 - リビジョン: 8.0

Windows 8.1 RTM, Windows 8, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Professional, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Standard, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows 8.1 with Bing

  • kbexpertiseadvanced kbinfo kbmt KB2860880 KbMtja
フィードバック